広告

2015年11月30日月曜日

セゾン投信を取り巻く同士討ち包囲網?!

今日(2015年11月30日)付けの日経電子版記事(有料会員限定)にて、

マネックスとクレディセゾン、ラップ口座で新会社 ネット通じ低コストで

という記事がUPされていました。

ネット証券であるマネックス証券が、ラップ口座とは、どうやってやるのかよくわかりませんが、ネットを通じて運用相談に乗るとのこと。

この会社には、バンガード・インベストメンツ・ジャパンも一部出資とのこと。

クレディセゾンは、セゾン投信の大株主ですし、バンガード・インベストメンツ・ジャパンもセゾン投信と堅い連携関係にあります。

直販にこだわるセゾン投信が、今回のこのラップ口座のスキームで販売されるとは思えず(販売会社がマネックス証券になり、販売会社分の信託報酬はマネックス証券がもらう公算が高いと思われる)。

となると、クレディセゾンとバンガード・インベストメンツ・ジャパンがセゾン投信以外の投資信託を販売しようということかと。

セゾン投信というと、2014年9月に日本郵政から40%出資を受ける発表して今年4月からクレディセゾンの100%子会社というスキームを脱却したばかり。郵便事業と業務連携という謎の提携関係でしたが、その日本郵政が、ゆうちょ銀行・日本郵便とともに野村證券等と新会社を設立。
(出典:http://www.sbbit.jp/article/cont1/29992)

ということで、郵便局で、ゆうちょ・郵便の窓口で積極的に販売してもらえるとも思えず、全くもってわからない状況になっています。

セゾン投信が、もはや、これくらいで折れるような小さい規模でなくなっているのは幸いですが、でも、逆風なカンジ。

いろんな思惑が絡んで大変ですね。

【結論】

でもがんばれ。セゾン投信!


<参考過去ブログ記事>

2015年11月27日金曜日

個人型確定拠出年金から、厚生年金あり確定拠出年金なしの企業に移籍する場合の手続き


訳あって、就職しました。というか会社に入社することになりました。
ということで、以前、日経電子版に掲載されていたこの図においては、ワタシの変遷を示しますと。。。

1. 第二号被保険者 国民年金+厚生年金+企業型確定拠出年金(会社+マッチング)

2. 第一号被保険者 国民年金+個人型確定拠出年金

3. 第二号被保険者 国民年金+厚生年金+厚生年金基金

ということで、確定拠出年金制度の無い会社に入社します。

よって、企業型から個人型に移管して個人で毎月拠出して積み立てていた確定拠出年金は、積立することができず、単に今ある残高を、どの金融商品で運用するかを預け替え指示するだけになります。

事務手続きは、野村證券のコールセンターに事情を話して書類を送ってもらい、

  • 個人型確定拠出年金加入資格喪失届
  • 厚生年金加入証明の書類 ※入社する会社に書いてもらう
  • 添付書類 厚生年金証明書のコピー
の3点を野村に送り返すだけです。


図にある通り、早ければ再来年に、どの区分でも個人型確定拠出年金の権利が生まれますので、まぁそれ待ちです。

【結論】

自分が、どの区分に属しているのか、常に把握していること。

そして関連するニュースに敏感になること。


<過去参考ブログ記事>

確定拠出年金を利用しよう!


確定拠出年金の企業型から個人型への移行方法




安価な信託報酬で大丈夫なのか?ニッセイ社!


先日、ニッセイ社が戦いの火蓋を切った(ように見える)インデックス投資信託の信託報酬の低廉化戦争に対する懸念をブログ記事にしました。

巨大な米国バンガード社のETFに比肩するくらいのニッセイ社などが提示した信託報酬の低さ。
(出典:ニッセイ社インデックスシリーズのサイトより抜粋)

総資産額で、ざっと合計して、390億2600万円。

そして、一番資産額の大きい<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬は、年額0.2592%。

すると、年間1億100万円の信託報酬。これはニッセイの取り分でなく、販売会社・委託会社・受託会社の合計です。この中から委託会社(運用会社)であるニッセイの取り分は、年率0.105%ですから、4097万円!年間でそれがニッセイ社の取り分です。

みんながついつい比較対象にしてしまう米国バンガード社の沿革です。
(出典:バンガードジャパンサイトより抜粋)

運用総資産3.3兆米ドル。

とりあえず凄すぎるので、バンガードETFの最小信託報酬(正確にはエクスペンスレシオという名で厳密には信託報酬と全くイコールではありませんがこの際大した問題ではないので無視します)で年率0.09%。

運用資産総額に対して最低年率0.09%の信託報酬を積算し日本円(1ドル122円)で換算すると3564億円。

う〜ん。まさに桁違い、というよりも形容詞がありません。アリと像みたいなカンジ。

去年9月に、インデックスシリーズ全体で1000億円超えた三井トラストアセットマネジメント社のSMTシリーズのマザーファンドの総運用資産額が、9953億円。

これをニッセイ社然とした信託報酬の運用会社の取り分である年率0.105%で計算すると、
10億円。

日本って、こんなにインデックスファンドが乱立してて、米国バンガード社並のビッグビジネスに育つんでしょうか?

薄利多売の規模が違いすぎるんですが、とてつもない差です。

【結論】

ニッセイ、つぶれるな!


<参考過去ブログ記事>

ベビーファンドで1000億円超えたSMTインデックスシリーズのマザーファンドって一体どれくらいの規模なのか?


インデックス・ファンドの低廉化競争勃発?に伴う懸念


2015年11月22日日曜日

犬を飼っていました


犬を飼っていました。

チベット産のシーズー犬。よくマルチーズ−と間違えられました。
まだ35万画素のデジカメしか持ってなかった頃に飼ってたので、いい写真があまり残っていません。

今でも、近所のペットショップを通りかかるとどんな子がいるか覗いてしまいます。

みんな幸せになるんだぞ!と思ってもそうはいかないもの。
せめて、買ってもらった子には幸せになって欲しいものです。

老後のお供に、とか、一人っ子の子供の兄弟かわりに、とかお考えの方々に参考になればいいなということを書きます。

【まず揃える】

  • 飲水のお皿 ※犬にミネラルウォーターは禁忌です
  • ドッグフードとドッグフードのお皿
  • お口のまわりを拭いてあげるタオル
  • ドッグフード
  • おしっこ・うんちマット
  • ムダ毛を除去するブラシ
  • 首輪とリード(お散歩に連れて行くつなです。)※首輪のリングには、保健所登録証(鑑札)をつけてお迷子対策にしましょう
  • ビニールとティッシュ※散歩中のうんち処理用
  • ペットボトル※散歩中のおしっこ処理用
  • 赤ちゃんのお尻拭き ※うんちをした時にお尻を拭くのに重宝です
【いろんな出費】
  • トリミング費用 ※美容院のシャンプー・カット代と健康管理です
  • 諸々の予防注射
  • 病気の時の治療費と薬代
ペット保険がどこまで適用できるのかはわかりませんが、とにかくお金がかかります。
でもひたすらかわいいので、今でも、近所の犬が通りかかるたびに、わしゃわしゃ遊んでいます。

とにかく散歩は、たくさん連れて行ってあげてください。

他所の子とのスキンシップは社交的な明るい子に育ちます。

少しでもかわいい天使たちが、みなさんのご家庭に降り立ちますように♪


2015年11月16日月曜日

自分の健康への投資

立冬を過ぎて、寒くなったり、今日みたく小春日和だったり、体調を崩しやすくなってきましたね。

電車の中でも咳込んでる人が目立ち始めました。

ツィッターとかでも体調不良を押して仕事してる云々というつぶやきが。。お大事に。

資産形成に向けて、収入・節約・資産運用の3本柱が肝要と提唱してきましたが、健康も大事な資産です。

ワタシの健康に対する投資を挙げてみます。

1.フィットネスクラブ
とにかくプールで泳ぎまくって、人工温泉とジャグジーに浸かると。
疲れきってしまってる時は、手足伸ばして入浴できるだけでも充分。
ほぼ毎日行ってます。

2.青汁
外食オンリーなので、偏食対策に毎朝飲んでます。
毎月届くので毎日ちゃんと飲まないと、通信教育サボったみたいになってしまいます。 

3.養命酒
ファイト一発系の栄養ドリンクを飲むと眠れなくなってしまうので、ワタシは養命酒にしています。
朝の食前。帰宅時。就寝前。の1日3回。
これも、積立投資と同じく、コツコツと体質改善していければと思っています。
一瓶で半月分くらいですね。いつも1本余分に常備しています。

4.足つぼボード
足のウラは、内蔵などに繋がるツボが集中しているとされており、つぼを押して軽くアザになるくらい傷めつけることにより、白血球が集まってきて、尿素や毒素などを老廃物にして流してくれるという新陳代謝促進効果があるそうです。
朝と帰宅後、ニュースを見ながら乗るというくらい。
日によって痛くなかったり、痛い箇所が変わります。
足のウラを鍛えておくと風邪ひかなくなると、あるタレントさんがテレビで言ってたのできっかけでつづけています。

5.健康サンダル
これも足ウラのつぼ刺激関係ですが、天然石を配置した健康サンダル。
足つぼボードは樹脂でやわらかいけど痛いですが、これは石なのでマジ痛いです。
近所のコンビニに買い物に出かける時に履いてます。
まだこれ履いてジムに行けるほど慣れてないですね。
辛うじて行けるかも知れないけど、帰ってこれないかも知れないから。
いずれ、これ履いてジムまで行ければと思います。

ワタシは、酒も滅多に飲みませんし、タバコも止めたので、まぁ、これくらいの出費は許容範囲かなと。

これで、医療系は、
  • 毎年の健康診断
  • 半年に一度の歯科検診(クリーニング含む)
  • 毎年一度の眼科検診
  • 毎年のインフルエンザ予防接種
あたりですかね。

まぁ役に立ってると思います。

寒くなりますが、元気に乗り切っていきましょう!

2015年11月14日土曜日

2015.11.13パリ大規模テロについて


【序 起きてしまった不測の事態】
2015.11.13 パリで大規模テロが起きてしまいました。

無差別大量殺人。まったく落ち度のない人たちが殺されて、無念だったことでしょう。

アメリカのオバマ大統領はもちろんのこととして、今回はロシアのプーチン大統領や中国の習近平主席までが、早々に最大限の憤慨と断固たる対応を表明しました。

とくにオバマ大統領は、「これはフランス一国に対してでなく、全人類に対するテロだ」とこれ以上ない弾劾に近い声明を出しました。

【1.機能しなかった日本の報道】
残念だったのは、日本の報道各局が、既存のニュース枠の中のひとつのニュースとしてしか扱わなかったことです。

アメリカの9.11や、日本の3.11は朝から晩までずっと、報道を続けたと記憶しています。

それ級の事件だったし、視聴率が取れる取れないとか関係なく、人類として人道上の大事件として、報道して欲しかったし、繰り返しでもいいから、その時点時点で収集できてる事実だけを淡々と伝えるだけでよく、別に解説や論評なんて準備しなくて良かったはず。

国会中継は、目を背けたくなる茶番劇を淡々と中継するくせに、何で今回、親交の深い国で起きた大惨事を中継してくれなかったか。

デジタル放送になって、NHK総合はサブチャンネルがあるわけだから、こういう時に活用しないでいつ使うんだ、という気がしました。
別に、野球中継の延長を見せるためだけに割り当てられたチャネルじゃないはずです。

別にニュースや対談番組を演出するために、要らない論評を加えるニュースステーションの古舘伊知郎氏や、朝まで生テレビで、物知り顔に物知らなそうな若い女子アナにトンチンカンな論点を解いて聞かせている渡辺宜嗣氏などのような茶番な役割は要りません。

とにかく外務省公館と連携して現地の情報を集め、時には各局で情報交換して、とにかく何が起きているのかを淡々と報道して欲しかった。


【2.今こそ集団的自衛権についての論じる機会。生かせない野党】

今日、民主党関連のニュースは、維新と絡めて党を分割するか否か。。だけ。
今回のテロで、米中露の大国のトップが断固、テロに屈しない対抗する姿勢を打ち出す中で、集団的自衛権に反対していた連中は、コトの意味をわかっているのか。

こういう時に、武力でなく、外交交渉の話し合いで全てを解決できるはずと無責任なことを言う社民党・共産党は、決まって声明を出さない。

犯行テロ集団もまだ本格的に確定しない中、どうやって交渉するというのか。

また米中露の大国が憤慨していることに対して、背を向けて憲法9条などとほざいて国際協調が維持できるのか?

野党は、今こそ、自分たちが反対してきたことに基づいて今回どう対応すべきなのかを
声明あげない限り、無責任もいいところだ。


【3.我々国民ができる自衛手段は?】

外務省の海外安全ホームページにて、最新情報がUPされています。

このページは意外に知られておらず、ことあるごとに紹介するわけなんですけれど、ワタシも官公庁をお客様に仕事するまで知りませんでした。

実は、マジで危険な地域に関しても渡航禁止とは書いていません。

なぜならば、憲法で海外渡航の自由が規定されていて、それを侵さないための配慮です。

渡航禁止でない=渡航していい、というのは誠に身勝手な考え方で、権利や自由を行使することと、命を粗末にすることは別です。

また原理原則論と、実際の話は別で、実際問題として、渡航禁止に限りなく近い表現と思われるものは、自己責任の範囲で撤退するという自己判断に頼らざるを得ないというのが行政側の苦しい立場です。

法律で規定されていないことは何でもやっていいのか、ということと同様、危険を冒す権利を行使することと、国民の安全を保証する国の義務は、あるべき論であり、こうした行政からの発信をキャッチして冷静な判断をするというのが、我々にできることではないでしょうか?

知った顔して、天賦人権説を振りかざして、やりたい放題危険を冒して、やばくなったら国が救う義務があるなどという極論を振りかざすのであれば、国民全員がそう行動したら一体、誰が救ってくれる義務を遂行してくれるのか、ということを考えれば相当馬鹿でも理解できると思います。

自由と権利の誤った行使の仕方をして国に責任を押し付けるから、規制というカタチで自由が失われていくのです。自分で自分のクビを締める行為ですね。因果応報ということです。

今回、人間とは思えないテロリストによる殺戮で無念の命を落とした方々にご冥福をお祈りいたします。

どんな宗教の神であっても、こんな理不尽な殺戮を認めているはずがないのです。

とにかくテロ集団に人類からの鉄槌が下され、テロ集団が撲滅されますように祈るばかりです。



【結論】

いろいろ言いたいことはあるものの、ちょうど、イギリス滞在中のタレントのざわちんが、絞りだすようにツイートしています。
本当にその通りだと思います。生きてることに感謝し、大事に生きたい。

死ななくて良かった罪のない人々のことも追悼しつつ、人生を大事に生きたい。

ということが一般的にできそうなことではないでしょうか。

オススメの投資記事〜onさん

システム構築プロジェクトとか建築などの工程管理とかに使うソフトでvisioというものがあるんですが、それを使って、ご自分が今まで投資されてきた投資信託や個別株式の投資期間を時系列で可視化した画期的なブログ記事を紹介させていただきます。

ポートフォリオの達人で、二期連続で同じチームでお世話になっているonさんです。
(ちなみに我々のチーム「井上真央の花燃ゆ」は全体順位で4位と健闘中。onさんもチーム内2位でチーム順位を押し上げ中)

話戻って、onさんのブログ記事。

ブログ4周年 & ニッセイのインデックスファンドが、信託報酬を大幅引き下げ! 記念 私の投信保有履歴


これは分かりやすい。

ワタシも真似して作りたいと思いましたが、ここまで正確に売買年月を覚えてません。

唯一、断言できるのは、ワタシはもっと恥ずかしい商品で回り道していますし、売買の姿が汚いです(T_T)

【結論】
どんな人でも、ポートフォリオや資産配分、投資商品選定が落ち着くまで紆余曲折を経る。経ていい。


<参考過去ブログ記事>

オススメの投資記事〜虫とり小僧さん


オススメの投資記事〜ローズマリーさん

インデックス・ファンドの低廉化競争勃発?に伴う懸念

ニッセイが運用会社のインデックス・ファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>シリーズで、3つのファンドが、来週土曜(2015年11月21日土曜日)に信託報酬を、激安だったのをさらに激安にすることになったそうです!というニュースが、投信ブロガーさんたちの間で駆け巡りました。

ニッセイの当該声明に関するPDFへのリンク
http://www.nam.co.jp/company/pdf/press/151112_press2.pdf

インデックス・ファンドは、コストが安ければ安いほど運用目標にしている指標(ベンチマークと言われています。国内だったらTOPIXとか日経225。日本を除く先進国だとMSCI−KOKUSAIとか。。)に近づけることができるため、コスト安の方が良いとされています。

ただ、いくつかのブロガーさんが懸念されている通り、きちんと指標(ベンチマーク)に沿った運用ができる運用品質が維持できるのか、とか、安くしすぎたあまり維持できなくて早期償還になりはしないか、とか、心配ごとは尽きません。

いくら安ければ安いにこしたことはないとはいえ、モノには相応の値段があり、安価にするには限界があるのも事実かと思います。

バンガードのETFの経費率がよく引き合いに出されますが、確かに激安。
https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/investment-products/funds.htm

今回のニッセイ社のインデックス・ファンドの信託報酬値下げは、これらのバンガードのETFの経費率に迫るものですが、果たして健全な値下げなのでしょうか?

バンガードは、巨大な規模を利用した徹底的な薄利多売で、日本の投資信託やETFとは、まさに桁違いの規模を有しています。

投資信託の損益分岐点の話ですと、セゾン投信が、800億円〜900億円の規模でようやく黒字化するかしないか、というところで日本郵便に資本参加してもらったという話が思い浮かびます。

投資信託を黒字化するって大変なんだなぁと、途方も無い話に感じたというのが正直なところです。

今回のニッセイ社のインデックス・ファンドの信託報酬値下げが、同社の他の投資信託の利益の取り崩しなど同社の中の先行投資によるものであるのなら、手放しでは歓迎できません。

ワタシも、安いものは安いに越したことはないことには異論はありませんが、でも、全ての投資信託の全ての受益者(投資家)にとって、それぞれの投資信託がそれぞれで採算が取れていることが健全な姿なのだと思います。

食い物のされている投資家がいたり、他方でおいしい思いをしている投資家がいたり、というのはあまり健全ではない。

それぞれ相応の対価を求める。でも受益者のためにコスト削減の努力は惜しまない。というのが健全な姿かと。

そうでないと、安いものにみんなが寄ってたかった結果、肝心の運用会社が倒れてしまうという本末転倒になりかねません。

まず価格には適正さが第一で、安さはその次かと。

今回のニッセイの件で思ったのは、「やればできるじゃん!」という話なのか、「ええかっこしいでやっぱり破綻したじゃん!」という話なのか。

前者であれば、他社にも頑張って欲しいですし、後者であれば、やめといて欲しいと思っています。

【結論】
いずれにせよ、どうなるか見守りたいと思います。

<参考過去ブログ>

バランスファンドを最安運用コストのインデックスファンドで組成した

※この時は、これらが最安のコストでした。

2015年11月7日土曜日

国内株式のインデックス指数と言えるのはTOPIXだけ


老舗ブロガーのkenzさんのエントリ「iSTOXX MUTB JAPAN クオリティ150インデックス JPX日経インデックス400との違い」にて、新たなインデックス指数ができたことを知りました。

結局、TOPIX以外は、日経225も、JPX日経400も、今回知ったJapanクオリティ150も、「選定」という恣意的な操作が加えられた銘柄で構成された指数であり、インデックスというよりも、アクティブファンドとの中間に位置するものではないかと思います。

TOPIXはゴミみたいな銘柄まで一緒くたに入っている、という見方もありますが、ワタシはむしろ、恣意的に入れ替えが行われる「選定」作業が入っているのが気になります。入れ替えに応じて、外される銘柄は事前に公開されるゆえに市場では投げ売りされて値が下がったところを指数としては売却することになり、新規に指数に組み入れられる銘柄は、予め市場で買われて値が上がったところを指数としては買付することになると。

「選定」作業を経た精鋭銘柄だという見方もあるかも知れませんが、それならばアクティブファンドはもっとまともな運用になるはずで。

【結論】
インデックス投資として市場平均を狙うのであれば、国内についてはTOPIXが適切であるとワタシは思います。

2015年11月4日水曜日

カードローン、リボ払いは使ってはなりません。


今朝の日経電子版の記事(有料会員限定)に、

家計に忍び寄る 銀行のカードローンで借金地獄

というのがありました。

カードローン、いろいろ宣伝されていますが、金利が高すぎます。

借りるくらいの経済状態の人には到底返せないような金利になっています。

記事によると、借りれば借りるほど、借りれる上限が上がるようになっていて、泥沼にハマる人が増えているとのこと。

「いったんお金を借りると、意外とあっという間に悪循環にはまってしまうことを実感しました」

と記事にある通りなんだと思います。借りる罪悪感が麻痺してしまうというか、支出のタガが外れると、なかなか元の感覚には戻りません。

支出の悪癖を戻す苦労よりは、節約してカードローン使わずに済むようにガマンする方が楽だと思います。

カンタンにローンで借りてしまう人は、節約して返済するガマンができなくなってしまいます。

金銭感覚は、一旦崩れると元には戻りません。

【結論】
カードローン、リボ払いは一切使わないこと。

使わずに済むガマンをする方が返済する苦労より楽であること。



<過去ブログ記事>

金利の目安


2015年11月1日日曜日

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」投票しました!

投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤー2015の投票が始まりました。

ワタシも投票しました。

去年の結果は、ここです。

投票期間は今月末まで。

結果発表は、新年の1月9日だそうです。

ワタシが投票したのは、ワタシが投資しているメインの
世界経済インデックスファンド
です。

持ってる5票全て投じました。

【結論】
投信ブロガーが選ぶファンドを参考にするのもひとつの方法です♪