広告

2016年2月27日土曜日

新電力会社を選んでみました


4月から電力小売が全面自由化されます。

新たに電力会社を自分で選べることになります。

新電力会社ってどれだけあるんでしょう。一覧のポータルサイトを発見しました。

家庭用に契約結べる会社は意外と少ないんだなというのがワタシの感想です。

企業のような大口の消費者がうまく選ぶとうまくコスト削減できるというのが、電力会社側にも、企業側にもメリットのある制度なのでしょうね。

ワタシはホントに小口も小口なので、わざわざコスト削減できるような利用額ではないのですが、せっかくの機会なので、単純な興味本位で東京電力からどこかに変えてみたいと思っていました。

何か不都合が発生したらまた東京電力に戻せばいいんだし。

普段の電力消費状況は、東京電力のでんき家計簿で参照することができます。

新電力会社の料金体系は各社まちまちで、参考に試算できるサイトが、エネチェンジとか、新電力比較サイトとかあるようです。

これらを含めていくつか試算してみましたが、

  • やるたびに結果が異なる
  • 自分の利用状態が「でんき家計簿」によるせいぜい2カ年程度のデータではよくわからない。暖冬とか猛暑とかによっても違ってくるし。
ということで、定量的に格安というのは判断つかないとあきらめました。

スマートフォンの格安SIMみたく、爆発的に確実に安くなるようなことは全く無いです。

とにかく元々のワタシの払ってる電気料金がショボいので、コストダウン云々は無理。

電気・ガス・水道といったライフラインは、やっぱり全家庭にサービス提供するし、安定的に供給するし、ゆえに緊急事態の対応も重要かと思い、元々、そういうサービスを提供している実績があるということで、

東京ガス

に決めました。

つい最近のニュースで、公的機関に電力を供給してきた「日本ロジテック協同組合」がいきなり4月からの事業撤退を表明して混乱になっているニュースもあり、ある程度の企業体力がないと、電力会社なんぞやってられない的なことがあるんだなと思いました。

そういうことで、ライフラインを提供している現在進行形の東京ガスが他の新業者よりも一日の長があるのではないかと推測したせいもあります。

東京ガスに次ぐ次点は、東急でした。
電車運行で大量の電気を扱っている点と、電車の障害トラブル復旧で培った危機管理ノウハウが長けているのかなと。
でもライフラインほどの広範囲な顧客を相手にするとなると未知の領域だろうなと考えました。

<結論>
別に変えなくてもいいものを興味本位で変えてみただけ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。