広告

2016年7月5日火曜日

リーマン・ショック級の暴落!ったって戻っちゃったよね


英国のまさかのEU離脱という選挙結果に大暴落、リーマン・ショック級の騰落率ということで大騒ぎになりましたけど、どうでしょうか。

1本で世界丸ごと投資が可能な、世界経済インデックスファンドで見てみます。
(出典:カブドットコム証券)

選挙結果が直撃したのは、6月24日(金)。

国際分散投資をもってしても、4.3%も下落しています。

ってここのタイミングに合うようにワタシは前々日に150万円買いを入れたのですが、良い子の人たちはそんなマネしてはいけません。

下馬評は、EU残留優勢なんて報道されていたんですよね。そう。ですから。

6月20日(月)から23日(木)まで基準価額が上がっています。

そして暴落を迎えるわけですが、怖かったですか?今も怖いですか?

でもね。昨日時点の17892円と、20日時点の17942円。

どうです?あっさり戻りましたね。

まぁこんなカンジなもんです。

<結論>
「リーマン・ショック級」って報道は言いたがるけど、100年に一度は、やっぱり100年に一度なんじゃないですかね。

2 件のコメント:

  1. こんにちは
    ちょっとびっくりしましたが
    今となっては、少し多めに買い増ししてもよかったかな
    などと思います
    実際はふつうにコツコツ積み立てをしました(笑)
    やっぱり100年に一度は、そうなんども来ないのですね

    返信削除
    返信
    1. momokoさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      そうですよね。
      振り返ると、買い増ししても良かったかなと思うのですが、実際、その局面にいると、誰もが、「どこまで下がっちゃうんだろう」と思うからこそリスクオフといってみんな売りに走ったり静観したりするから下落しているのです。
      でもコツコツ続けたとのこと。
      上出来です!!
      そうです。100年に一度はそう滅多に来ないのです。
      でも来るかも知れないので心しておきましょうね。
      コメントありがとうございます。
      またコメントくださいね。
      引き続き弊ブログをよろしくご愛顧ください!

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。