広告

2017年5月30日火曜日

感心したブログ記事:バブル世代の早期リタイヤ女性aoiさんの奮闘記

今回は、ちょっといつもの毛色と異なるテイストでお送りします。

とても感心したブログ記事を紹介させてください。

弊ブログにもコメント書き込んでくれたことのあるアラフィフ女性aoiさんのブログ記事です。

なんと5年もかかった! 年間150万生活への道のり


(抜粋)
努力が数字で現れてくるとなんだか面白くなります。

いいですね。こういう前向き、素敵な女性だと想像します!!

女性にとって、美容とか遊び友達とか遊ぶ用事で手帳を埋めるとか、青天井にお金をかけたい部分ではないかと、女性ばかりの家族に育ったワタシはよ〜く理解していますし、特にaoiさんは、ワタシと同世代だと思うので、思いっきりバブル世代ですからなおさらです。

このブログ記事で、つい、女性だな〜!と思うワタシのブログに決定的に欠けている部分は、
(抜粋)
昔の洋服ももなかなか手放せませんでした。

のくだりです。

なるほど。
靴かぁ。女性と付き合うと、まず、靴とバッグ好きだなぁということに気づきます。

男子で靴にこだわるってよっぽどオシャレな人だと思うんですけど、女性は、ホントに、靴とかバッグが好き。ここも青天井でお金をかけたいところ。

ワタシの付き合ってた女性も、靴とかバッグ欲しさにワタシとデートしてた人もいました。

ワタシの視点からいえば、金色のクレジットカードでワタシは下心が充たされるからデートしてたということになりますが。

このくだりは、靴!かわいいなぁとシビレました(笑)

先日、ワタシは、分相応な生活をしようという記事を書きました。
読者層の年齢層別・性別へのワンポイントアドバイス<その1>

aoiさんの奮闘記には、分相応は生活をするまでには、「努力」、「時間」、「パワー」などのキーワードが登場しますが、バブル世代で余計にそれらが必要だったと思います。

でもまったく悲壮感がない。

かえって幸せそうとまで感じます。

ワタシが表現し切れなかった部分が表現されています。

さらに女性であること。

女性と半同棲してた時代もあるワタシが気づいたのは、女性はとにかく時間と金がかかるということです。

ワタシなんぞ、スキンヘッドで自前で剃れますから美容院など無縁ですし、私服は毎回同じものを着ていったって(今は坊さんが着る作務衣に凝ってますが)、別にどう思われようが関係ないし、私服の靴は年中スポーツサンダルひとつです。当然、化粧も無いし。

でも女性って、ちょっとそこのコンビニに行くだけでも、いつまでいじってるんだ?というくらい準備がかかる。

男より時間も金もかかるようにできてるんですね。

バブル世代の女性がどういう思いでこういう境地に達することができたのか、本当に感動さえ覚えます。

実際の舞台裏には、不安も尽きないし、崖っぷちに立たされてる感があると思うんですよね。

そんなことを思ってこのブログ記事を拝読していました。

バブル世代だと、その頃の経済状態の勢いで結婚してすっかり変わり果てて倦怠期を迎えてそのまま離婚、しかも子供も抱えていたりして。

という、スナックのママみたいな経歴になっている女性も少なからずいるんですけど、みんな生きていってるんですよね。

いろいろ付き合っていた女性たちは、今、どうしているんだろうか?

<結論>

前向きで健気な素敵女子、応援しています!



2 件のコメント:

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。