広告

2016年5月19日木曜日

ようやく辿りつけた感のある資産構成


先日のブログ記事「ポートフォリオ変更予定。純金、REIT、農産物から撤退。」で述べた通り、50歳を前にして、資産構成をいじりました。

REITインデックスや純金、農産物ETFを売却整理して世界経済インデックスファンドに大きく寄せました。

結果、以下のようになりました。
円グラフにしたかったのですが、細かい部分が見づらいので、列挙します。
  • 世界経済インデックスファンド 60%
  • ひふみ投信 4%
  • 結い2101 1%
  • SMTアジア新興国株式インデックス 1%
  • 野村DC外国株式インデックス 8%
  • eMAXISバランス8資産均等 1%
  • 現預金 25%
ということで、投資信託、NISA、確定拠出年金を含めた全資産の構成がこんなカンジです。

世界経済インデックスファンドに60%ですが、これ1本で先進国・国内・新興国の株式・債券の6資産に投資できていて、48カ国30通貨で5605銘柄もの国際分散投資ができています。

あとは、サテライトだったり、NISA、確定拠出年金ですね。

ここまできて、この構成で、ようやく辿り着いた感があります。

セオリーからすると、売却しながらポートフォリオをいじるのは、売却益に課税されるために、もう積立しないものは、売らずにそのまま持っておくことですが、ワタシとしては、そのまま持っておくよりも、売却して好きな世界経済インデックスファンドに寄せることを選びました。

一応、総資産額は、「億り人」なので、現預金25%でも、金額的に生活防衛資金としては充分であり、投資しすぎの感覚は、自分にはありません。

<結論>
最初から、この配分にしとけば良かった。

<関連ブログ記事>
入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。