広告

2017年6月28日水曜日

イデコ・つみたてNISA・通常の特定口座の使い分け


つみたてNISAは来年からですが、現行NISAよりも期間長いし、トータルで投資できる金額も上回ってるから、現役世代としては、今年10月からの申し込み開始となったら、つみたてNISA申し込み=現行NISA口座の閉鎖を申し込みたいですね。

利用の順番ですが、特に事情がない場合は、第一にイデコだと思います。

個人型確定拠出年金(イデコ)のよくわかる説明サイト(外部)

60歳まで引き出しできませんが、掛け金は全額、所得税計算の時に所得額から差し引かれ、払いすぎた所得税が戻ってきます。(10月頃に証明書が届きますので年明けに確定申告やりましょう。)

イデコ口座の中では、売買して商品乗り換え自由で、売却益も課税されません。

ですから投信で今評価益が出てたら売却して定期預金に全額切り替えて相場の下落に備える。相場がかなり下落したら、定期預金を解約して(ワタシの利用する野村では定期預金、期間途中で売却してもペナルティーありませんが、会社によっては定期満期まで持ってないといけないかも知れないのは注意ですね)また投信を買う、という芸当が無税で可能です。

自分の資格、掛け金、申込書類は、イデコを扱う各証券会社のヘルプデスクで電話で教えてくれます。

ワタシは野村證券を利用していますが、大半のケースは、事務手数料タダのSBI証券とか楽天証券ですね。野村證券は、仕事から帰宅しても8時とか9時まで電話通じるので、重宝しています。

60歳まで(ってワタシあと10年ですけど)の長期なので、もう野村DC外国株券インデックス一本です。日本を除く先進国ってやつですね。国際分散投資ぜず、先進国の勢いのまま逃げ切ろうというカンジです。

あと野村は自社商品ばかりなので、ワタシお気に入りの世界経済インデックスファンドの取扱がないですね。

まだ20代とか主婦とかで投資に回せるお金が限られている場合、イデコだけでOKです。

それくらいの優先順位。

知名度がねぇ(T_T)


第二は、2018年1月から始まるつみたてNISA

つみたてNISAを利用しよう!!


で現行NISAと比較しましたが、売却益が非課税、途中で引き出せるということになります。

ただまだ未発表ですが、金融庁が定めた純総資産額とかこれまでの運用期間とか、運用期間無制限のものとか、選べる商品は、かなりふるいにかかってきます。

でも金融庁のサイトとか見ると、条件に引っかかって対象外になる投資信託は買うに価しないゴミみたいな投信ばかりなので、安心して商品選定できることでしょう。

現行NISAと併用はできないので、現行NISA利用中の人は相場が好調なうちに売却して準備しとくといいと思います。

シニア層の方々は、現行NISAの方が年間利用可能額が大きいですから、期間短いのは気にならないでしょ?

つみたてNISAの上限は、年間40万円ですのでイデコと併せてこれで十分な人も多いかも知れません。
(出典:http://style.nikkei.com/article/DGXMZO15591090R20C17A4000000

その場合はそれでいいです。

利用可能期限は、ワタシ71歳です(笑)



そして最期の第三が、普通の特定口座です。

商品自由に選べますし、売却益への課税も源泉徴収です。

イデコ、つみたてNISAでさらに余力のある人が、この普通の特定口座でつみたて運用するカンジになると思います。あとボーナスとか臨時収入の買い付けもここですね。

この3つの中で、

押さえておきたい:ホームカントリーバイアスについて

で紹介した株式時価総額比率かGDP比率で地域配分を決め、20代30代の方々は株式インデックスで大きく資産形成を狙い、40代以上の方々は株式かに各地域の債券インデックスを組み合わせて債券で動きをマイルドに(いわゆるリスク抑えめ)に構成すると。

商品は、バランスファンド、バランスファンド+アルファ、バラでインデックスファンドという選び方のパターン。

商品選定は、堀田かつひこさんのウエブサイトが最適です。

ノーロード投資信託徹底ガイド



<結論>

国が用意した非課税枠は目一杯利用しよう。

イデコは所得税から免税になるばかりか、翌年度の住民税の算定根拠となる所得額からも差し引かれるので、ウハウハな制度です。

これらの特典は、逆に邪推すれば、年金あぶないから、自助努力でなんとかしてくれ、という国のメッセージとも受け取れます。

今までは、普通の特定口座で源泉徴収の納税をしていましたが、それが資産運用の三番目の選択肢に堕ちることを念頭におきましょう。

<追伸>

給料振込口座とか公共料金口座振替とかでお世話になってるメインバンクの資産運用相談コーナーでラップ口座(投資一任口座)契約して手数料ぼったくられて、保険のおばちゃんからは老後の安心にとか言われて年金保険なんか締結してませんか。満期までいっても払い込んだ保険料からすると微々たる利益率で途中解約すると大きく元本割れというワナがかかってて、年末調整とか確定申告で保険料控除での保険料の還付金を貯めてればまだマシですが、無頓着に使っちゃってませんか?

それ、全然老後のためになってないですから。

10 件のコメント:

  1. バックから見てるのが好きなので今回の破壊力はすごい。

    しょうもない株を順次バランスへ移行中です。

    返信削除
    返信
    1. たんちんさん、今回のはお気にに召しましたか(笑)
      株を売却して移行するにはちょうどいい相場ですね。
      個別株は、倒産リスクもあり、不安がありますね。
      同じ予算でも投信の分散には叶いません。

      削除
  2. あ。
    非公開のコメントにした場合、
    いっさんからの返信が見れないですね!
    公開、大丈夫ですが、保険会社は完全に消して公開お願いします!

    返信削除
    返信
    1. たいちかさん。相談内容いただいた分は、全て非公開にしときますね。
      ここに返信書かせてください。
      基本的に、貯蓄型の保険は、全否定という立場です。
      資産運用は、投信で。
      保険は掛け捨ての保険で。
      保険で資産運用しようとすると、掛け金の総額の割にはもらえる金額が少ないです。目一杯もらえたとしても。
      保険会社が投信で運用するんですが、その手数料、信託報酬がバカ高なのです。
      それで途中解約だと元本を大幅に下回る解約手数料を取られるという流動性にも欠けることになります。
      投信は投信で、ちゃんと販売手数料無料と低い信託報酬、純総資産額と運用期間がわかり、基準価額が目に見えないとアカンです。
      保険会社を経由する意味は全くない。それが貯蓄型の保険です。
      屁理屈をこねるやつがいて、貯蓄型の保険のリターンは、年末調整で保険料で戻ってくる還付金も含めてのリターンだとそんなに悪くない、というもの。
      還付金どうします?その保険に再投資できないんですよ。
      普通の投信に再投資しますか?
      保険の還付金なんて、みんな使っちゃうでしょう?
      1月2月の給料明細を見て、まず還付金相当のお金を別管理して、普通の投信に投資する。
      全くの屁理屈だと思います。
      それだったら、別に、投資信託でいいじゃないですか。

      そして掛け捨てに関しては、大きな手術とかもありえますけれど、健康保険証に高額医療費補償制度がありますので、それがあれば要りません。
      ワタシの場合は、それでも月1600円程度のこくみん共済に入ってますけど、要りません。保険料控除も小さいし。
      母が保険なしは駄目だというから入ってますけど、別に、人間ドックは自腹で受けてますし、その精密検査がその共済で出るわけでもない。二日がかりの手術とか長期入院とか、別に発生確率的に自腹でええやんというものです。

      削除
    2. いっさんこんばんは!
      返信ありがとうございました!
      いつもアドバイスありがとうございます。
      相談した商品は貯蓄型保険になるんですね!
      しかもバカ高な手数料とは・・・・
      手数料に関しては
      うちは安いよ~投資信託の方が高い。
      なんておっしゃっていましたが。
      結局保険と合算するともっと高かったりするんですよね。明確な数字は提示してもらえずでした。
      焦って契約しないでよかったです!!
      あ。ちなみに年末調整で保険料で戻ってくる還付金の
      お話もされていました。笑。
      健康保険の高額医療費補償制度についてはまだまだ勉強中です!内容をよく把握していないというか・・・
      保険には入らなきゃと思いつつ、どこかで見た
      『保険は宝くじと一緒』という文言が引っ掛かり
      そのままずっと放置です。
      周りにはびっくりされています。
      高額医療保障制度、共済、そして保険。
      色々と詳しく調べてから手続していきたいと思います!
      いつもありがとうございます!
      またよろしくお願いします。


      削除
    3. たいちかさん、こんばんは。
      そうです。保険は2種類。掛け捨てか貯蓄型か。
      同じ保険でも貯蓄型の比較相手は、自分自身で投資信託を選んで運用する場合との比較になります。
      麻生財務大臣が、保険業界に、貯蓄型保険の手数料開示を迫りましたが、保険業界は拒否しました。
      掛け金と期間が決まってて、今の価値で言う3000万円とかそういう金額ですからね。
      単純に掛け金足していって、その総額と貰える金額を比較して金利が何%ついていることになるのか、ということになります。
      インデックス投資で国際分散投資したところですと、過去20年間のデータではありますが、年率リターンは、6.4%くらいになります。
      IMF発表のGDPで今後4〜5年は、大きく成長する新興国と日本のようにもう1%くらいしか成長しない先進国とを含めて地球全体で年あたり3%くらいだと言われています。
      さきほどの過去20年間で6.4%くらいの年率リターン率だったというデータはインフレ率が反映されています。
      保険だと、今の価値のままの3000万円とかだったりするので、それがさらにリターン率を下げます。おそらく金額で単純に計算すると、年率1%台だと思います。
      物価上昇率を加味してくれないのと、運用手数料ですね。
      モーニングスターサイトに無料で使える金融電卓ありますんで、保険がいかにしょぼいか、実感してください。
      https://www.morningstar.co.jp/tools/simulation/index.html
      保険は確かに年末調整で還付金戻ってきますけど、でもそれは、保険についてる機能ではなくて、国の税制です。
      いつ無くなっても、保険会社の責任ではないので、保険会社が、その控除も含めて保険のリターンをアピールするのは、全く詐欺に近い行為です。
      健康保険の高額医療費補償制度は、会社の保険担当(総務かな?)に聴いてみるといいと思います。
      会社の健康保険組合の保険証であれ、企業に所属せずに自営業で国民健康保険証であれ、高額医療制度は付いています。
      ブロガーの間では、この高額医療費補償制度が無くなったら保険会社の補償を考えるかも知れない、ってゆう程度のものです。
      その高額以下の金額であれば、自腹で払える金額ですし、病気になる確率も含めると、これまたボッタクリ。
      ということになります。
      保険に関して信用できるフリーランスの相談相手は後田亨さんです。
      http://www.seihosoudan.com/profile/
      どれか、図書館とかで読んでみるといいでしょう。
      一気に保険欲が失せます。
      日本人は保険好きな国民で、健康保険証持っているのに、さらに生命保険とかに加入するなんてゆうことは日本の悪癖というか、保険業界の詐欺たるところです、という話が保険業界に在籍してた後田亨さんの言い分です。
      参考まで。

      削除
    4. 保険屋の殺し文句で「保険加入してないのアンタだけだよ」ってゆうのがありますけど、みんな正しい行動ですか?イデコ知ってる?NISA知ってる?インデックス投信で100円で世界全体に投資できること知ってる?
      「大きな病気しても知りませんよ」健康保険証に付いてる高額医療補償制度を知ってますか?
      「老後に3000万円はいってくるんですよ」それって今の物価で今で言う3000万円ですよね~ワタシは今の3000万円相当のお金を将来もらいたいんですけど物価上昇率ってどう計算に入ってるんですかね?
      ってあたりでやっつけることができます。

      削除
    5. さっきフェイスブックの広告で見た、病気や入院で働けなくなった時の給料保険なんてゆうペテンもありましたが、まともな会社だったら、傷病休暇と傷病手当金が支給されますからこんなのも要らない。

      削除
    6. いっさん、こんばんは!
      丁寧なご回答、本当にありがとうございます!!
      毎回毎回勉強になります!!
      保険業界は、貯蓄型保険の手数料開示拒否したんですね!驚きと共に益々胡散臭い。そしてちょっと笑えました。隠す=消費者に後ろめたさでもあるように見えて。
      ご紹介いただいた、後田亨さんの書籍、読んでみたいと思います。

      広告やCMでガンや働けなくなったときの保険ってよく見かけますね!
      私はそういう広告に踊らされる一人なんでしょう。。。
      すぐに不安になってしまいます。汗
      もっともっと知識をつけて自分の信念に自信を持ち、そんな広告に踊らされない人間になりたいです!

      削除
    7. ワタシも広告には驚きますがこれを加入しなくてもセーフティネットがあるはずだという思考順で調べます。なんでも知っているわけではなく、また、驚かないわけはないんです。でもタレント起用してたりゴールデンタイムにコマーシャル流せるだけボッタクリなんですよ。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。