広告

2015年11月4日水曜日

カードローン、リボ払いは使ってはなりません。


今朝の日経電子版の記事(有料会員限定)に、

家計に忍び寄る 銀行のカードローンで借金地獄

というのがありました。

カードローン、いろいろ宣伝されていますが、金利が高すぎます。

借りるくらいの経済状態の人には到底返せないような金利になっています。

記事によると、借りれば借りるほど、借りれる上限が上がるようになっていて、泥沼にハマる人が増えているとのこと。

「いったんお金を借りると、意外とあっという間に悪循環にはまってしまうことを実感しました」

と記事にある通りなんだと思います。借りる罪悪感が麻痺してしまうというか、支出のタガが外れると、なかなか元の感覚には戻りません。

支出の悪癖を戻す苦労よりは、節約してカードローン使わずに済むようにガマンする方が楽だと思います。

カンタンにローンで借りてしまう人は、節約して返済するガマンができなくなってしまいます。

金銭感覚は、一旦崩れると元には戻りません。

【結論】
カードローン、リボ払いは一切使わないこと。

使わずに済むガマンをする方が返済する苦労より楽であること。



<過去ブログ記事>

金利の目安


4 件のコメント:

  1. いっさん

    同感です。
    ご存知かもしれませんが、リボ払いにしてもいい??場合かなと思い紹介させてください。
    リボにするとカード会社によっていろな特典があります。私の場合は年会費割引です。ポイント倍とか会社によっていろいろありますね。

    リボ払いの支払額を上限の200万円にしているので実際は1回払いになっているので金利発生はしません。

    請求額が200万円を超えた時はリボになりますが、まぁ超えないですから。

    以上、紹介でした。いつも楽しみにしてます。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      なるほど。金利がかからないように、リボ払いの特典だけ利用できちゃう方法があるんですね。
      知りませんでした。
      ご教示ありがとうございます。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
  2. >使わずに済むガマンをする方が返済する苦労より楽であること。
    本質をついたお言葉ですね。この言葉を思い出して節約を心がけます。

    返信削除
    返信
    1. 高武さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      使わないガマンできない人が、返済するためのガマンができる道理がないんですよね。それで泥沼化していくんだと思います。カードローンやリボ払いしてまで買うものは、日用品や食料品のような生活必需品でなく、ぜいたく品であるのも傾向です。体面やプライドを気にし始めるとますます引っ込みがつかなくなるという泥沼にハマることになりますよね。
      分相応に、一括で買えないものは買わない。一括で買えるまで貯めるという姿勢が肝要かと。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。