広告

2017年7月7日金曜日

入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2017年版


2015年度版が結構人気だったので、今思う表題のテーマについて書きます。

ワタシも、一気に投信本数を簡素化したので、結局、本質的なところはシンプルということなのかなと。

これは「入門者の。。」という表題ですが、入門者もベテランも変わらずと捉えてください。

<基本方針>
  • シンプルにわかりやすいこと
  • 国際分散投資で、とにかく個別銘柄の暴騰を当てるのではなく、地球規模の経済成長を信じる。
  • ゆえにインデックス投資信託を活用することとする。
  • 日本の将来はあまり楽観しない。
  • 自分で自分の投資内容に確信を持ち、信じ切り、ブレないこと。
<参考Webサイト>
【1.コア(核)ファンドはバランスファンドをこのうちの1本!】
  1. セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド ※時価総額比率で先進国・日本・新興国に投資できる。伝統資産である債券と株式は半々と超オーソドックス
  2. 世界経済インデックスファン ※GDP比率で先進国・日本・新興国に投資できる。伝統資産である債券と株式は半々と超オーソドックス
  3. eMAXIS Slimバランス 債券・株式・REITと先進国・日本・新興国の8つの試算区分に均等投資。REITと先進国株式とかが同じ比率を良しとするかどうか
【1”.バランスファンドの比率を好みに併せて調整を行う場合】
  • 堀田さんのWebサイトを見て、先進国株式・先進国債券・新興国株式・新興国債券の4区分のインデックスファンドのうち信託報酬最安のものを選ぶ。下記4つのファンドを参照。 ※日本の将来を楽観しないため、日本を買い足すことはここでは推奨しない
<一応、禁じ手というか注意!>
  • 単一国のファンドは買わない(インドが伸びてるからといって飛びつかない)
  • テーマ型のファンドは買わない(AIとかロボットとか。既にブームで高値でありやがてブームが去る。)
【3.バランスファンドを使わずにバラで買う場合】

  • バランスファンドを選ばずに、先進国・新興国のインデックスを組み合わせる。
  • 20歳代、30歳代の若い世代は資産形成期間を長く取れるゆえにリスクを取れるため債券ファンドなしで株式ファンドのみの組み合わせでOK。
  1. 先進国株式:新興国株式=6:4 (GDP比率)
  2. 先進国株式:先進国債券:新興国株式:新興国債券=3:3:2:2(GDP比率)
※日本の将来に悲観的なため、日本への投資は推奨していません。

(ひたすら信託報酬安い商品を選択した例:全てネット証券で購入可能)
  • 先進国株式:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 信託報酬0.2%
  • 新興国株式:iFree 新興国株式インデックス 信託報酬0.34%
  • 先進国債券:eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 信託報酬0.17%
  • 新興国債券:iFree 新興国債券インデックス 信託報酬0.22%
<結論>

ワタシもかなり考え方がシンプルになりました。

<七夕のおねがい事>

4 件のコメント:

  1. いっさん、こんばんは。
    昨日七夕だったんですね(*^^*;)
    願い事叶うといいですね…*☆✴︎★✴︎*
    制服系は男性も女性も好きですよね〜


    話は変わりますが、
    投信の積立を毎月いくらにしようか迷っています。
    くだらない悩みかもしれませんが、良かったらアドバイス頂けると嬉しいです。
    現在の総資産は1,300万円ほど。
    給料 月28万円程度(税金含む)
    財形 月75,000円(貯まると、定期預金or証券口座へ)
    外貨積立FX 月25,000円(内米、豪、中国へ分散、2017.4〜)
    年金保険 月7,000円(円建、2016.7〜)
    イデコ 楽天 月12,000円(先進国株60%、新興国株40% 2017.3〜)
    保険 年35万円(円建、低解約終身、40歳以降解約すると、返戻率が上回る 2010.9〜)
    という感じです。
    心配性で保険は入社して1年目に入りました。
    今更解約するのはもったいなくて…
    インデックス投信も最近知ったばかりで、年金保険も入らなければ良かったのですが…
    まだまだ先は長いですが、将来はいっさんみたいにシンプルに出来たらいいなと思います(*´꒳`*)

    返信削除
    返信
    1. ちーぼーさん、こんにちは。
      財形も含めてあれやこれやとされてますしね。
      イデコも利用されていると。
      普通に課税される特定口座でなく、2018年1月から始まるつみたてNISAであれば、年間総額40万円上限で、売却益には非課税。いつでも引き出せるという環境が整いますので、毎月3万くらいがMAXになると思いますが、そこに1万円ずつでも2万円ずつでも積み立てると。
      現行NISAと併用は不可能です。今年の10月から口座の申込みが始まるはずです。とりあえずそのつみたてNISAの年間40万円枠を毎月ちびちび使い切る(端数はボーナス月とかで調整になると思います)というのはいかがでしょうか?
      免税と所得税控除の聞くイデコが1番手。
      つみたてNISAが2番手。
      さらに投資つみたてできる人は普通に課税される特定口座が3番手。となると思います。
      若いのにずいぶんしっかりされているんですね(笑)

      削除
  2. いっさん、アドバイスありがとうございますm(_ _)m
    男系家族で父や兄弟が全く貯めないので、将来を悲観して貯めるようになりました(笑)
    父もいっさんみたいにしっかり貯める人だと良かったんですけど。
    よく父の口座がすっからかんになるので、ちょこちょこ補填もしてます(-_-;)
    とりあえず、10月から積立NISA申込みますね!!
    ありがとうございます(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. ワタシも姉2人で海外に嫁にいき、母子家庭なので、ワタシしかいないのです。似たような境遇ですね。
      つみたてNISAは、20年ですので、毎月3万円ずつ年率6.4%とすると投資元本800万円が、1450万円に化ける感じみたいですね。運用益は無税!!
      がんばりましょう。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。