広告

2017年3月23日木曜日

退職金やボーナスなど、まとまったお金を手にした人へ

今日は、退職金やボーナスなど、まとまったお金を手にした人に、特に読んで欲しい記事です。

あの〜拙著の過去参考ブログ記事があります。


2年前のYouTubeからリンク貼ったので、だいぶ無効になってますが、一部、CM残ってますね。

ラップ口座 CM集

とりあえず、もう警告から。

絶対、行ってはいけない金融機関の「資産相談」コーナーとか相談会 

今回は、これだけ覚えておいてください。これが結論。

ファンドラップ・ラップ口座・ラップファンドというのは、包み込むサランラップのラップだと思ってください。

暖かく包み込んでくれるんじゃあなくて、丸裸にされて、全身をサランラップでぐるぐる巻きにされて、動きが取れなくなるくらい囲い込まれて、吸い取られるだけ吸い取られるみたいなイメージで。

「ファンドラップ」とは、銀行や証券会社が提供する投資一任運用サービスの一つ。
モーニングスターより引用
http://www.morningstar.co.jp/fund/analyst/2017/1q/MFA120170323.html#QEfEoj2.twitter_tweet_ninja_l

投資信託自体と勘違いしやすいですが、大きく違います。

  • 投資信託    ⇒ 運用をおまかせして信託報酬を払う
  • ファンドラップ ⇒ 投資信託の選定をおまかせして報酬を払う
ということで、投資信託で得られたはずのリターンがラップ報酬の分だけ取られてしまいます。

しかもその報酬がバカ高で、下手すっと(ってゆうかほぼ確実に)投資信託で得られたリターンと同等かそれ以上の報酬を取られてしまいます。

これが、

  1. 金融機関の資産運用相談会とか資産運用相談コーナー
  2. 上記の過去記事にあるCM
みたいなワナを仕掛けてあなたのボーナスや、退職金を狙っています。

とにかく、プロの世界のことはプロに相談というのはやめて。

金融機関は、あなたの味方じゃあない。あなたから儲けることをなりわいとする人たち。

資産運用は、投資信託でいいんですが、どの投資信託を選ぶかまで一任してしまうと、その手数料で儲けはほぼ無くなってしまいます。

つまり、あなたのボーナスとか退職金で、金融機関が投資信託に投資して儲けてしまって、その儲けることに要した人件費などをあなたのボーナスとか退職金からさらに差し引く、ということです。

それと、アパート・マンション経営なんて、もってのほかです。
儲かるんだったら、食っていけるんだったら、その不動産屋がやればいい。
金融機関も、アパート・マンションを担保にカンタンに融資してくれます。

借金かかえた資産運用は、絶対タブーです。

<結論>

投資信託は自分で選びましょう。

2 件のコメント:

  1. 人間、失敗体験をしないと気が付かないというものもあるので。できれば、少額で失敗してみるのも有効なのかなと思うときも。
    鴨葱状態でも、本人が納得して、そして定期預金より利益がでれば、お互いWin&Winになるかも。騙されるときは、往々にして、欲張ったり、勉強不足だったりしますから。

    あぁ、相談した相手が悪かったんですね!と気が付くまでがなかなか大変ですからねぇ。

    返信削除
    返信
    1. 煙々さん、コメントありがとうございます。

      そうですね。痛い目に遭って学ぶところも多いかと。

      でも退職金の場合は、大半の場合、みなさん全額突っ込んじゃう傾向が高いらしいです。

      ちょっとで試してくれればいいですけどね。

      不動産投資の場合は、全額だわ借り入れまでしてるわで、目も当てられません。

      と警告発しても、そういう人には届かないんですよね。

      またコメントお待ちしております。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。