広告

2015年10月18日日曜日

されど新興国

今朝の日経電子版に新興国景気についての記事が掲載されていました。

陰る新興国マネー吸引力 投融資、27年ぶり流出超へ (有料会員限定記事)


四半世紀ぶりに、新興国への資本の流出が流入を上回る見通しとなったそうで。

これまで新興国は世界の成長センターとして、日米欧などから幅広いマネーを誘引することで高成長を続けてきた。00年代半ばの国内総生産(GDP)成長率は7~8%(国際通貨基金調べ)に達し、特に08年のリーマン・ショック後は中国を筆頭に先進国の減速を補う役目を果たした。
。。。とはいえ、新興国の外貨準備高は過去15年で11倍に増えた。企業の借り入れも期間の長い融資比率が増え安定性が増しており、通貨危機には至らないとの見方が多い。

ということで。

まぁ、長期的にIMFによる世界経済成長は年3%〜4%ということでゆるりと上がっていくということで、新興国の人口増による需要増や生産力の向上など、長い目で見れば、世界全体を持ち上げていく成長力の原動力になってくれるものと私は信じています。

投資ブロガーのじゅん@さんが、バランスファンド リターン・リスク比較まとめ(2015年10月版)ということで、バランスファンドのパフォーマンスをわかりやすく比較表でまとめてくださっています。

私が投資する世界経済インデックスファンドは、ここ一年でマイナスですが新興国の比率が大きいことによる影響ですね。

これこそ割安で買い続けている甲斐があるというもの、と私は捉えました。

【まとめ】
新興国は、孫を育てるような長い目線で、優しく見守っていきましょう!

<参考ブログ記事>





4 件のコメント:

  1. いっさんはじめまして(*^^*)

    投資信託初心者です

    いろんなバランスファンドを比べてますが、世界経済インデックスファンドはなぜマイナスなのかわかりませんでした

    理由がわかってちょっとスッキリしました(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. Unknownさん、こんにちは。
      コメント書き込みありがとうございます。
      投資信託初心者、大歓迎っす!!
      そうですよね。
      同じバランスファンドでも微妙にコンセプトも資産比率もパフォーマンスも異なってきますね。
      株価は、GDP値までは上がるはずという考え方があって、その株価の時価の比率で組んであるのがセゾンバンガードグローバルバランスファンドで、世界経済インデックスファンドはGDP値の比率を参考に組まれています。よって、新興国市場の比率が多めになっていて、新興国好きな私は、世界経済インデックスファンドをコアにしています。
      まぁいろいろありますから好みに合わせて選びたいですね。
      当然、個別のインデックスファンドをバラで買って自分好みの比率で組むのもアリですから。
      もしくは、好みに近いバランスファンドを選んで、個別のインデックスファンドで比率を自分好みに調整するとか。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくお願い申し上げます。

      削除
  2. いっさん、丁寧に返信ありがとうございます(*^^*)

    理論派じゃないので、なんだかよくわからないまま投資信託をはじめてますσ(^_^;)

    インデックスファンドの積立が自分には合ってるかなと思ってますが、詳しいことはまだ全然わからず。。

    なので、いっさんが何気なく書いてることとか、とっても勉強になります

    これからも楽しみにしています(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. ひだまりさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      ワタシも正直、理論派とは言えないです(T_T)
      でもインデックスファンドが結局、信託報酬が安くて、長い目で見ると、アクティブファンドはインデックスに勝ち続けられないし、相場に合わせて上下するのは一緒だということで、コスト分、インデックスファンドが有利と見ます。
      まぁ、ワタシはアクティブファンド(ひふみ投信、鎌倉投信)も積み立ててますけどね。せいぜいその2つ以外のアクティブファンドはオススメできません。
      少しずつ勉強していきましょう。いろんなブログとか見たりして。
      またコメント下さいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。