広告

2016年9月24日土曜日

個人型確定拠出年金、がんばってる野村證券


いろんなブログや記事、書籍で個人型確定拠出年金が取り上げられています。

先制攻撃で、楽天証券やSBI証券が安価な投資信託のラインナップをそろえているというニュースが飛び交って、野村證券を利用しているワタシは少し、心穏やかじゃあなかったのは事実です。

あんまりコスト差があったら乗り換えるかと思ったけど、調べるの面倒で。

ということで、また堀田さんが調べてくれました。

信託報酬の安い国際株式型ノーロード投信ランキング

お〜、安い安い。

もう忘却の彼方だったワタシの利用する野村證券の日本を除く先進国株式インデックスカテゴリ。

信託報酬税抜き年0.22%だったので、1番目と2番目の間。

<結論>

野村證券、グッドジョブ!

2016年9月19日月曜日

どうしてもポートフォリオを決められない人へ


どうしてもポートフォリオを決められない人へ。

独立行政法人 年金積立金管理運用法人(GPIF)を真似しましょう。

公的年金を長期運用している法人です。

専門家集団が知恵を絞りきって、手堅く、一番健全なポートフォリオを組んでいると思います。

リスクもリターンもバランスよく、地味で良ければ最善の入門ポートフォリオが体験できると思います。

新興国は入ってませんが、国際分散投資です。

組み合わせるインデックスファンドも、この際、全部、現時点で信託報酬最安のものをえらんでしまいましょう。

【GPIFのポートフォリオと買う商品】
参考サイト:ノーロード投信徹底ガイド

  • 日本株式:25% ⇒ iFree TOPIXインデックス 信託報酬0.19%(SBI証券、楽天証券)
  • 先進国株式:25% ⇒ iFree 外国株式インデックス 信託報酬0.21%(SBI証券、楽天証券)
  • 日本債券:35% ⇒ iFree 日本債券インデックス 信託報酬0.14%(SBI証券、楽天証券)
  • 先進国債券:15% ⇒ iFree 外国債券インデックス 信託報酬0.18%(SBI証券、楽天証券)
iFreeインデックスシリーズは、運用会社:大和証券投資信託で、期限無期限、売却時の信託財産留保額もゼロです。
世界経済インデックスファンドのリスク・リターンはこんなカンジ。

このように、GPIFは、リスク抑制がよくできているポートフォリオだと思います。

<GPIF>
わからなかったら、いいものをパクってしまいましょう。

2016年9月17日土曜日

番外編:あらたな民進党の船出に言いたいこと


蓮舫新代表が選ばれて、民進党が新たな船出をしました。

どうしても過去をほじくり返してしまいますが、民主党政権には本当に失望しました。

内容の是非はともかく、
  • 八ッ場ダムの建設中止
  • 中央官公庁の地方出先機関の全面廃止
  • 高速道路の無償化
  • 霞が関の埋蔵金の発掘と活用
  • 事業仕分けによるムダ使いの撲滅
など、マニフェストに書いてあった公約が毎日のように何らかの進捗ニュースがあり、ワクワク感があったものです。

また、これも是非はともかく、脱官僚による大臣が自分の言葉で答弁する、という霞が関言葉でなく、ごく普通の庶民にもわかる表現で国会中継が見れる、という原稿なしということも本当に斬新で、頼もしいものでした。

でも、大臣に就く議員は、不勉強・素人・経験不足が次々と露呈し、また、内部での仲間割れによる国民の信任を受けていない「国民の生活が第一」だの「新党きづな」などいかにも政党交付金の分け前を受けられなかった連中が抜けてってますます層が薄くなり、民主党は自分たちで勝手に崩壊していったというのが民主党政権だったと思います。

「民主党はダメだった」「政権を担える経験がなかった」ということだけで、一時は政権に就いていたことから得られた教訓というものが、未だに分析されていないことです。

民進党に必要なのは、過去の総括ではありません。

過去の詳細分析と原因究明とそれを国民に説明することです。

ワタシは未だに、たとえば、八ッ場ダムって何で建設中止にできなかったのか、わかりません。別に、建設推進派でも否定派でもありませんが、でも民主党が、何がどういう原因で頓挫したのか、まったくわからないままなんです。

高速道路の無償化にしても、何がどうなってどうして無償化できなかったのか、段階を追った行程さえ描けなかったのは何がネックだったのか、全然わかりません。

まるで、小学生の子供が、テストで悪い点を取って帰ってきて、両親から怒られた結果、「今度がんばる」って言ってるようなもんで、何が問題で勉強できなかったのか、とか、何がどうわかわなかったのかとか、どうすればわかるようになるのか、どうやったら勉強できるのか、とか細かく原因を砕いて、それに対する詳細具体的な処方箋があってこそ、次があるのです。

民進党の言う、過去の総括というのは、「点数悪かった、今度頑張る。生まれ変わった気になってがんばる」ってゆう精神論と漠然とした結果論だけなんで、次につながらないのです。

あんなに毎日ニュースを賑わせた事業仕分けも、ひとつひとつ何がどうなって頓挫していったのかとか、一部、人工衛星とかスーパーコンピューターの世界一とか削ってはいけないものを削ってしまったということ事象だけをただ糾弾され、ただ反省するのではなく、「ムダ」ってゆう判断基準がいかに難しい定義なのか、どうしたら「ムダ」の基準が定義できるのか、というのを徹底議論すべきなんです。

それは、国民にとって、「こういう公約はムリなんだな」とか「こういう公約はウソだ」という知恵になりますし、また、「こういうことを望んでも国をもってしてもムリなんだな」ということも明確化することができるのです。

一例を上げれば、沖縄の基地移転問題解決の頓挫も、頓挫したというままで終わってるから、未だに炎上したままです。

民進党にしかできなくて、民進党がやるべきは、沖縄の基地移転問題に対して沖縄県民を期待させてしまったことへのお詫びだけではなく、何が問題で沖縄県民の言い分を通すことができなかったのが、民主党政権は一体、どんな障壁にぶつかったのか、をちゃんと説明することによって、今の自民党政権と沖縄県を仲裁することができるかも知れないのです。

  • 日米安保で米軍の後ろ盾がないと、日本単独では中国・北朝鮮・ロシアに対峙できない事実。
  • 沖縄が防衛上、地理的な要衝にあり、どうしても沖縄に米軍基地常駐が必要なこと。それは、先の戦争で、沖縄から先に攻略されたことからして、沖縄が位置的に日本の防衛の最前線であること。
  • 日本単独の防衛では今の自衛隊を軍隊とみなす大きな憲法改正が必要で、防衛費も青天井で費用がかかること。
とか、政権に就いていたからこそわかった沖縄問題のマニフェスト通りに行かない、沖縄県民の思い通りにならないネックがたくさんあるんだという説明をするという説明責任です。

そういった総括でない、詳細な原因究明とだったらどうすべきだったのか、という具体的な処方箋を示すことが蓮舫民進党に期待したいことです。

<結論>
きっとこういう声は民進党に届かない。期待に答えられない。実施する実行力がない。

ただ単に、「点数悪くてゴメンナサイ」と夕飯抜きにされるだけの子供のような民進党であると思います。





2016年9月14日水曜日

長期投資の「長期」って何年なの?


長期投資を標榜する専門家や運用会社のセミナーとかに行くと、必ず、この質問が出ます。

長期投資の「長期」って何年なの?

でも決まって、「何年!」ってゆう回答はなく、なぜかはぐらかされます。

丁度、モーニングスターのサイトに、関連する記事があったので、今回は「長期」。
出典:モーニングスターのサイト
http://www.morningstar.co.jp/fund/analyst/2016/3q/MFA120160908.html

カテゴリの怪しいところは置いといて、だいたい5〜6年。長くても7年かというところ。

NISAも5年が基本で、期限を迎えてロールオーバーでもう5年利用することができます。

これを政府は、「長期」と言う。

みなさんは、今から5〜6年経ったら、何歳でしょうか?

平均寿命が80歳前後という時代に、(「平均」ですからね。上限じゃあない。)今のこのブログの読者で、90歳代だという方にとっては、5〜6年が長期投資になるというのはわかります。

ワタシが考えるのは、お金は、天寿を全うするまで必要です。

資産運用も、天寿を全うするまで続けるとワタシは思っています。

目標額があったとして、それに達したとしても、インフレなどで購買力がそのまま維持できるとは限らないからです。

ワタシは、今、49歳です。

あと10年で還暦ですが、確定拠出年金に手を付けることができる歳とはいえ、60歳から、「平均」寿命まで20年もあります。

あくまで「平均」ですから還暦から20年というのでも、まだ足りないということになります。

ということで、ワタシは、まだ人生、半分くらいしか生きてないのかも知れないなぁ。

と考えると、長期投資の「長期」って全然長いのです。

リーマンショック級の大暴落、大不況が何回か来ることでしょう。

それでも、そんな「長期」の中で、それくらいのうねりは、当たり前のようにあるし、当たり前のように去っていくものだと思っています。

<結論>
みんなそれぞれの長期投資の「長期」について思いを馳せよう。

2016年9月13日火曜日

マザーファンドから見る世界経済インデックスファンド


世界経済インデックスファンドは、ファミリーファンド方式で運用されています。

ファミリーファンド方式というのは、世界経済インデックスファンドやSMTインデックスシリーズなど、我々投資家の目に直接触れる、売られているカタチのファンドをベビーファンドといいます。

世界経済インデックスファンドやSMTインデックスシリーズで集めたお金をそれぞれで運用すると、同じような運用が、ベビーファンドごとに行わなければならなくなり、非効率です。

そこで、それぞれのベビーファンドで集まったお金を、マザーファンドに集約し、マザーファンドでまとめて運用する仕組みです。

つまり世界経済インデックスファンドの債券・株式と先進国・日本・新興国の6区分は、そのまま6つのマザーファンドで運用されています。

世界経済インデックスファンドとSMTインデックスシリーズは、同一のマザーファンドであり、つまり、世界経済インデックスファンドの国内債券部分と、SMT国内債券インデックス・ファンドは、全く同じマザーファンドで運用されています。

(出典:世界経済インデックスファンドの交付目論見書)

対して、セゾン投信のセゾンバンガードグローバルバランスファンドやセゾン資産形成の達人ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ方式といって、このマザーファンド部分が、外部のバンガード社などのファンドを組み合わせて形成されています。

自前でない分、バンガード社などとセゾン投信の2方向へ信託報酬を支払うことになります。

話を戻して、世界経済インデックスファンドは、最近、総資産額が、200億円近くになって、だいぶ大きくなりましたが、「ひふみ投信より小さくね?」というのは、真っ当な指摘です。
(出典:世界経済インデックスファンドのサイト)

そこで、今回は、世界経済インデックスファンドの真の姿ともいえる6つのマザーファンドの規模を見てみます。

  1. 国内債券:3202.35億円
  2. 国内株式:1524.77億円
  3. 外国債券:2138.77億円
  4. 外国株式:2673.54億円
  5. 新興国債券:202.84億円
  6. 新興国株式:262.17億円

ということで、個々のマザーファンドは巨大です。

ここまでの規模なら、無期限と言っておきながら途中償還になる、といった憂き目に遭うことは滅多にないことでありましょう。

新鋭の激安インデックスファンドもコストという大きな武器を持っていますし、SMTやeMAXISといった老舗のインデックスファンドは、このように規模にモノを言わせた安心感が売りと言えましょう。

<結論>
激安コストも、老舗の規模も、それぞれの良さがある。

2016年9月12日月曜日

資産構成、現金比率を大幅に下げました


このたび、現預金を10%下げ、世界経済インデックスファンドを買い足しました。

結果、以下のようになりました。
円グラフにしたかったのですが、細かい部分が見づらいので、列挙します。
  • 世界経済インデックスファンド 70%
  • ひふみ投信 4%
  • 結い2101 1%
  • SMTアジア新興国株式インデックス 1%
  • 野村DC外国株式インデックス 8%
  • eMAXISバランス8資産均等 1%
  • 現預金 15%
ということで、投資信託、NISA、確定拠出年金を含めた全資産の構成がこんなカンジです。

世界経済インデックスファンドに70%にしました。
これ1本で先進国・国内・新興国の株式・債券の6資産に投資できていて、48カ国30通貨で5605銘柄もの国際分散投資ができています。

またカブドットコム証券で、投資信託のポイントがつき、3ヶ月ごとに2万円もらえることとなり、再投資します。

ワタシの考える安全資産は、流動性を重視しますので、○○年個人向け国債という類には投資せず、まったく普通預金です。

今回、普通預金を大きく下げるということでいこうと思います。

<結論>

これがしっくりくるなぁ。

<関連ブログ記事>

2016年9月9日金曜日

村田蓮舫氏の二重国籍の件についての見解

写真:日・比のハーフ アイドルグループ・ベイビーレイズの傳谷英里香さん

民進党も村田蓮舫氏もワタシは支持していませんが、今回の二重国籍問題の件は、少し違和感を感じます。
生意気な村田蓮舫氏が、このようなカタチで無抵抗に、バッシングに応えるとは思いませんでした。

ワタシの記憶が確かならば、彼女は、ミス・コンテストの最高峰だったクラリオンガールに選ばれた際の記者会見で、

「ワタシは日本は好きですが日本人はキライです」

とやらかして、すごい子だな、と思いました。

彼女は父親が台湾ということで、ハーフである事実は変わりません。

ワタシには、歳の離れた姉が2人いて、2人とも、それぞれアメリカとイギリスに暮らしてて、国際結婚しています。

イギリスの方の次姉に長男がいてワタシの甥にあたるのですが、両方の姉も甥も、日本人と二重国籍です。

それは、万が一、日本と両国の間で戦争になったらどうするのか。

バッシングに遭うことは間違いないですが、どちらの国にも行ける選択肢を残すということでそうしているとのことです。

村田蓮舫氏。そんな事情はなかったのでしょうか?

そう考えると、覚悟決めて政治家である以上のけじめであるとはいえ、でも、父親の国の籍を抜くことの葛藤はあったはずです。

別に民進党が二度と政権を取ることはないでしょうから、民進党の代表は、ケントギルバード氏だとかデーブスペクター氏でもいいんじゃないかと思ってますが、でもね。

ハーフの方は別に悪いことをしたわけじゃありませんし、両親のそれぞれの国に愛着がないわけないと思うんですよね。

複数の国の血が流れていることを否定しないで欲しいと思います。

<結論>
ワタシには、今回の村田蓮舫氏の二重国籍の問題は何なのか、よく分かりません。



2016年9月6日火曜日

たった503円でスポット買いの国際分散投資


セブン-イレブンnanaco(ナナコ)のポイントが503ポイント(503円相当)貯まりました。

  1. nanaco(ナナコ)で503ポイントを503円に換金
  2. メインバンクの三菱東京UFJ銀行口座から同銀行のカブドットコム証券口座に503円を入金
  3. カブドットコム証券で世界経済インデックスファンドを503円スポット買付け
の3ステップだけです。

nanaco(ナナコ)でそのまま使ってしまうのではなく、ポイント分を投資してしまう。

ということで、実際、このお金を使うのは、運用を経て老後ということになります。

三菱東京UFJ銀行とカブドットコム証券が同じ企業グループなので振込手数料はかかりません。

また、最低投資額の500円でも、世界経済インデックスファンドのようなバランスファンドを利用することによって、48カ国33通貨の5605銘柄の債券と株式に国際分散投資することができます。
世界経済インデックスファンドだけでも、200億円超えてきました。

世界経済インデックスファンドの部品になっている先進国・日本・新興国の債券・株式の6つのマザーファンドの大きさは超巨大で安心して投資していられます。

<結論>
小さいことをコツコツと。臨時収入は即、スポット買いで投資してしまうこと。

2016年9月5日月曜日

自分で買ってる理由がようやく自分でわかった鎌倉投信


エムアットさんによると、テレビ神奈川にて、鎌倉投信の紹介番組があったようです。

それをCMカットで全編見れます。
これを見ると、ワタシ自身、鎌倉投信を何となく利用してたのが、ガッツリ腹に落ちたというか、これでいいんだという確信を持つことができました。

是非、みなさんも、エムアットさんのブログにある番組アーカイブをご覧いただきたいと思います。

ただ、「いい会社」というのが世の中に認められ、また、ビジネスが大きくなり、生存していけるほど、世の中はキレイ事では通用しないという気もします。

番組ビデオを見て、自分の投資予算を全て鎌倉投信に仕向けるというのは、あまりオススメしません。

「悪貨は良貨を駆逐する」の言葉通り、鎌倉投信の選りすぐりの「いい会社」は全滅するかも知れない。

そういう意味では、いつも言う通り、国際分散投資の可能なインデックスバランスファンドを自分の資産全体の8割9割。

残りを好きに冒険するということで、その中の 1つが鎌倉投信というバランス感覚が丁度いいかも知れない。

ただ、鎌倉投信の積立最低額は、月額1万円なので、こういう、一部鎌倉投信にするには、投資額全体が少しボリュームが必要になります。

そういうサテライト向けの投信であるとワタシは考えます。

<結論>
鎌倉投信の理念は素晴らしく感動する。

2016年9月4日日曜日

良記事紹介:投資は身の丈に合ったことを


今日日曜日は、久しぶりに寝込むことなく、とはいえ、近所の駅周辺を汗だくになってポケモンGoで遊んでました。

日本でローンチされた日にダウンロードして始めたものの、まだレベル16でジム戦は3敗中です。

あまり体調良くなかったですが、大汗をかき、大量に麦茶で水分とミネラル補給し、帰宅して、過剰に水分摂取した分の下痢が止まらない、というお決まりのパターンでした。

そんなことはどうでもよく、ツィッターで他ブロガーさんの良記事を拝見しました。


菟道りんたろうさん

資産形成・運用の究極の目的は「購買力の維持」

なんかこうモヤモヤしてたところに、これだっ!ってゆう解をいただいた気がしました。

投資の極意というか要諦は、「身の丈に合った」収入、資産管理、支出、ということだと。

そして、「身の丈を知る」というのが何にも勝る基本だということです。

禅の世界のようですが、でも、突き詰めるとそういう世界に近くなっていくのが哲学というもののようです。

ワタシは目からウロコという良記事だったので、是非、ご覧になってみてください。

<結論>
身の丈をわきまえないと破綻する。それだけ。