広告

2016年6月24日金曜日

大暴落。でも買い時なんです。安売り大バーゲン。

今日、英国の国民投票結果が出ました。

離脱になるとは。。

個人的にはEU残留すべきと思っていましたが。

でも投資家としては、離脱になったら大暴落=大バーゲンとなるため、密かに期待していました。

ということで、国際分散投資にオススメのファンドのうち、セゾンバンガードグローバルバランスファンドを除く2つのファンドの暴落ぶりを見てみましょう。

【1】eMAXISバランス(8資産均等)
(出典:カブドットコム証券)
前日比で、4.3%の下落ですね。大きいです。

【2】世界経済インデックスファンド
(出典:カブドットコム証券)
これも大きい。前日比で、4.3%の下落ですね。奇しくも同じ率です。

あくまで、資産運用、資産形成の目標は老後です。

そして、今、目標とすべきは、基準価額や資産の評価額ではありません。

口数です。口数を貯めるのが大事。

資産評価額=基準価額×口数

ですが。。金額じゃなくて。。

買える口数=買付け金額÷基準価額

です。

つまり、基準価額が下落するということは、資産評価額は低くなりますが、口数はたくさん買える!のであります。

しばらく、日々、乱高下して相場は不安定になると思いますが、積立を淡々と続けましょう。

口数は、減らない。積み立てておれば殖える一方なのです。

<結論>
資産形成期の投資家としては、暴落は喜ばしいことだ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。