広告

2017年6月22日木曜日

シニア向け:アクティブファンドとインデックスファンドを使い分ける


ブログでシニア向けの記事って読んでもらえるのでしょうか?

と気にせず、書きます。

シニア層は、セミナーで言われるように、

  • コツコツ積み立て
  • 長期投資
なんてやれないですよね。期間はないし。

どうすればいいんだ?と途方に暮れてる方も多いかと思います。

今日、諸先輩方とツィッターでやり取りしてて、こういうのはどうかというのを思いつきました。

<セオリー>
長期に渡り、インデックスファンドに勝ち続けられるアクティブファンドはない

ということを逆手に取って、

インデックスファンドを下回った時に一気に買って

インデックスファンドを上回った時に一気に売る

で良いのではないでしょうか。

割安か割高かをインデックスファンドを指標に決めればいいわけで。

これなら、長期投資などと期間をかける必要はありません。

インデックスファンドに勝ちっ放しのひふみ投信でなく、インデックスファンドと拮抗しているさわかみファンドとかコモンズ30とかがいいのではないでしょうか?

期間を長くかけられない人は、それなりの戦い方を工夫してみましょう。

ほったらかしとはいきませんが、マメに基準価額を監視していれば、短期の値動きでチマチマと利益を上げることは不可能ではないと思います。

<結論>
くれぐれも年率10%確実などと絵空事を言う海外不動産投資とかに走らないように。

2 件のコメント:

  1. いっさん

    RSSに登録していつも拝読させていただいています。
    ときどきコメントもさせていただいてます。(過去は、内藤忍氏についてのいっさんの記事に)

    今日の記事及び写真も楽しく拝読させていただきました。

    もしよろしければ、記事中の【アクティブファンドがインデックスを上回った時/下回った時】というのは
    どの数値を見て判断すればいいのでしょうか?

    基準価格?純資産(ではないと思います)、騰落率?
    基本的かつ、教えて欲しい的質問で申し訳ないので、お時間があって気が向いたらお答えいただけると幸いです。
     
    私はインデックスファンドを4本(株2,債権2)毎月積み立てています。
    昔昔何本かアクティブを買って3%取られた上に、途中で償還され、しかもマイナスという経験がありインデックスに乗り換えました。

    これからも楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. 愛読ありがとうございます。
      騰落率の比較ですね。数字で見てもわかりづらいので、モーニングスターで、ファンド比較機能を使って、TOPIXのインデックスファンドと、アクティブファンドの基準価額推移をを折れ線グラフで追えばいいと思います。アクティブファンドが下回れば買い、上回れば売るとすれば、長期投資しなくても少し儲けが出ると思います。
      またコメントくださいね。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。