広告

2015年9月16日水曜日

今夜だけ暴れる茶番(安保関連法案の採決)

安保関連法案が可決される晩のブログ記事になります。

政治と投資は関連がないと言う人もおられるかも知れませんが、経済政策も政治判断ですし、いろいろなことが政治で決まり、国の方向性が決まります。

投資家としても、国民としても、政治の行方をシビアに見守るのは当然のことと思っています。

いろんな意見があると思いますし、あって然るべきだと思っていますが、ワタシは、安保関連法案に賛成の立場です。

アメリカだって自他ともに認める「世界の警察官」だった頃の影響力も発言力も薄れてきています。

反日感情ムキ出しの中国は、アメリカの国債をたくさん買ってる債権国です。

中国は南下してASEAN諸国の領海に勝手に戦闘機が離発着できる滑走路を作ったりして敵対しています。

日米韓の連合だったはずの韓国は、中国の抗日運動に同調している。

ロシアは北方領土を返還する気配もないどころか、勝手に開発してこれもまた戦闘機が離発着できる滑走路を着々と作っている。

そんな中で同盟国で国際協調しながら、守ったり守られたりという信頼関係のもとに、敵国と戦力的均衡をもたらして平和を維持しないといけない時代になったのです。

自国だけ丸腰だったら、丸腰には手を出さないなんてゆう紳士的な国ではないことは自明の理です。
抗日を掲げて軍事パレードで示威行動する中国・ロシア・韓国。

一体、憲法9条を守ろうとしてるのか、国家を守ろうとしてるのか。

危うい国際情勢を理解しているのか。

そもそも、こんなに多くの人々が国を憂いてデモをする気概があるのなら、
  • 中国・韓国の抗日運動
  • 中国の尖閣諸島への出没
  • 中国の小笠原諸島でのサンゴ礁乱獲
  • 中国の東シナ海の勝手なガス田開発
  • ロシアの北方領土不法占拠
  • 学校の歴史教科書の内容に対する干渉
  • 歴史認識の歪曲と自虐史観の強制
  • 戦後補償は終わってるのにまだ補償金よこせという強欲
など数々の暴挙に対して、これくらいの勢いでデモして欲しいものだと思います。

野党も今回デモで暴れてる人々も、こうした中国・ロシア・韓国の暴挙にはおとなしくしてるくせに、今回の安保関連法案には、中国・ロシア・韓国と一緒になって猛反対している。

今回の自分たちがデモで暴れてるのでさえ辛うじて警察の力で抑えてるのであって、話し合いで抑えることができるわけない。

暴力的に主張をしているのは自分たちだという自覚があるのでしょうか。

ましてやイデオロギーも異なる国家間のことが話し合いで防御できたり均衡保ったりできると思ってるのか。

ワタシは有権者になって以来、毎回選挙の投票に行っていますが、
  • 選挙やっても国民全体が政治に無関心で投票率低い。
  • 野党が議席取れないのも民主党政権への失望
  • 各党がアベノミクスに対抗する経済政策が無策だった
から、こういう議席配分になっているのであって、これはこれで民意は反映されているのです。

民主主義を冒涜してるのは、そんなことを勝手に棚に上げて正義面してデモで暴れてる連中と野党。

民放では相変わらず、馬鹿馬鹿しいバラエティ番組が虚しく流れているばかり。

それなのに、政治家もデモの連中も、今夜だけ暴れるのは、茶番だ。

とワタシは思います。

「これは、団扇なのか、チラシなのか」程度の論点しかなかった野党にとっては、「戦争法案」と勝手に命名して大衆の不安を扇動して政権を攻撃できる機会に恵まれたといえる。

実在しない「戦争法案」なるものに勝手に悪い妄想を抱き、日本を取り巻く地政学リスクにも目を向けず、ただひたすら不戦を唱えていれば相手は日本に手出ししない、という感覚がよく分からない。

暴動を扇動したり、暴動に加わったりすることが、合憲で平和だというのか?それ以前に、国際情勢と、集団的自衛権の意味を勉強しろ。投票に行け。
国民への説明が足りないったって、あからさまに中国・ロシア・韓国からの軍事的脅威などと名指しできないわけだし、そんなの新聞とかニュースに触れていれば脅威に感じない方がどうかしている。

何でもかんでも、おかゆみたいに噛み砕いて説明されないと理解できないという民度の低さも大問題だ。

こんな調子でいたら、いざ集団的自衛権を行使する場合に、友軍の国の軍隊を助けるためにシビリアンコントロールで国会の承認を得てから行動開始、、、なんて言ってる間に友軍の国の軍隊は敵国にやられしまいますね。

侵略されて植民地になったことがない太平の世が永遠に続くものと勘違いした平和ボケもいい加減にしろと言いたいですね。

【結論】

6 件のコメント:

  1. いっさん
    こんばんは。ayumiです。いつも資産運用以外の記事にコメントつけて肩身が狭いです…が!いちいちごもっともで、思わずコメントを投稿してしまいました。
    こういうまっとうな記事が投資系のブログで上がってくると、とってもほっとしますし、励まされます。本当にありがとうございます。
    資産形成のほうは、何も考えず、何もせずに来た道はすでにかなり長いのですが、負債(奨学金)がかなり残ったまま貯蓄もない状態です。でも、少なくとも投資信託があるということに気づけたことに感謝しながら、コツコツ頑張ります。
    いつもありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. ayumiさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      読者の方からのコメントは嬉しいです。
      米ソの二大大国を中心とした資本主義諸国vs共産主義諸国という単純な構図だったのに対して、中国の台頭や中国への日本企業の進出、ロシアの日本北方への脅威と日本への資源供給、北朝鮮と中国、ロシアあたりの関係と朝鮮半島情勢、日米韓の三国連合のはずだったのが、韓国が中国・ロシアに擦り寄るような日和見な姿勢をとっていたり、中国が南下して東シナ海での海底ガス田を勝手に開発初めて日本を全く見くびっていたり、ロシアが北方領土を我がもの顔で開発している状況、中東情勢もISなど新勢力台頭で混乱はますます増し、日本にとってのホルムズ海峡の重要な原油輸送の導線が脅かされているだけでなく、中国の南下によって東シナ海周辺での原油輸送の導線さえ侵食されています。
      そして、中韓ロシアとも、抗日運動で国威発揚をはかり、日本を取り巻く環境は昔と段違いに複雑かつシビアになってきてしまいました。
      米国も、自国の国債の多くを中国に買ってもらっていて、実は中国にアタマが上がらない。そして米国の財政難と国内世論によって、自他ともに認めていた「世界の警察」としての地位はもはや形骸化しています。
      そんな中で、日本は、日米安保だけでなく、中国からの脅威を受けるASEAN諸国など敵の敵は味方だ的な考え方であろうが、とにかく同盟国を大事にして、お互いに持ちつ持たれつで、相手を守るし日本も守ってもらうような、国防のあり方も大きくパラダイムシフトが求められてきているわけです。
      今回の安保関連法案は、この前段で述べた国際情勢がどう変わってきて我が国にとって脅威がどう変化し複雑になってきているのか、ということについて認識合わせをすることが一点目の論点。そしてそれを踏まえて旧態依然とした日米安保のままでいいのかという国防のあり方を検討することが二点目の論点だったはずなんです。
      それなのに、野党はそれを全く理解しようとせず、相変わらず憲法9条=自衛隊違憲=戦争反対の一点張りの連呼しかなく、マスコミも戦争反対という幼稚なスローガンがまるで主要論点であるかのように報道し、それに扇動され不安を覚えた国民が戦争反対デモを繰り広げた。
      尖閣に毎日のように中国船が領海侵犯しているのにもかかわらず、沖縄では米軍不要論だったり基地移転反対で対案も出さないなど、とにかく自分たちのことや目先のことばかり。
      国際情勢がどうなっているのか、丁寧にニュースなどを見ていれば類推可能だというのに、判断力が鈍ってて、不勉強な日本人が、単に戦争反対、護憲という連呼に終始し、上記の2つの論点の意見交換や綿密な検証がおざなりになった結果、100時間も議論に費やしておきながら、最後まで戦争vs戦争反対、護憲という本来の議論とは違う対立軸のまま採決を迎えたと。こんな状態だったら、まだ検討が足りないなんて言ったって10000時間検討したって、対立軸は変わらないまま何も検討成果のないまま時間を浪費していたことでしょう。
      強行採決云々だって、野党は逆恨みしていますが、そもそも先の選挙でアベノミクスに代わる景気浮揚策を打ち出して政策論争するとか、全くすることなく、アベノミクス反対だの増税反対だの、野党自ら対立軸の設定を放棄したまま選挙で惨敗して今があるわけです。
      採決で決めるのは民主主義ですし、社民党や共産党がよく言う「少数派の意見がないがしろになっている」ったって、そんな少数派のためにいちいち税金を使って意見を吸い上げていたら国家は破綻します。
      社民党や共産党は、国防や外交のことは一切コメントしません。
      まるで鎖国して、弱者も含めて社会福祉に膨大な予算を費やして、富裕層や法人税を大増税して財源にするという一点張りです。
      でもそんなことをしたら、働き手の富裕層や、法人が海外に出て行ってしまうわけで、日本は破綻します。まったくそういう大きな構図が見えておらず、目先のことばかりで大衆迎合型の無責任なことばかり正義漢ヅラして連呼してるだけ。
      そして、このように何も役に立たない野党は、大詰めだの見せ場だのということで、不信任案など採決すれば結果が決まっているようなことで時間を浪費し、まるで自分たちが政府の戦争至上主義と戦っている正義の味方みたいにテレビに映るように暴れたりして茶番を繰り返している。
      これが日本なんです。
      ですから、国際分散投資を推奨して、日本のGDPが世界に占める割合はたったの7〜8%くらいですよ、ということで、世界経済インデックスファンドなどバランスファンドをうまく使って日本にあまり投資割合が偏ること無く世界全体に分散投資していきましょうと唱えている次第です。
      長くなりましたが、報道や野党の目先のまやかしに目を眩まされることなく、自分の目と耳で入ってきた情報を自分のアタマで考え、行動することが必要です。
      コメントありがとうございました。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧くださいますようよろしくお願いします。

      削除
  2. たびたび失礼します。ayumiです。
    いっさん!痛快です。わたしは経済には(にも?)疎く、経済的観点から現在の外交における日本の状況、特に国防に関しては大きな枠でしか理解していません。どちらかというと、教育の面からこれからの日本を見るうえで、この歴史観では日本がつぶれてしまうという危機感を持っています。でも結局、教育の面であろうが、経済的面であろうが、同様の危機が迫っているということがよくわかりました。同じ世界、日本という一国が持っている問題を多角的に見ることが必要ですね。とても勉強になりました。
    でも投資のブログを書いていて、こういう記事を書くのって結構勇気が要ることではないのでしょうか?あまり分けて考える必要もないのかもしれませんが、投資について書いてらっしゃる方のブログ、いっさん以外ほとんど見ませんがここまで突っ込んできちんと(まともな)ことを書いている方がおられないのは、保身のためなのか、分かっておられないからなのか、関係無いと思っているからなのか・・・どうなんでしょうね。
    せっかくなので、関係ないコメント欄で質問させていただいていいでしょうか?
    わたしたち夫婦はこの夏からひふみ投信、鎌倉投信(結い2101)を月1万円ずつ、再来月あたりからセゾン・グローバル・・を月5000円で積み立て始めました。この場合、日本株が圧倒的に多いわけですが、ポートフォリオを組みたいと思ったら、どのようにするものなのでしょうか。ネット証券で5000円ずつあちこち積み立てるのとは違い、直販の積み立てを始めてしまったのでバランスをとるにはどのようにするのが筋が通っているのかよくわかりません。志や理念に打たれ、先の3つに積み立てを決めたので、バランスを崩すからといって解約ネット証券への移行というのはあまりしたくありません。たとえばネット証券で内外の国債だけで一つ口座を作って積み立てる、というような形がいいのでしょうか。
    もし意味不明な質問(考え方)だったらすみません!

    返信削除
    返信
    1. ayumiさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      投資にしても何にしても、自分の必要とするような、さじ加減で情報が入ってくるとは限らないので、どんな時代にも、自分で考えるというのが必要じゃないでしょうか?
      戦争反対などと非常にわかりやすい不安の煽り方に踊らされて戦争法案などとレッテル貼ってしまって色眼鏡で見るのは本質を踏まえずに危ないことです。
      いじめ反対と唱えるだけで、いじめられてる子が救われないように、世の中理不尽です。子供の世界でさえ、無抵抗だとわかれば危ないことになるかも知れない。是非はともかく、あいつは怒らせたら怖いしケンカしたら強い、と思われたらカンタンに手出しされることはなくなるでしょう。
      社民党や共産党の言い分で考えると、ケンカはまかりならんから、いくらやられても自分からは絶対手をだすなという憲法9条が家訓だと言われても、ケンカに巻き込まれない保証は無いです。国際間のことになると領土問題は、漁業とかエネルギーとか海洋資源の獲り合いになりますし、輸出入の船舶航行や航空機の往来の妨げになります。争うべきではないなどと言っても、相手はそうは思ってない中で、どうするか。敵国であり貿易相手であり隣国であり、とケースに応じて日本と相手との関係は変化します。それを単に、一方的に平和を宣言しようとしても、難しい。世界平和を唱えて世界征服を目論んでいるテロ集団だっているわけですから。社民党や共産党が考えているほど国際問題は単純ではありません。そして時代に応じて情勢が変わるのも当たり前な話です。
      脱原発にしても、原発と引き換えに地場産業もなく税収もあがらない過疎の僻地が辛うじて住まうことが可能になっているにもかかわらず、過去の原発と引き換えに得た交付金や原発職員などが地元で使うお金で地元民が生活可能になり県政が辛うじて成り立っているのを棚に上げて、単に脱原発を唱える。原発なしに地元は生きていけるのでしょうかという側面が全くおざなりになっています。再生可能エネルギーに切り替えようったって、水力・風力・地熱発電は環境破壊に繋がりますし、水力は脱ダムって言ってたのがダムが必要になるとか、風力なんて巨大な扇風機なわけでとてつもない轟音で近所には住めないでしょう。地熱発電だって地元の温泉が枯れるかもしれない。
      野党の言ってることは無責任すぎます。
      沖縄もそう。基地負担の交付金や基地で働く人々が地元で使うお金で地元民は生活しているのに、危ないから反対。基地は要らないなどと言っている。
      いずれもひとつの側面しか見ていないから本質的なことを見誤っている。
      さて。ご質問にお応えします。
      ひふみ、鎌倉、セゾンと、直販は親身にセミナー開いてくれたり、良心的な投資信託で、ワタシも好感を持っています。
      気になるのは、おっしゃる通り、その3ファンドでその買い方だと日本株の比率が大きすぎます。
      セゾンひとつでも日本株に投資できますし、当面は、それで充分です。
      通常の2万5千円をセゾンで積み立てて、ボーナス月にだけひふみと鎌倉を買うとか、それくらいのバランスが国際分散投資としては、GDP比率的にも時価総額的にも日本の割合は丁度いい(全体の7〜8%くらい)ではないかと思います。
      でも、あえて日本株に傾注している方もおられるので、日本の割合を10%以下に抑えるのはあくまでワタシの私見です。
      そんなカンジかと思います。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくお願い申し上げます。

      削除
  3. いっさん
    ayumiです。お忙しいところ、たびたびありがとうございます。
    そうか!買う分量で調整すればいいのか…(超素人)。そう考えればいいのかと思ったら、安心しました。同じ2万5千円でも、毎月の積み立てをセゾンにして、その都度、ボーナス月に志に共感できる2投信にスポットすればいいですね。負債(奨学金)の返済が終わってからボーナス月の増額を、と思っていますが、様子を見ながら6月12月で調節できるようにしたいと思います。
    投資の記事はもちろん、今回のような多角的な視点における日本国のあり方の考え方を示唆していただけるような記事、楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. ayumiさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      良さそうですか。
      セゾンをコアファンドにしてる方は多いので、手軽に国際分散投資できて安心です。
      最新ブログ記事の、投資記事紹介の虫とり小僧さんのケースも是非参考にしてみてください。
      またコメント下さいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。