広告

2017年1月26日木曜日

投資につなげるポイント制度


小さな積み重ねも積もれば大きいというよりは、今、収入のある時に使っちゃうよりも、収入の途絶えたた老後に取っておく。

しかも、貯金箱でなくて、貯金箱感覚で国際分散投資で。

【1】カブドットコム証券の世界経済インデックスファンドへの投信ポイント
※ポイント付与の対象ファンドからは、安価なインデックス・ファンドはことごとく外れてますが、世界経済インデックスファンドは、例外で対象となっています。
おかげで、安価なインデックスファンドに肩を並べた実質信託報酬に。

毎月20日にポイントが付与されます。1万円の月と2万円の月があります。
ポイント利用手続きしたら、入金を待たずに世界経済インデックスファンドに投資です。


【2】クレジットカードのポイント

年末になってくるとクレジットカードのポイントが溜まってきます。

500ポイント以上だと5倍でセブン-イレブンの電子マネーnanacoにチャージできます。

nanacoにチャージが完了する前に、手続きしたら、もう速攻で世界経済インデックスファンドに投資です。


【3】セブン-イレブンの電子マネーnanacoのポイント

500ポイント貯まったら、すぐに電子マネーにチャージ。
500円をそのまま世界経済インデックスファンドに投資です。


<結論>
得したと思ったら、即、速攻で投資。別に収入のある今使う必要はなく、収入がなくなった老後に使うということで、それはでは、国際分散投資に乗せて少しでも殖やすと。

Tポイントは、貯めていますが、寄付に使ってますね。

2 件のコメント:

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。