広告

2015年7月20日月曜日

バンガード投信参入へ期待したいインデックス投資信託の価格適正化


今朝未明、大きなニュースが駆け巡りました。

米投信運用会社バンガード、ノーロード投信の日本販売強化 

(日経電子版 有料会員限定記事)

バンガード:上場投信(ETF)やインデックス投信で米国最大のシェアを持つほか、確定拠出年金でも米最大の運用会社。手数料を取らずに販売するノーロード投信の販売で業界のトップ。低コストを売り物に急成長している。2014年の資金流入額は2140億ドルと業界全体でも過去最大だった。運用資産総額は5月末で3.3兆ドル。

ということで、世界最大の運用会社が激安のインデックス投資信託を直販してくれるかも知れない。
それは、黒船襲来と同じで、国内インデックス投資信託のさらなる信託報酬など運用コスト削減努力を強いる圧力になってくれる可能性が期待できるということです。

信託報酬など運用コスト削減されると当然、運用リターンが改善されることになり、私達投資家にとって、朗報となりえます。

資産運用初心者の理解としては、下記の各社から出ているインデックスファンドシリーズの信託報酬ならびに運用コストが下がる圧力なるという朗報。下がらなければバンガードに乗り換えるまで。。という選択ができることです。

今まで、古びた商店街に、外資系のショッピングモールができて品揃えも値段も格安で。。。というくらいのインパクトかもしれません。
(出典:投資ブロガーKenzさんブログより 各社インデックス投資信託の信託報酬比較)
http://longinv.blog103.fc2.com/blog-entry-1775.html
※ワタシがメインで利用する世界経済インデックスファンドは、この表ではSMTインデックスファンドとマザーファンドが同一ですが、SMTシリーズにはラインナップされていないため表からは外れています。

これらの信託報酬が今の3分の1くらいに下がって欲しい。。
というかこれらの3分の1の信託報酬の投資信託をバンガードに出して欲しい。
上記国内組が追随できなければ、バンガードに乗り換えるまでのこと。

まだ詳細報道がなされていないため、詳しいことは言えませんが、期待に胸膨らむビッグニュースです。

【結論】
煽れ!インデックス投資界のビッグバン!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。