広告

2016年3月24日木曜日

株式・債券の伝統資産中心で先進国・日本・新興国の割合を考慮した国際分散投資をしよう


先日UPしたブログ記事「純金積立はオススメしない」は、少々、反響がありました。

金に関しては、豊島逸夫さんが第一人者です。セミナーを聞きに行ったことがあるほか、日経電子版の記事やムック本を読んだことがあります。

金は地球上にオリンピックプール4〜5杯分くらいしか存在しておらず、今、掘り出されていない分は、深い地中にあり、危険だったり、掘削コストが到底合わないということで生産は頭打ちで、市場自体が小さいので、無国籍通貨と言われることがありますが、通貨の役割を担うには少なすぎます。

また、株や債券のように、生産活動による価値醸成ではないので、金の役割は購買力の維持であって、利殖機能は全く期待できません。

つまり、今の一万円分の金で、30年先、40年先における、今の一万円分に相当する価値の買い物ができる可能性が高いという価値保存機能ですね。

逆に、そういった価値保存という守りの資産なので、株や債券のように経済成長に応じて、物価にも負けずに、価値も殖えることが期待できるというわけではないことから、金が資産運用のメインになることはないと。あくまで脇役であり、資産運用する資産額のうちの多くても1割くらいにとどめるべきだと豊島逸夫氏も言っています。

世界中の資産のうち、株式が約30%弱。債券が45%強という割合です。

金とかREITとかの商品、オルタナティブと言われる分野の資産を総合しても、たったの25%程度なのですね。

そして、日本・先進国・新興国のシェアは、1:7:2というカンジです。

ですから、全世界の人口増加や経済成長を信じて地球丸ごと投資するには、やはり、株式と債券の伝統資産と言われる資産中心に資産構成するのが無難です。

そして、日本に偏り過ぎないこと。

日本のシェアは、こんな程度でしかありません。

それに少子高齢化で経済成長の伸びしろというか、期待値からすると、まだまだ世界は広い。世界全体で考えるべきです。

ということで、限られた自分の資産規模でそういった国際分散投資をカンタンにやってのけるのは、インデックスの投資信託ということになります。

<結論>

国際分散投資の基本的なセオリーは、株式・債券の伝統資産中心で先進国・日本・新興国の割合を考慮しよう。


<追伸>

こういうセオリーめいた話だったり、比率や割合といった定量的な話を書くと、必ずと言っていいほど、吊ら男(ツィッターアカウント:@tsurao ブログ:http://www.tsurao.com/)が、うるせぇの何のって、とにかくインデックス投資の重鎮を自負しているみたいで、原理原則にすんげぇうるさいのと、分厚い統計ブックを持っていて、いちいち「その数値の根拠は何年何月の何ってゆう根拠資料だ?」などと、食らいついてきます。

そういう本質的にどうでもいいレベルの話を、いちいち鬼の首をとったように正誤を論じて論破したのしないのと言う輩は生理的に嫌いです。

結局ね。理論派だの論客だのインテリだのと思い込んでるようですが、ただ単に、自分が相手を好きか嫌いかで屁理屈でケンカ売ってくる礼儀知らずのガキなので仕方がないです。

ガンダムの1年戦争の時に出てきたブライトさんに見た目も性格もソックリなので、何かのイベントの時には、遠くからそっと眺めてみてください。

4 件のコメント:

  1. ブライトさんwww

    返信削除
    返信
    1. 見た目も性格もソックリですから。見事に。

      削除
  2. ルックスかっこいいっすねえ。

    日本は世界の10%もあるんですね、国土の大きさから考えたらすごい。新興国ねえ、世界経済ファンドとセゾンで買ってるんですが。何か弱そうな感じがします、そう思う時が買い時
    かもしれませんが

    私はバランスがメインの投資をしています。世界ファンドに頑張って欲しい。

    返信削除
    返信
    1. たんちんさん、こんにちは。
      日本のGDPのシェアはブライトさん風に言えば、7〜8%ですかね。
      でも、これからこれ以上のシェアが増えていくとは思えないので、やっぱり国際分散投資で世界全体にですね。
      新興国は好き嫌いが分かれますね。
      セゾンは世界経済インデックスファンドに比べて新興国が抑えめですね。
      ワタシは個人的に新興国好きなのは、人口構成がピラミッド形で若い層が多いのと、人口増加ですね。
      逆に、新興国でイケてると先進国入りするから新興国地域への投資は報われないのではないかという見方もあることは事実ですよね。
      コメントありがとうございます。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。