広告

2015年8月12日水曜日

新発売のニッセイインデックスバランスとeMAXISバランスに見るインデックス投資信託の行方


新規のキャンペーンや金融商品発売の速報してくれるKenzさんと、すぱいくさんから二大ニュースが流れてきました。

<ニッセイの激安なバランスファンドの発売>

信託報酬0.34%!!こんな信託報酬のETFがありそうですけどね。
それくらい激安!!

  • 日本株式
  • 日本債券
  • 先進国株式
  • 先進国債券
という資産区分で4分の1ずつというポートフォリオです。

Kenzさんのブログ記事
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)が信託報酬0.34%で新登場
からの抜粋です。
加重平均してみます。
(0.29%÷4)+(0.31%÷4)+(0.39%÷4)+(0.38%÷4)=0.3425%
ということで、バラで買うよりも、0.0025%安い。

素晴らしいです。ニッセイさん。

新興国の株式と債券が無いので、ワタシは買いませんが、新興国をバラで買うか、新興国不要という方は、これは買いの検討に入ってもいいのではないでしょうか?

<参考>ニッセイインデックスファンドシリーズのサイト

【所感】

まさか、ニッセイがバランスファンドを出してくるとは思いませんでした。

これに続いて、他社のインデックスファンドや、インデックスバランスファンドの信託報酬値下げが誘発されることを祈りたいと思います。


<eMAXISの平凡な信託報酬のバランスファンドと債券のみの謎のバランスファンドの発売>
う〜ん。前者は、日本債券と先進国債券の50%ずつ。
しかも先進国債券は為替ヘッジ付きという。

後者は、ニッセイの4資産均等と同じです。
  • 日本株式
  • 日本債券
  • 先進国株式
  • 先進国債券
これで税込み0.54%。う〜ん。
ニッセイの4資産均等と同じポートフォリオで、信託報酬0.2%も高いのはドン引きでしょう。

【所感】
三菱UFJ国際投信として繰り出してきたインデックス第一弾ですが、債券バランスの方は、全世界株式をカバーする米国ETFであるVTと併用できる債券インデックスファンドを。。という声に応えたものなのでしょうか?
だとすれば、新興国債券も入れて、先進国・日本・新興国でGDP比率にするか、債券市場での時価総額比率にするか、なんでしょうけど、どうも中途半端な感じが。。。

それとも、ポートフォリオにおける債券の割合は年齢の数と同じパーセンテージというセオリーもありますから、100歳以上のお年を召した方用のバランスファンドなのでしょうか?

4資産均等に関しては、ポートフォリオの設計が、完全にニッセイとかぶってしまったので、信託報酬の安さでニッセイの一人勝ちしかないでしょう。三菱UFJ国際投信の社員の方もニッセイを買うんじゃないですか?

【結論】

インデックスファンドの行方はどうなっちゃうんですかね?

<バランスファンド>
1.GDP比率
 ・世界経済インデックスファンド:新興国の割合が大きい
 ・SMTインデックスバランスオープン:REITの比率が大きめ

2.時価比率
 ・セゾンバンガードグローバルバランスファンド:米国の比率が大きめ

3.均等
 ・eMAXISバランス(8資産均等):先進国もREITも同じ比率

<インデックスファンドをバラで買う>
4.ミーンバリアンス
 インデックスファンドをバラで買って自分で組み合わせる方法
 ・ファンドの海 投資ブロガーであるイーノ・ジュンイチさんブログのツール
 ・My Index資産配分ツール

ということで、
もうバランスファンドを今以上に、増やす必要はない。
今あるバランスファンドで気に入らない場合は、インデックスファンドをバラで組み合わせると。

とにかくニッセイにできて他社にできないわけはない。
今のインデックスファンドと、バランスファンドの信託報酬を下げるべし!下げるべし!下げるべし!
と。

我々、インデックス投資家が求めているのはこの2点じゃないでしょうか?

そして、薄利多売として、
  • 各インデックスファンドは単体で1000億円
  • 各インデックスバランスファンドは単体で5000億円
をひたすら目指すこととし、商品を増やすこと無く、とにかく薄利多売!多売!多売!で。


2 件のコメント:

  1. ニッセイがいい意味で勝負を仕掛けてくれているので、他社もこれ以上の新商品よりもコスト面で勝負してほしいですね
    特に、バランスファンドではセゾン・バンガード、個別ではSMTやeMAXISはニッセイに遅れを取っているので期待.

    返信削除
    返信
    1. くは72さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      ニッセイがんばってますね。
      まさかバランスファンド出してくるとは思いませんでした。
      おっしゃるとおり、新商品はもういらないからコスト面での勝負をして欲しいです。そのためには、薄利多売が成り立つように、インデックス投資の市場がもっと大きくなる必要がありそうですね。
      SMTとかeMAXISは自社のマザーファンド方式なので、値下げ余地が期待できますが、セゾンはセゾン自体の取り分は0.3%か0.4%であとはバンガードの取り分なので、限界ありそうな気がします。日本郵政に約束してる配当もあるし苦しいですね。
      コメントありがとうございました。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくお願いします。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。