広告

2015年8月20日木曜日

普通預金の利息で投資信託をスポット買いしました。



普通預金の利息が、1892円入金されてきましたので、例によって、世界経済インデックスファンドをスポット買いしました。

今回は、世界経済インデックスファンドへの投資がどれくらい国際分散投資できるのかを見てみます。

  • 先進国株式 22カ国 1317銘柄
  • 日本株式  1カ国 1883銘柄
  • 新興国株式 23カ国 883銘柄
  • 先進国債券 22カ国 732銘柄
  • 日本債券  1カ国 9977銘柄
  • 新興国債券 16カ国 199銘柄
ということで、最低で500円のスポット買いからこれだけの国際分散投資が可能になっています。

長期・分散・低コストのセオリーを充足しながら、先進国・日本・新興国がGDP比。
そして、債券と株式の資本市場・伝統資産に分散投資できるという優れたバランスファンド。

少額のスポット買いでも、本格的な国際分散投資が可能になります。

【結論】

少額のスポット買いでは、バランスファンドの効力が一層発揮される。

ほんの少額でも国際分散投資が可能となり、リバランス不要。


貯金箱に小銭を放り込むつもりで、マメに少額投資しましょう。


【参考ブログ記事】

クレジットカードのポイントを投資へ




0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。