広告

2015年10月11日日曜日

Web記事「老後貧乏から下流老人に転落する分かれ目はどこか」を読んで

大江英樹さんの株式会社オフィス・リベルタスのフェイスブックページで紹介されていたファイナンシャル・プランナー深田晶恵さんのWeb記事です。(どなたでも読める記事です)

老後貧乏から下流老人に転落する分かれ目はどこか

ワタシも読者の皆さんも、老後が心配で、収入・節約・資産運用の3つの柱を中心に資産形成に取り組んでいるわけですが、ホントにこの手の記事は、敏感に目を通すようにしたいですし、ブログを通じて皆さんとも共有したいですし、他のブロガーさんからも学ばせていただく機会がとても多いものですよね。

この記事によると、
  1. 制度を知る、利用する力が「ない」
  2. 少し先を想像する力が「ない」
という2つの「ない」によって「下流老人」という貧困状態に陥る可能性が高くなってしまうと(T_T)

社会保障制度、福祉制度の多くは「申請主義」で自ら引き金を引かないと恩恵を受けられない。
とにかく、困ったら役所に出向いて相談、ということが必要です。

この記事によると、この「困ったら役所に出向いて相談」ってゆうことができない。

ワタシも恥ずかしながら、前職を退職してからお役所に行って自分の年金がどうなってるのかとか、何を申請しなきゃあいけないとか、どこに何を手続きしなきゃいけないのとか、初めて知ることばかりだったのと、役所って親切だな、と驚きました。

この記事によると、「『制度を知る・利用する力』は、70代や80代になって身に付けるのでは遅い。現役のうちから練習しておくことが必要だ」と。

まさにその通りです。資産運用もそうですけど、定年迎えてから資産運用というのは、情報収集面からしても、元本保証の世界から外れることへの慣れといったリスク耐性からしても、あらゆる面でなかなか難しいものです。

特にワタシのように独身ですと、現役世代の自分の子たちに相談できないですしね。

あと、この記事で、必要と書かれているのは、「割り算」と「掛け算」。この2点については、是非、記事を読んで見てください。

この記事で元になっている参考図書を挙げておきます。

・「下流老人」(藤田孝典著・朝日新書)
・「老後破産~長寿という悪夢」(NHKスペシャル取材班・新潮社)

また、ワタシがいいなと思って買った本も紹介しときます。(キンドル版です)

知らないと損をする 国からもらえるお金の本 (角川SSC新書) [Kindle版]
<オマケ>
老後は、こういうカッコイイ美女とツーリングしたい。。。
<参考ブログ記事>






4 件のコメント:

  1. 義母を扶養家族に出来る事を長年知りませんでしたが、これは痛かった。今も何かあるかもしれません。小規模企業共済も知らなかった時期がありました。これからはマイナンバーなら教えてくれんとアカンと思いますね。

    返信削除
    返信
    1. たんちんさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      小規模企業共済、大きいですよね〜。
      お役所に相談とはいえ、「ワタシの状況で適用できる行政サービスを全部教えて下さい」と質問して回答得られれば楽なんですが、ホントに取っ掛かりとか手掛かりが無いことには相談さえできないですよね。
      おっしゃる通りですね。マイナンバーで裸になるのであれば、その分、機械的に該当する行政サービスをヒットできてもいいようなものですね。全く同感です。
      参考になるコメントありがとうございます。
      是非、またコメント下さいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
  2. いっさん、こんばんは。
    私もこの記事、読みました。うちも知らないばかりにいろいろもらえなかったりしたので、反省しました。亡き母のときも、もっと早く行政に相談すればよかったということもありました。なかなか、わからないんですよね。アンテナを張って、こういう記事を読んだり、本や新聞を読んだりって、大切ですね

    返信削除
    返信
    1. momokoさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      そうですね。相続の話とか一生にそう何度もないような、しかもせっかく勉強しといても制度仕組みがどんどん変わっていくようなものとどうやって対峙していけばいいのか。ホントに大変です。
      日経電子版のある記事で、最近は税理士を語る詐欺とか、税理士が名義貸ししちゃってて資格剥奪されたり、という税理士に関するトラブルが増えているようです。
      公的サービスや、自分に権利があるのに行使していない補助金や控除など、ホントに自助努力で補っていかねばなりませんね。
      ワタシも、おっしゃる通り、「アンテナを張って、こういう記事をよんだり、本や新聞を読んだりって大切ですね」ですね。
      ワタシは独身なので、ホントに自分がしっかりしているうちにいろいろ調べておかないとと思いました。
      コメントありがとうございます。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。