広告

2016年2月28日日曜日

マイナンバーカードを受領しました!


マイナンバー通知書が届いた直後にWebから写真画像もUPして日時予約して、さきほど、品川区役所でマイナンバーカードを受領してきました。

持参したのは、
  • マイナンバー通知カード
  • 日時予約した後に後日郵便で届いたマイナンバー交付申込書
  • 住基カード
  • 本人確認書類(ワタシは運転免許証を持参しました)
4つ暗証番号を決めてくるように当初は言われます。
  1. 確定申告e-TAXの電子証明書利用のための番号(英数字混じりの6〜16桁)
  2. 「マイポータルサイト」やコンビニでの住民票取得のための番号(数字4桁)
  3. 区役所窓口での転出入や券面更新のための番号(数字4桁)
  4. 会社等で氏名・住所・生年月日・性別を自動セットする際の番号(数字4桁)
ということで、がんばって工夫して出かけていったんですが、

「3つも使い分けるなんて面倒ですからね」
「3つとも同じ番号が許されてるみたいなんですよ」

と言われて、上記2〜4は、ひとつの数字4桁でいいということに。
入力する画面さえ、上記1ともうひとつ数字4桁を入力する欄の2つしかありませんでした。

だったら、最初から2〜4は、ひとつの数字4桁でいいじゃん!

わざわざ出かけてわかったことは、
  • 行政サイト「マイポータル」が開設される。(平成29年1月頃)
  • 品川区でもコンビニで住民票取得がやっと可能になる。(平成28年9月頃)
ということでした。特に行政サイト「マイポータル」の機能としては。。。
  • 年金など、各種社会保険料の支払状況の参照
  • 行政機関が自分の個人情報へアクセスした履歴の参照
  • 制度改定などのお知らせ参照
  • 受け取ることのできる各種給付の案内の参照
が可能になるということで、特に、

「受け取ることのできる各種給付の案内の参照」

に関しては期待です。

住所と年齢、性別、会社の勤務情報、銀行、証券会社とかが全部繋がるわけですから、プライバシー情報一元化管理による漏洩リスクよりも、一元管理による自分が利用できる行政サービスがわかるようになれば、とても便利になると思います。

さらに、将来的には、
  • 予防接種などの履歴、確定申告に必要な情報などを取得できるようになる
  • 引っ越しなどの一度に複数の届け出が必要な場合、パソコンからまとめて届け出ができるようになる
とのことです。

個人的には、震災で一度にいろんな身分証明書とか保険証とか書類とかを紛失する可能性もありますから、マイナンバーで、
  • 健康保険情報とかその利用状況
  • 医療機関の診察カードや診療履歴と電子化されたカルテの内容
  • 薬剤の処方履歴とか現在の服薬してる薬の情報
  • クレジットカードの番号とか購買履歴
あたりも参照できるようにして、名前とか本籍とか生年月日とかを伝えて本人確認できれば、失った重要書類や情報が復旧できるようになればいいですね。

リスクやプライバシーを気にしすぎて中途半端な機能にとどまるよりも、リスクと引き換えに、思い切った履歴管理をして欲しいと思います。

北欧の先進事例をよく調べて真似るだけで充分だと思いますが。

マイナンバーカードのビニールケースは、表面の性別と裏面のマイナンバーが隠れるようになっており、ビニールケースに入れておけば、写真と住所と生年月日だけの本人確認書類として利用することができます。

<結論>
反対論よりも、推進する方法、徹底した利活用方法を考えて実現して欲しい。

<関連ブログ記事>
ネット証券にマイナンバーを登録しました。

マイナンバー導入に伴う休眠口座の解約をします

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。