広告

2015年7月20日月曜日

下落でビビってはいけません


ギリシャ債務問題や中国の影響で下落してビビってしまった資産運用初心者の方も多いのではないでしょうか?

資産運用初心者に限らず、プロやベテランの方々までビビったので下落となったわけですが、それでもビビる必要はないという話です。

ワタシは、もっとリーマン・ショックくらいドカンと下がらないとまとまった金額で買い向かうつもりがないので、先日の下落でも自動積立を平常通り続けたまま放置でした。

ワタシが積み立てているSMTアジア新興国株式インデックス・オープンで先日の下落を見てみます。
<6ヶ月単位で見た場合>
すごいですね。
つい最近、投資を始めたという人はいきなり評価損を抱えたりして凹んだりしましたかね。
でも投資は半年で終わるものではありません。もっと20年30年、若い方は40年と続くような長期投資ですよね?

<当ファンド設定の2011年11月28日から今日までの通しで見た場合>
どうでしょう?
折れ線グラフ右上のちょいと下がってる部分が今回の「下落」です。
同じファンドなのに6ヶ月に対して3年8ヶ月で見比べただけで全然風景が違いますね。
20年30年、若い方は40年と続くような長期投資なのに、たった3年半で見ただけでもこの程度です。

新聞やニュースで下落下落と、何年ぶりとか何ヶ月ぶりの下落と煽られるし、投資を始めたばかりだと、冒頭の6ヶ月グラフの視点ですので含み損を抱えたりして慌てますし、不安になりますけど、とにかく続けること。

ちょっと長く続けていけば、リスク耐性と言われる度胸というか胆力がついてきます。

暴落で売りたくなったり、暴騰で買いたくなったり、相場に合わせて心理が左右するようだと度胸というか胆力はなかなかつきません。

もしくは、投資金額が自分にとって多すぎの可能性もありますから、投資額を見直す慎重さも必要です。

【結論】
積立続けたまま、相場に気持ちを左右されない。

永遠の資産運用初心者として淡々と構えて、とにかく続けましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。