広告

2017年6月17日土曜日

大ブレーク中?!世界経済インデックスファンド

世界経済インデックスファンドの5月分の月報が公開されました。

いつもは眺める程度だったんですが、今回はこれを待ってたんです。

まぁ見てください。
【出典:世界経済インデックスファンド5月月報】

電卓叩きます。
基準価額の上昇率が、対前月末比で、1.65%プラス

そして純資産総額の増額率が、対前月末比で、何と27.58%増

しかも、今日時点の純資産総額は370億円台に!!
【出典:http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_39/

これで計算すると、今月に入って今日まで(半月の間?)で11.89%増

爆発的にヒットしてるってゆうか、GPIF(年金運用機構)とか日本郵政とかそれ級の大型機関投資家が投資し始めたのかなぁ?

とにかく、このヒットの理由、世界経済インデックスファンド推しのワタシでも、
突然の大ブレークの理由はまったくわかりません。

でもまぁ、資金流入は、より効率的な運用をもたらしてくれるであろうことを考えると歓迎すべき兆候です。

でも、東京生まれの東京育ちでありながら、隠れキリシタンのように、最下位を這いずり回ってる阪神タイガースを応援しつづけることができるワタシの体質では、メジャーになっていくことは、なんだか、隠れ家にしてたスナックが大混雑してるような戸惑いはあります。

月報の他のパートもついでに見てみましょう。
【出典:世界経済インデックスファンド5月月報】

一番右端の基準価額騰落貢献額ってゆう欄が面白いんですけど、組入比率の割に、新興国株式が大きく躍進。倍の組入比率である先進国の上昇額を大きく凌駕しています。
【出典:世界経済インデックスファンド5月月報】

また、各国の組入比率なんですが、株式時価総額だとアメリカは世界の半分くらいを占める(伝聞です)そうなのですが、世界経済インデックスファンドだと、GDPを参考に組入比率を決めているため、米国が3割くらいになり、分散いい感じです。

日本の10%って、日本だけ切り出して資産配分してるからGDP比率としては倍くらい入りすぎです。ここが玉にキズ。

ということで、分散がより効いているというカンジですね。

このファンド1つ買うだけで。

カブドットコム証券だと500円からスポット買いできますし、SBI証券とか楽天証券だと100円からスポット買いできますから、たった100円でこれだけの分散が可能になるというところがバランスファンドの良いところです。

お子さんがお小遣いを貯めるのに、貯金箱にただ入れておくんじゃなくて、世界経済インデックスファンドのような世界全体の債券と株式の2大伝統資産に投資して貯金箱として投信口座を利用するというのも絶対ありだと思います。

まぁ分散が効いているということは、勝ち組も負け組も抱え込むことになるわけで、ボロ儲けしたい人には向いておらず、ワタシのように「新興国を中心とした人口増加や昨日より今日・今日より明日は少しでもいい暮らしがしたいという人間本来の欲求とその欲求からくる絶え間ない努力と努力からもたらされる生産性向上と技術革新による地球経済全体のパイの継続的な成長」を妄信的に信じて、小心者で慎重な投資と資産形成をしたいという人向けであります。

<結論>
先月の大ブレークの謎はわからない。

<追伸>
賞金300万円狙ってたのに、これ絶対わからねーよ。警察とか公安とかってすげーな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。