広告

2017年6月3日土曜日

全売却:ひふみ投信・結い2101


ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)・結い2101(鎌倉投信)を全売却しました。

それぞれ積み立ても停止しました。

今回の結論はここまでで、以下、ぐだぐだと、それに至った思考の敬意を書きます。

日本の相場の行く末が、今が峠だと考えました。

・人口増が止まって減少が始まった。

・2012年を皮切りに団塊の世代の一斉退職が始まり労働人口が激減する。

・故与謝野馨氏が「政界きっての政策通」だったこと。ということは、あの程度の人材しかないということです。故人へのお世辞だとしてもです。

 安倍政権は大変ありがたいと思っています。麻生政権からその間の政権の空白期間を経てアベノミクスという政策を打ち出し、雇用も景気も回復しました。今日の日経平均2万超えるの超えたの、というところまで回復するとは思いませんでした。

 ただ、アベノミクスの仕掛け通りに機能して今日に至ったわけではなく、企業への融資を大幅に増額して設備投資や技術革新、生産性向上をもたらし業績向上につなげていき、その恩恵が会社員の懐にも還元されるという過程を生じさせたわけではありません。

 金融機関は、企業への融資と返済回収が根幹になることはなく、投資信託などの金融商品の売買手数料収入と、カードローン、キャッシングの高金利収入という個人相手の商売形態が根幹をなしているのが実態。
 アベノミクスで狙った経済の回転軸になるような役目を果たすことができなくなってしまいました。

 一旦機能しなくなると、もうそれが何代も引き継がれていって、さらに団塊の世代の大量退職によって、金融機関は、企業融資を知らない世代ばかりで構成されることになるでしょう。

 世界経済インデックスファンドの目論見書によると、世界に占める日本のGDPって、たったの6%くらい。
それが、労働人口の低下により、さらにGDP額や世界に占める割合が小さくなっていくのは自明の理です。

人口増に見込めない、つまり生産拠点としても市場としても魅力のない日本に将来、どれだけの企業が残るでしょうか?

金融機関の融資もない。野党は国民への増税回避に法人税に転嫁しろという。

企業が日本を本拠にする意味ってあるのでしょうか?

ユニクロがすでに本拠を中国に移している通り、IT業界として世界に認知されている稀有な存在の日本企業であるソフトバンクや楽天が、日本に本拠をおいておく意味ってあるのでしょうか?

少し脱線ですが、IT業界として御三家と言われてたNEC、日立、富士通はどこいったのでしょうか?

話を戻すします。

そして、政界は、故与謝野馨氏が「政界きっての政策通」というありさま。

あの、たちあがれ日本ですよ。どうなっちゃってるのでしょうか。

安倍政権、アベノミクスに次ぐ次世代の宰相と政府は一体どうするのでしょうか?

という意味では、日本株投信で銘柄発掘に獅子奮迅するひふみ投信や結い2101は、そろそろ、日本とともに峠を迎えている時期で、今後、今以上のパフォーマンスがあるとしても、もう今、少なくとも8合目くらいまでは来ちゃってるし、日本国内が将来こんな高値になることはないと判断しました。

最近のオリンピック開催国はオリンピック後に空気の抜けた風船のように萎んでしまっています。

世界に目をやると、新興国、フロンティア国は、まだまだ人口増で人口ピラミッドが末広がりです。

また資源もあり、今後先進国の投資や進出を受けて生産力もついてくることでしょう。

資源あり、人口あり、生産力あり、市場としての魅力もあり。

そんな広い世界で投資を考えようと、世界経済インデックスファンドの意図する本筋をいくことにきめました。

日本・先進国・新興国のGDPに応じた比率でインデックスファンドで最大限の分散投資する。

つまりGDP伸びる国は株価も伸びる期待が持てる。GDPが頭打ちで下がるしかない国は株価も頭打ちで下がっていくしか無い。

サテライト投信として、ワタシの投資資産に占める割合は少なかったですが、運用益はひふみが元本の3倍、結い2101は元本の1.5倍という感じで十分期待に応えてくれました。

介護でセミナーに行って運用報告をナマで聞く機会も無いし、運用報告書を丁寧に読む気概も失せました。

正直、投資を続けていれば続けているほど、値動きと世の中の世情の関係がどんどんわからなくなって、アクティブファンドの説明は親切だと思うんですけど、理解できない。

理解できないものには投資しない、ということで、インデックスファンドで市場平均に委ねることにします。

今後は、無味乾燥にインデックス投資信託だけで運用します。

欲張らずにリスクも最小限で。シンプルに。


<結論>

資産運用は人生での終盤期に突入。


11 件のコメント:

  1. キャスバル兄さん2017年6月3日 18:03

    いっさん、こんにちは。

    僭越ながら一言申し上げておきましょう。
    私は尻フェチではないが、今回のはとても形の素晴らしい写真であったと。


    最近流行りの米国株投資家さんたちのコメントを拝見すると、
    経済が成長し続けているのはもちろんだけど、
    大前提として人口の増えている国・地域だから投資する価値がある、という人が多いですもんね。
    確かに日本はオリンピック後どうしていくのか、とても気がかりですね。

    返信削除
    返信
    1. シャア大佐、光栄でございます。
      写真からコメント入った人は初めてです(笑)

      人口プラミッドが末広がりになっている国は、やはり、労働力人口に優れますし、消費者として魅力的な市場にもなります。
      そして大抵資源国だったりするので、期待できると考えます。
      ワタシは分散が重要だと思ってますし、ピンポイントで狙い定めるほどの経験も勘も知識もないので、米国株で個別株というのは、個人的には反対です。前職のIBMがどんな会社が知り尽くしてましたが、ウォーレン・バフェットがまんまと買った挙句、投資失敗だったと認めた。
      日本企業の財務諸表や有価証券報告書を読むのも大変で、ましてや経営者の人となりを見るなんてできない米国個別株ってっゆうのは難しそう。
      日本は将来の姿が見えないんですよね。
      安倍政権の功績は認めますが、その後がもうどうしようもない課題山積で、厳しいものがあるということで、GDP比例とされる世界経済インデックスファンドに従って、日本株と日本債券の比率を大幅に下げる決断をしました。

      削除
  2. いっさん

     こんにちは。たぱぞうともうします。


     思い切った判断、勉強になります。おっしゃる通り、上がりいっぱいかもしれませんね。これだけ資金投入しての結果ですから、今後が気になります。

     前々から貴ブログを拝読しており、コメントいただけたこと大変うれしく思いました。これからもキャッチーな画像と共に勉強になる記事を楽しみにしています。

     今後ともよろしくお願いします!

    返信削除
    返信

    1. たばぞうさん。こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      このポートフォリオにして以来、「しっくりきた」と思っていたんですが、人口減少に歯止めがかからないんだよなぁ、ということと、団塊の世代が退職し退職後の再就職は決して第二の人生なんて悠長なことは言ってられず、大抵の人は、ビルメンテナンスで掃除夫とかガードマンと称して立ってるだけみたいな職となります。
      儲かりはしましたが、元々の投資元本は大した事ないので、税引後のお金は、全部、世界経済インデックスファンドに投資します。
      世界の半分以上の人口が集まってるSMTアジア新興国ファンドと2本だけの運用になりますけどね。
      それでいいと思っています。結局、突き詰めればシンプルなものになると思っていたので。
      もう50歳ですからね。ワタシも。
      日本が垂れ下がってきてから、ひふみと鎌倉を売ったのでは遅いのですよ。8合目くらいだと思った時に売らないとね。
      それくらいの勝ちで良いのです。てっぺんギリギリと欲張ると痛い目になりますからね。
      またコメントください。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
  3. おばんです★

    いつもTOPの写真は際どいアングルが多く、妻&子供に見られる前にスクロールしてしまうのですが、今回のGoodなお尻形状は一瞬、スクロールの手が止まってしまいました・笑

    って思ってたら、既に同様のコメントしてる人が(^^;笑


    投資を始めてから悶々と思ってた出口戦略に関して、自分の中ではっきりした指標がないのが、少し悩みです

    今は自分のブログのネタ含めていろいろ買ってますが、70歳超えて脳力が低下した際に、ポートフォリオのリバランスやってられるのか?
    ってのも、少し心配です


    自分で決めたアセットアロケーション比率で運用してくれる超低コストの「グローバル・リクエスト・バランスファンド」なんてのが将来、運用開始してくれるのを夢見てます・笑

    返信削除
    返信
    1. きゃしゃん、おばんです。
      電車ん中で読んでる猛者もおられます(笑)
      ワタシも50歳で一応区切りなので、いろいろ考えました。
      将来、またいろんなバランスファンドが登場するでしょうね。
      ワタシの場合は、ちょうど世界経済インデックスファンドのポートフォリオがマッチするので、GDPに合わせて年一回の見直しがあるというところまで含めてこれで良しですね。
      今回は定量指標というか、自分なりにこの先の日本の経済、金融、政治の姿を展望した時に何一つ良いことがなかったので、GDP比率に立ち返って日本の影響を最小限に抑えようという感じですね。
      コメントありがとうございます。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
  4. いっさん,こんばんは.

    鎌倉投信やひふみ投信はTwitterのフォロワーにも受益者が多いため情報は入ってくるでしょう
    けど,やっぱり自分の目や耳で聞くことができないのはやはり不安ですよね.
    運用している方々が現役の間は大丈夫だろうと思いつつも,「わからないものには投資しない」という原則大事ですよね!

    いっさんの思い切った行動に感心しました

    返信削除
    返信
    1. くは72さん、いつもお世話になっております。
      ひふみ投信も鎌倉投信も同年齢の方々が運用しておられるので、当初は、彼らの引退まで付き合おうと思っておったのですが、安倍政権の後、オリンピックの後、金融機関が企業融資に機能しない中での相場高騰、でも人口減少の開始、団塊世代の大量離職とその再就職の困難さ、諸々日本のことを考えると日本への投資の先行きは、ファンドマネジャーの腕に関係なく苦しくなっていくだろうと。
      峠だと思ったんですよね。眠れなくなること、わからないことはやらない、ということで、日本株アクティブから撤退することにしました。
      やる時はキッパリやってサッパリした方がいいですからね。
      かなり時間かけて自分なりに考え抜いて出した結論なので、後悔はありません。相場好調の中でこういう決断というのは、ブログ読んだ人は、驚きを持って捉えると思うんですが、まぁセゾン投信2ファンドの一括売却の時もみなさん驚きましたから。あの時もあれが天井に近かったですね。
      行動は一瞬。考慮は時間かけてますので、どんな結果を招こうともワタシは大丈夫です。
      いつもコメントありがとうございます。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
  5. いっさんの今後の日本や世界経済への読みなど、いつも参考にさせていただいております。

    新興国についてもまさにおっしゃる通り人口ボーナスを享受して発展していく国も多かろうと思います。

    いっさんは先日新規設定されたiTrust新興国株式などについてはいかがお考えでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 蒲田さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      iTrust新興国株式。
      こんな人口増加にフォーカスしたファンドがあるのですね。
      新興国ファンドで注意したい信託報酬も0.5%台で悪くないですし。
      新興国の妙味は人口増加もありますが、今でいうスマホなどの生産拠点になっている点もありますね。
      このファンドは、そのあたりの国をバッサリ切っていて、資源国や労働提供国、市場となっている国が残っていて、ちょっと極端すぎるかなと思います。
      やぱり、MSCIが指定している先進国・新興国に広くあまねく分散したいところなので、ワタシとしてはNGです。
      あとひとつオマケですが、「愛称」がつけられているファンドは個人的に嫌悪感を感じます。
      結論ですが、悪くないとは思いますが、先進国に迫ろうという新興国を取り除いた投資先一覧の国々は、新興国のさらに下のフロンティア国に近く、先進国が出資した会社で地下資源をせっせと汗して掘ってる風景が思い浮かんでしまって国力という意味では相当先なのかなという気がします。
      MSCI新興国に入っているので、ワタシも世界経済インデックスファンドで投資している国々となりますが、やはりGDP比率で投資額はほんのちょっと。自分のポートフォリオに影響及ぼすようになるころには立派なGDPになっているかなという気がします。
      よく勉強していらっしゃいますね。
      あくまでワタシの意見なので、他のブログ・サイトの意見も聞いてみてください。
      ワタシがファンド評を最も参考にしているのは、堀田かつひこさんです。コメント欄に質問ぶつけてみるのも良いかと思います。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくお願い申し上げます。

      削除
    2. 堀田かつひこさんのサイトです。
      http://noload.558110.info/

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。