広告

2017年7月17日月曜日

100円つみたて推奨の1620円の資産運用の本を100円つみたてによって買うために要する期間の試算


1620円の資産運用の本を例に、この本を買うための資産形成にどれだけの期間がかかるか、試算してみました。

立ち読みする気も起きない本ではありますが、毎月100円つみたてなんて書いてあるので、それで、この本を買うために必要なお金を資産形成するシミューレーションをします。

試算には、資産形成に非常に有名なサイト、ファンドの海の「積立と複利計算」機能を使います。

とりあえず、以下の条件。
  • 元本には一切手を付けず、投資家らしく、断固、運用益で本を買う
  • 開始元本ゼロ(お金持ってない)
  • この本の題名の沿って、月100円ずつ
  • ボーナスない(非正規社員だから)
  • 期待リターンは、IMF発表の今後2〜3年の地球全体のGDPの伸びは3〜4%ということで、強気で4%。
  • 目標額は、運用益で1620円の本が買える額
ということでインプット!
ということで、9年間毎月100円積み立てれば、期待運用利回り4%だったら、2200円たまることになり、ようやくこの本が買えることになります。

でも2200円ったって、運用益ですから20%の税金をブン取られます。

ですから、税引き後1760円。

ワタシは還暦を前にしてやっとこの本に手がとどくことになります。おつり140円。

インフレで値上げされちゃうかもしれませんが。

ということで、財布に2000円入ってたとしても、1620円ってこういう金銭感覚だっていうことですね。

ここんとこが重要。

この本から得られた教訓はこれで十分かと思います。お金は大事にしましょうね。
<結論>

欲しいものは有り金で買うな!
貯めて買え!
できれば元本に手を付けずに運用益で買え!

<おまけ>

その1620円の本の著者は、これを40歳くらい若返らせた感じかなぁ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。