広告

2017年7月13日木曜日

劣悪な金融商品売買の責任の在り処は、売り手か買い手か。


昨日、このようなツィートがありました。

金融商品で劣悪な商品が後を絶たないのは、売る方の責任か、買う方の責任か、というところが論点のようです。

菟道さんは、売る方の善意があれば、それは無くなるということを言っています。
ワタシは、それはムリ。買う方が自己責任で自分を守らないといけない。買う方がしっかりすればそれは無くなる、とワタシは思っています。

文面すべて、引用させていただきます。

赤文字でワタシの「屁理屈」を入れます。



====ここから====

投資信託に限らず劣悪な金融商品やそれを販売する金融機関を批判すると、かならず「そんな商品が存在するのは、それを買う投資家がいるから。だから投資家にも責任がある」という反論が登場します。


ワタシは全くその考えです。
買う自由・権利、買わない自由・権利と同時に買うんだったら買う行為に責任を負う義務があります。
それがなければ、成人とはいえず、未成年もしくは成年後見人の合意が必要なのではないでしょうか。
一発、余計に入れると、自分の行為に責任を持てない「犯行時に善悪の判断がつかない」状態の人に殺されても泣き寝入りで何も補償を求められませんし、そんな責任を持てない人が投票権を持っているのは大変危険な状況であると思っています。

一瞬もっともなように思えるのですが、よくよく考えるとこの理屈は成り立たないように思えます。なぜなら、こうした理屈には金融商品の売買を単に契約関係に基づく行為としか理解しておらず、そこにある信認関係を見落としているからです。そして、契約関係と信認関係を峻別できていないから、信認関係によって生じるフィデューシャリー・デューティー(受託者責任)という概念もいまひとつ理解されないのでしょう。

契約関係が対等の当事者同士がそれぞれの利益追求を前提に当事者間の合意によって成立するのに対し、信認関係は専門的知識を有する者を「信認」して依存する関係を前提とします。このため信認関係では「信認された者」に広い裁量を認める代わり「信認した者」に対する利益相反を禁じ、「信認された者」は「信認した者」の利益を専らに考える義務が生じます。これがフィデューシャリー・デューティーです。こうした「信認関係」という考え方は英米法で発生した概念です。実際に英米法では契約関係と信認関係が古くから区別されており、19世紀以前のイングランドでは契約関係の係争はコモン・ローによって判断されたのに対して、信認関係に関する係争はエクイティによって処理されてきたのです。

具体的に考えてみましょう。通常の商品売買は売り手と買い手の「契約関係」によって成立します。例えば家電製品などを買う場合、買い手は「こんな機能があって、こんなデザインで、これくらいの値段の製品が欲しい」と要求し、売り手は「それならこの製品はいかがですか。こんな機能も付いていますよ」といった具合に交渉します。売り手と買い手は対等な関係であり、最終的な売買は両者の交渉と合意によって契約として成立する。

ところが世の中には商品やサービスの提供者とそれを享受するものとの間に圧倒的な専門知識の差が生じるものがあります。医療や法務、教育といった分野です。例えば医療の場合、病気になったときに患者は医師に「この術式と薬を使って、こんな治療をしてください」とは言えません。だから患者は医師を「信認」して、すべてを「託して」治療を任せるしかありません。これが「信認関係」です。その代わりに医師は患者のために最善を尽くす義務を負う。これが医師が負う忠実義務、すなわち受託者責任です。

これはね。絶対的な優劣、良し悪しが存在する場合にのみ言えることだと思います。
たとえば、輸血が必要な大手術を必要とする場合に、患者側が、新興宗教の理由で輸血や手術を拒絶する。

また、まだ手術で間に合うはずの段階のガンなどで、除霊師の助言で手術を拒絶する。

そういう人たちが実際に少なからず存在します。

さて、この場合、一体、救急車で運ばれてきて受け入れた受託者たる西洋医学の名医はどうすればいいのでしょう?

一切、患者の言う通りにして手出しできないはずなんです。

策があるはずなのにです。


そして金融、とくに運用業務もまた高度な専門性が必要な分野であるからこそ、金融商品の販売は契約関係だけでなく信認関係に基づく業務とされてきました。投資家は金融商品の購入を通じて運用者を「信認」して資金を「託す」。資金を「託された」者は運用の実務に関して大きな裁量を持つ代わりに、委託者(受益者)との利益相反を避け、受益者の利益を専らに考えることが義務付けられる。これがフィデューシャリー・デューティーです。

こうした「信認関係」の意味を理解していれば、冒頭に述べたような「劣悪な金融商品が存在するのは、それを買う投資家がいるから。だから投資家にも責任がある」という理屈がいかにおかしいか分かるというものです。なぜなら金融機関が投資家に対して不利益となる商品を販売するというのは、医師が患者に対して効果のない治療を施すのと同じことだからです。医師が不適切な治療を施した場合、「そんなヤブ医者に掛かった患者が悪い」と言えないはず。不適切な治療を行った医師が批判されるように、不適切な金融商品を販売した金融機関も批判されて当然なのです。いずれも信認関係における忠実義務に反しているのですから。

残念ながら金融商品は、結果責任が求められていません。これを買えば必ず儲かるというものは存在していません。

医者も結果責任でなく、ベストを尽くす忠実義務です。

金融機関もベストを尽くす忠実義務だと思います。
これは手数料の問題にもあてはまります。例えば金融機関が顧客の利益よりも自らの利益を優先して、手数料の高い商品を薦めるというのはどういうことか。医師が自分の利益を優先して、治療効果よりも利益率の高い治療方法や薬を患者に処方するのと同じことです。どちらも批判されて当然ではないですか。いずれも受益者に対する利益相反であり、「信認」に対する裏切り行為なのですから。
ワタシもセミナーでいろんな投資家さんとお話しましたが、分配金をインカムゲインだと思いこんでるのを覆すのは、もう、民間療法、除霊が最高な治療法だと思い込んでいる人くらい、手がつけられないほど、刷り込まれています。

また、回転売買にしても、「アフターケア(とその投資家たちは表現する)」で、基準価額が下がって不安になった時に、新しい出たばかりで実績もない商品の提案が素早くあることを喜んでいます。

逆にそれがないネット証券や直販はダメだと言い切ります。

おまじないと祈祷しか信じてない世界ですね。


こういった本質的なことが個人投資家だけでなく金融機関すら十分に理解できていないのが日本の悲しいところでしょう。確かに金融機関はコンプライアンスの遵守をとても重く見ている。しかし、実際に行われているのは、あくまで「契約関係」におけるコンプライアンスの遵守に過ぎません。「信認関係」に基づくフィデューシャリー・デューティーへの認識が足りないのです。だからいまだに劣悪な商品を作り、それを平気で売りつけるようなことが横行しているのです。そして、それは投資家の責任ではありません。あくまで「信認関係」に基づくフィデューシャリー・デューティーを全うできない金融機関の責任が問われるべきなのです。

そういう投資家層を醸成した窓販の販売能力はすごいと言わざるを得ませんが、もうそこまで信じ込んだ人を覆すのは、無理です。

むしろ、インカムゲイン(分配金)がでないと話にならないし、基準価額が下がってくれば、担当のアノ人がすぐ飛んできてくれる(回転売買)を喜んでいるのです。

そこんとこ、民間療法や除霊師による治療を望む、そしてそれを喜ぶ人たちの存在と、東洋医学・西洋医学の合理性・正当性を説き、民間療法や除霊師を撲滅できるものでしょうか?

それくらいの頑固で理解力と判断力の劣った人たちが受益者なのだということ。売る方も売る方なら、買う方も買う方だというのが実態だというのが嘆かわしいことだと思っています。

<結論>

 菟道さんの言いたいこともわかるし、そうあるべきだと思うけど、もう除霊とか民間療法、新興宗教の治療を撲滅するような話なんだということを言いたかっただけです。

ワタシがアタマで考えてそういうこともありうるとひねり出した理屈ではなく、いろんな投資セミナーの休憩タイムやフリートーク時間に、話して、目の当たりにした実態です。


5 件のコメント:

  1. 金融商品は生活に困っている人が利用するのではなく、ある程度ゆとりがあり、お金を増やそうとする人が利用するという前提ならいっさんの仰ることは共感できます。自己責任が基本です。

    ただし、個人的な経験からすると、もう少し販売側が丁寧な説明をした方が良いと感じることがあります。

    例えば母親が約3年前に「PB 金融機関ハイブリッド証券F2014-08」を購入することになりました。父が亡くなったことが理由で資産のことを銀行員に相談した結果です。

    母からの又聞きですが、分配金が3か月分で15万円になるとか、ノーロードは良い商品はないとか説明をされていました。

    実際は年間60万円だと購入手数料を引くと利益が約8%を超えるのでありえないのですが、何故か説明を信じる不思議さ。

    購入する前は投資信託は人任せの運用なので好きじゃないと言っていたのですが。母の友人の息子が銀行員なので、その関係かな。

    そもそも(優先証券、劣後債)のことを聞いても内容がよく分からないと言っていました。精神的に落ち込んでいる状態の人に付け込まれたような気がしています。

    購入時から3か月後にそれを知り、すぐ売却させて購入手数料込みで10万円ほど損失が出ましたが、現在はその15倍以上の利益が出ています。少し株価がバブル気味なので、運用金額の倍はキャッシュで置いてあります。

    投資信託を調べているときにこのブログにたどり着いて、SMTインデックスバランスオープンをメインで運用しています。

    20代の学生の身で親の資産を運用をするという貴重な経験を得られたので、就活では個性的な話をすることになって良かったような気もしています。お前に任せると言われても困るんですが。

    長文になりましたが、いっさんに助けられた投資家としてコメントします。ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. IFさん、大変でしたね。
      父上も早く亡くなられて。
      金融機関のすすめてくる商品はまず理解できないですね。
      それで信託報酬が高い。
      説明を聴いた程度でわかるようなものではなく、かなり専門的な勉強をしないとわかるようにならないですよね。
      とにかく金額的には挽回できたとのことで良かったです。
      このブログがお役に立てて幸いです。
      またコメントくださいね。
      イデコや、これから始まるつみたてNISAの利用も検討するとよろしいかと思います。節税できる仕組みはフル活用しましょう。

      削除
  2. 自分の無知を金融商品や金融機関に転嫁しているだけかと。
    押し売りされている訳じゃありませんからね。いくら金融マンたちが上手い説明しようが、相応の金融知識があればメリットデメリットを理解できるでしょうに。

    人のせいにして、自分の無能を顧みない時点で、日本における金融リテラシーのレベルも低さに嘆くしかないという感じです。

    全てのことで言えるのだと考えています。売る法は利益率が高いものを売りたいということは、ことが金融商品だけじゃないと思うのですがね。

    返信削除
    返信
    1. 煙々さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      医者や金融は利益追求でなく、顧客の最善を最優先して、極論すれば安価なものも積極的に提案すべしということらしいのですが、金融機関も株式会社ですからねぇ。
      医療と金融とで利益追求するしないが大きく違うと思っています。
      あるべき論と実態はなかなか折り合わないものです。
      せめて、ブログを通じて初心者・入門者の方々に役立つ情報を発信できればと思います。
      今後ともよろしくお願いします。


      削除
  3. 補足
    窓販の大手金融機関、証券会社の薦める投信と、ネット証券のトップページにかにある売れ筋、オススメは同じくらい酷い商品が並んでいます。
    竹川美奈子さんとかカンチュンドさんしか信用できないですけど彼らの本やブログで実際運用してる中で周波数が合いそうな人の投資を真似してセンスを磨くしかありません。

    返信削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。