広告

2017年3月11日土曜日

セゾン投信から学べたこと

今回、セゾン投信が扱ってるファンド2つとも信託報酬を下げてきました。

セゾン投信のファンドは2つとも、ファンド・オブ・ファンズ形式となっており、他社の投資信託を組み合わせることにより、セゾン投信が
  • 組み入れる投資信託の選定
  • 組み入れる投資信託の組入比率の決定と改訂
  • 組入比率を維持するリバランス行為⇒これがセゾン投信の主な運用行為となります。
を行うことで信託報酬を得ています。

つまり、
  1. 投資先の投資信託会社の取り分
  2. セゾン投信の取り分
の2つが運用会社としての取り分になっています。

今回、そのうち、セゾン投信の取り分を下げました。

セゾン投信からの公式発表へのリンク(PDF形式)
それぞれ0.01%下げたわけですけど、この見方については、いろんなブロガーの方々がいろんな意見を公開しています。

面白いですね。

ワタシの見方は、

「投資信託の採算が取れるラインはこれが限界なんだな」

ということです。

昨今の激安インデックスファンドの続々登場は、いずれも大手で他の投資信託や生命保険業とかのグループ会社とかで吸収できる手を持っている会社ばかりです。

でもセゾン投信は、この2つの投資信託の運用と販売しかやってない。

この2つの投資信託で食っていかねばならないのです。

そのセゾン投信が値引き。

微々たるものだという見解もありますが、採算が取れるラインはセゾン投信の規模をもってしてもこれが限界なんだろうなということがわかります。

つまり他社の最近新発売の激安インデックスファンドの数々は確実に採算を割っているはずだということがわかります。

投資家にとって将来に備えた長期投資による資産形成に資するためには、その投資信託が途中で償還(家電製品の電源からコンセントを抜いたように終わってしまうこと。)になってしまっては困るわけです。

しかも今の20代の人たちが利用して平均寿命までと考えてまず60年は継続してもらわねばならない。
(なのに、同じ直販投信会社で無期限のくせに30年目線なんて言ってる呆けた会社もありますが)

そういうことは、今の経営陣は何度も入れ替わるわけで、その代替わりのうちに、採算の取れない投資信託なんぞ止めろ!という意思決定をする可能性がないわけではない。

セゾン投信は、2つの投資信託しかありませんから、最悪ひとつ償還したとしても最低ひとつは継続しないと会社として成り立たなくなってしまいます。

そういう意味では投資家と一蓮托生。採算を維持できるレベルを保つことが必要なわけです。

ということで、今回のセゾン投信の動きは、昨今の激安インデックス投信陣に一石を投じたのではないかというのがワタシの見方です。

<結論>

何事も安さだけに走るな。適正価格というのを見極めることが重要。

<参考過去ブログ記事>

サスティナブル(維持可能)とフィデューシャリーデューティー(受益者のために働く者の義務)

<参考記事>

堀田かつひこさんのブログ記事
http://noload.558110.info/IndexFundSelected.html

※信託報酬が、0.4%以下の投資信託は、採算性が怪しく、継続性に不安があるのではないかというのが今回のセゾン投信の一件で得たワタシなりの教訓です。

<おまけ>YouTubeの動画です。音量注意。

4 件のコメント:

  1. 私も同意です。本来あるべき価格というものは、ことが金融商品でなくても。黒字部門で補填して赤字垂れ流し。こんな事はいいのだろうか?と思うところがあって、私も記事にしてみました。

    ※この頃、TOP画像の過激さがUPしてません?(笑

    返信削除
    返信
    1. 煙々さん、来訪とコメントありがとうございます!!

      そうですよね。

      目先の安さに飛びついて喜んでも、それがこのまま続くのか、続いていれるのか、という気がするんですよね。

      歓迎記事が連続してるようでしたので、あえて一石投じてみました。

      コメントありがとうございました。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      アイキャッチ画像、ギリギリを狙ってなんとか低空飛行しております(笑)

      削除
  2. いっさん,はじめまして。よくぞ言ってくれましたと感謝の意味でコメントします。

    私としては一部で「信託報酬の引き下げが足りない」と言っているブロガーに対して不満を感じています。

    自分の利益を求めるのは結構ですが,パートナーである運用会社ばかりに負担を押し付けるようなことではいけないと思うんですよね。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。

      いろんな意見あっていいと思っています。

      ワタシは、世界的規模のバンガードやブラックロックと同等の信託報酬に、ファンドが乱立する日本の投信がなるのはムリがあると元々思っています。

      無茶な価格破壊で足を引っ張り合ってもらって我々の長期投資に影響あるのは困ってしまいますし、まぁ救いは三井住友トラストアセットのSMTシリーズは、価格破壊に追従していないということで、資金流出は多くなってるらしいのですが、ムリはムリという姿勢であるのなら、それでいいと思っています。

      みんな個人の見解でいいです。ワタシは無茶は続かないと思ってるのでそういう意見を素直に申し述べただけ。

      今回の記事には、激安ファンド群が赤字という根拠がないとかかなり叩かれてますけど、赤字ですなんてわざわざ言う会社なんてない。

      とにかく不健全な可能性があるということです。

      セゾン投信の規模でこれくらい。バンガードとかの超巨大な規模でこれくらい。という状況から推測しただけのことですね。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。