広告

2017年9月3日日曜日

相場観・利食い・損切り、そんなの要らない初心者投資


日経電子版 マネー研究所にこんな記事が載っていました。

投資のワナを避ける知恵 損切り素早く、利食い急ぐな 相場観を持って売り時を判断

言葉の意味からね。

  1. 相場観は、相場が今後上向くか、下がるかの展望。
  2. 損切りは、下落相場でこれ以上損はできないと判断して売ってしまうこと
  3. 利食いは、上昇相場でこれが峠だと思って利益確定するために売ってしまうこと
これ、全部要りません。

どんな局面でも淡々とつみたてを続行するのみです。買うのみ。

売るのは、お金が必要となった時に必要なだけ売るだけ。

ウチのブログで推奨しているのは、バランスファンドを活用した国際分散投資ですが、
(出典:世界経済インデックスファンド7月度月次レポート)
このように、資産区分別に値動きがまちまちになりますね。

私たちはただ単純に、いつも買ってるバランスファンド1本をそのまま買えば、その時に安くなっている資産区分の買い付けに充てられ、その時に高値になっている資産区分は、
ポートフォリオの比率からはみ出た分だけ売却され安くなってる資産区分の買い付けに充てる運用をファンドがしてくれます。

つまり、

  • 今、どの資産区分が安いか高いかの相場観は運用で自動でやってくれる
  • 今、高値になっている資産区分を、定めた比率からはみ出た分、利食いしてくれます。
  • 今、安値になっている資産区分を、定めた比率から引っ込んでる分を、買い付けして埋めてくれます
といった行動を全部おまかせでやってくれる。

それがワタシたちが実践しているバランスファンドによる国際分散投資です。

ワタシたちは、ひたすら淡々と定期定額でつみたてすれば良く、
また、必要額を必要な分だけ売却すれば、ポートフォリオを維持したまま換金できるのです。

カンタンでしょ?

もう一度、冒頭に紹介した日経電子版の記事を読み返しましょう。

ふ〜ん。全自動でやってくれてるモンね。と余裕でしょ?

ワタシたち初心者・入門者が実践しているバランスファンドによる国際分散投資は、このように、らくらく高度な運用ができているというわけです。

<結論>

超カンタンで高度な運用が可能なバランスファンドの活用!!

<参考過去ブログ記事>

老後に必要な資金を試算してみた

これから資産運用始めようという人はこの3冊だけ読めばいい

まるで当ブログを代弁してくれる著書が出ました!!カン・チュンドさん

理想的なポートフォリオ構築考


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<追伸 本論と全然関係ありません>

祝 優勝 下山歩美さん


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
体にピース♡♡♡♡♡♡♡♡
©下山歩美

応援サイトリンク

下山歩美ちゃんをとことん応援します!

「この子、かわゆい!」と思ったら、いいね!フォローおねがいしまーす!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。