広告

2016年2月21日日曜日

シャープ再建、台湾リードの速報について思うこと。


今回は資産運用とは少し距離を置いた話。

先日の会社の昼休み、職場の同僚が見てたスマートフォンのテレビに速報が流れました。

シャープ再建、台湾(ホンハイ社)リードとのこと。

以前、NHKの骨太ドラマで、日本のエレクトロニクス関連の企業が傾いてリストラに走った結果、リストラされたエンジニアが中国企業に雇われて、ことごとく最新技術情報が流出してしまったというのがありました。

今朝はこんなツィートがありました。
日本のお家芸の家電や半導体事業を守る、日本のことを憂うならば、消費者としてできることは、格安の新興国の家電製品を買うよりも、それよりも少し割高になってでも日本製を買うことくらいが応援になりましょうか。

ワタシは、テレビはシャープAQUOS。世界の亀山モデルというやつです。

掃除機や布団乾燥機や乾電池はPanasonicを使っています。

二台あるエアコンは三菱電機。

スマホは、シャープAQUOSとSONYのXPERIAです。

長く続いた円高とデフレで、すっかり国内のお家芸が元気を失ってしまいましたが、日本のことを憂うならば、身近なことでささやかながら応援する方法もあるかと。

<結論>
国際分散投資で資産運用して老後に備えるとはいえ、日本に暮らし、円で生活する以上、日本の国力維持も将来の老後を左右する重大事項だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。