広告

2017年1月14日土曜日

ヘルプカードを着けてる障がい者の方に積極的に声をかけよう!

投資に直接関係ないけど、社会が優しく、良くなることとして、障がい者の方が持っている「ヘルプカード」について紹介しようと思います。


名札のような大きさのこのカード。

かばんにつけてる場合や、ベルトにぶら下げて上着に隠れて見えづらい場合があります。

いずれにせよ、このカードは、「ワタシはあなたの助けを必要としています」という意味のカードです。

ですから、

  • 「助けを求めてこないから何もしないよ」
  • 「善人ぶってるみたいで声かけるのが恥ずかしい」

などと言わないで、このカードを身につけている人を見かけたら、とにかく

「ワタシで何かお手伝いできることはありますか?」

と声をかけてあげてください。

もし自分が、女性や子供、シニアな方であったとしても、話を聞いてあげて、周りの人に大きな声で助けを求めてあげることはできるはず。

そういう意味で自分は助ける力がないという人は居ないはずです。

自分でできる何かをしてあげるだけでいいのです。

今日、ワタシは、浜松町駅で、このヘルプカードをぶら下げてる大男の男性と、電車待ちで隣り合わせしました。

カードの意味に従い、

「ワタシで何か手伝えることありますか?」

と申し出たら、

「乗る時、ちょっと肩を貸してください」

ということで、身長約190センチで100キロも体重ありそうな巨体のその人の要望通りに肩を貸し、よいしょよいしょと乗せて、たまたま空いてた座席に座らせてあげました。

降りる駅もワタシと同じ有楽町駅だったので、今度は

「立つ時に肩を貸してください」

ということで、腰にきたけど、立たせてあげて、ホームに降りて

「あとは大丈夫です」

ということでお別れしました。

みなさんも、この札を付けた人を見かけたら、まず声をかけるということで、ご承知おきいただければと思います。
 <結論>

法律やルールがなくても、ほんの少しの善意とほんの少しの勇気があれば、もっといい国になると思います。

こういう積み重ね、一緒に前向きにやってみませんか?

<追伸>

コモンズ投信への疑念と評価

ワタシのこのブログ記事は、コモンズ投信から連日、記事に対する削除の脅迫書き込みでコメント欄を荒らされており、非常に迷惑しています。

真実、事実に基づく、正直な評価を書いておるのに、コモンズ投信会長・渋澤健は、
  • 「素人の評価」
  • 「事実とはいえ名誉毀損」
  • 「インデックス投信寄りの偏った見解」
とワタシに対して言い切り、コモンズ投信は、投信ブログの存在自体を否定する圧力をかけてきています。

でも、アクティブファンドでも、「ひふみ投信」や「ひふみプラス」、「セゾン資産形成の達人ファンド」は、投信ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーでも我々、投信ブロガーの高い支持を受け、毎年上位に食い込んでいるのが事実です。

その権威あるコンテスト(今年の順位発表イベントでは金融庁長官の冒頭挨拶あり。懇親会に金融庁の職員の皆さん参加あり。)において、コモンズ投信は、毎度の圏外。

ワタシ自身、ひふみ投信と鎌倉投信のアクティブファンド2つ、毎月1万円ずつ積み立てして利用しているわけです。決してインデックス投信寄りの思想ではありません。

一方で、コモンズ投信は、上記のような自分たちにとって不利な真実と正直ベースの評価記事に対する削除の脅迫書き込みをいろんな投資ブログとブロガーに対して展開しており、幾つものブログ記事が抹消に追い込まれました。

まるで戦時中の言論統制が、今、コモンズ投信によって行われているのです。

このことは、われわれ投信ブロガーの間で、大変なウワサになっていて、コモンズ投信はひんしゅくを買っており、運用成績も売上も芳しく無いことを、我々に八つ当たりしているだけで、見苦しいです。

コモンズ投信は素人を相手に商売してるのに素人をバカにしてるから、毎度、圏外なのも当然でしょう。

とにかく迷惑なので、コモンズ投信関係者は、ワタシとワタシのブログへのいやがらせ、ヤクザのような脅迫はやめてください。

金融庁長官からのメッセージ(リンク)

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。