広告

2015年5月3日日曜日

日本マクドナルドに思うこと

ワタシはインデックス投資信託で広く分散投資する投資家ですので、個別企業のことはあまりコメントしないのですが、日本マクドナルドの話。

日本マクドナルドの度重なる不祥事や、業績低迷は、みなさんご存知だと思います。
ネットで検索すると、こういう記事とかヒットします。
日本マクドナルド:380億円赤字 131店閉鎖 - 毎日新聞 

昔は子供を連れてマクドナルドにみんな集まっていたという方々に聞くと、「昔の店舗の活気が無くなった」とか「店が汚い」とか「目新しさがない」とかいろんな見方がありますね。

日本マクドナルドのこのカサノバ社長とかって、お忍びで、自分でマクドナルドに行って、買って、コーヒーとかハンバーガーを飲み食いしながら、店舗の様子を自分の五感で感じるような、現場を知る努力をしているんでしょうか?

何はともあれリストラに走る経営者をワタシは、敏腕だとは思いません。

削るだけって、本当に無策だと思うんです。

経営実態は財務諸表や店舗別や商品別のレポートで把握はできますが、でもその数字が意味するものは、現場に答えがあると思うのです。

ワタシの前職も外資系の会社でしたが、数字だけ見る典型例でした。CEO(最高経営責任者)もそれをサポートする経営企画のようなチームも、現場を知らない。自分たちが見ているレポートがいかに手作業で手間かけて作られたものかも知らないから、毎日報告を求めてくる。それに忙殺されて本業が疎かになる。

話を聞いたら、会社の社内システムからいろんな切り口で自在にレポートが作られるものだと思ってたらしいんですが、社内システムがそんな状態なのを誰も上申しない。膨大な報告書集計の手作業を現場に押し付ける。

日本マクドナルドも同じような気がするんです。ポテトに入れ歯が混入するくらい現場は忙殺を極めてるのかも知れないし、過剰労働で注意力さえ緩慢なのかも知れない。
店内なんか回るヒマもなく、厨房で手一杯で店内が汚れる悪循環。。
とか。

お忍びで客を装って店を訪れてみるとか、一日一緒に店舗で働いてみるとか、そういうニュースがあったならば、日本マクドナルドは変われるかも知れないな、と思いますけれどね。
レポートだけ見て、ヒステリックに、なんとかしろ!と怒鳴ってるだけなんじゃないの?と思わせるものがあります。

すき家のワンオペ(深夜の一人勤務)なんて、経営陣が誰か試しにやってみればいかに負担なのかわかりましょうし、シャープやソニーのスマートフォン事業の不振とかも、お忍びで店頭に行って自分で買ってみろよ、というのがあります。

定量的だったり定性的な報告を鵜呑みにするだけで現場を見もしない経営者は無能です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。