広告

2016年6月26日日曜日

落ち着いて積立を続けよう。


英国のEU残留・離脱の国民選挙が想定外の結果になりました。

とはいえ、ワタシは、コツコツ定期定額で積み立てる投資家の一方で、まとまった金額で大きく買い付けるタイミング投資家でもあります。

今回は、いろいろ調べた上、EU離脱になると決めつけて、22日夜に世界経済インデックスファンドに150万円スポット買い入れました。

24日夕方締め切りの基準価額適用で、国際分散投資で半分が債券であるさすがの世界経済インデックスファンドも前日比でマイナス4.3%ということになり、安値買い大成功。

これからしばらくは、日々、いろんな思惑での売買で、市場は乱高下して不安定でしょう。

予想不可能。

ということで、元の積立投資家に戻ります。

【ワタシのポートフォリオにおける日常の積立状況(率はポートフォリオに占める割合)】

世界経済インデックスファンド 60% ⇒ 1000円/日
ひふみ投信 4% ⇒ 10000円/月
結い2101 1% ⇒ 10000円/月    
SMTアジア新興国株式インデックス 1% ⇒ 500円/日
野村DC外国株式インデックス 8%  ⇒ 23000円/月(個人型確定拠出年金)
eMAXISバランス8資産均等 1%
現預金 25%

ということで続けます。

来月には、純金積立の解約が成約しますので、それは丸ごと世界経済インデックスファンドにスポット買いします。

<結論>
待ちに待ったリーマン・ショック級の下落。安いぞ!買え買え!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。