広告

2015年5月15日金曜日

確定拠出年金のポートフォリオはこんなカンジでいいんじゃね?

確定拠出年金の話題がホットになってきました。

税金面でのメリットを理解して確定拠出年金にしよう!と決断まではできても、金融商品をどう選ぶか、投資・資産運用の経験がないとまごついてしまうケースが多いようです。

幸い、確定拠出年金は60歳まで引き出せない間、売買に関しては全く課税されませんので、暫定的に始めて、後で自分の好みのポートフォリオにするので宜しいかと思います。

とにかく投資信託。しかもインデックスファンドだけに絞りましょう。
60歳まで時間があるので、リスクを目一杯とって、債券は除外して、株式オンリー。
信託報酬は、確定拠出年金ですから、0.2%台のものを選びたいですね。

下記のリターン、リスク、シャープレシオは、過去20年間のデータから算出された値であって、これから将来のパフォーマンスを予測したものではありません。
出典:myINDEX http://myindex.jp/

【パターン1】世界株式の時価総額比率を真似た比率にする。
日本株式:10%
先進国株式:80%
新興国株式:10%
【パターン2】世界のGDP比率を真似た比率にする。
日本株式:10%
先進国株式:70%
新興国株式:20%
【パターン3】新興国インデックスファンドが選べない場合。
日本株式:10%
先進国株式:90%
【パターン4】60歳までの長期間で思いっきりリスクを取ってリターンを狙う。
先進国株式:100%
【結論】
確定拠出年金は、利用できる立場なら利用しましょう。
上記のいずれかを選べば、上々です。

<関連ブログ記事>
確定拠出年金を利用しよう!






6 件のコメント:

  1. いっさん、こんばんは.
    確定拠出年金、私はパターン1に近いポートフォリオです.
    VTの比率を参考にして、日本株式:8%、先進国株式:85%、新興国株式:7%にしています.
    アセット・ロケーションなんて言葉が他所ではしばしば出てきます.私はDCとその他の投資の分はDCの性格から考えて区別していますが、いっさんの考えを教えていただきたいです.

    返信削除
    返信
    1. くは72さん、おはようございます。
      いつもコメント、ありがとうございます。
      VTの比率を参考にというのは王道ですね。
      おっしゃる通り、確定拠出年金は、買付け比率をパーセント指定できるので、そういう1%単位の買付け指定は正しい活用方法だと思います。
      アセット・アロケーションに関しては、厳密な人がいますね。通常の投資とNISAと確定拠出年金とをトータルでリバランスしている強者もおられますが、まぁ管理できるのならそれでよし。
      ワタシの場合はパターン4で、信託報酬が一番安いコースでハイリターンを狙っているので、確定拠出年金だけを切り離して考えてるカンジです。
      投資全体を考えるのであればパターン1ですが、バランスファンドにおまかせ派なのでリバランス嫌いなこともあり(笑)
      ワタシの場合は、60歳まであと12年なんでそう遠くなかったりするんですけどね(汗)
      確定拠出年金は、売買しても無税なので、利益確定などしながら柔軟に運用していけばいいのかなという気がしています。
      こんなカンジですがお答えになってますでしょうか?
      いつもコメントありがとうございます。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをご愛顧くださいませ。

      削除
  2. いっさん、こんばんは。
    先日セゾン投信がんばれの旨投稿した「匿名」です(投稿の仕方が今一つよくわからず匿名のまま送ってしまいすみません)。
    投信を勉強し始め、主人の確定拠出年金(受け取りまであと10年きってます)もバランス型がいいんだ!と思い、「DC世界経済インデックスファンド」があったので、これは「世界経済インデックスファンド」と同じものだろうから100%これにするか、または20%位をこれにして、あとは自分で国内株式・国内債券・外国株式・外国債券・新興国株式・新興国債券で組み合わせるとかがいいのかなと思っていたところに今日このページを読みました。
    頭の中が???だらけになっています。確定拠出年金はいっさんが薦めている世界経済インデックスファンドのようなバランスのいいインデックス投信ではダメなのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      確定拠出年金の場合は、ワタシの場合、信託報酬が一番安くて分散が効いているものという2つの要素が最も優れた組み合わせということで先進国株式(日本を除く)ファンドを選びました。
      世界経済インデックスファンドが選べるのなら、信託報酬次第で、ワタシもそれを選ぶかも知れません。ワタシの利用する野村證券の個人型確定拠出年金では選択できませんでした。
      先進国株式(日本を除く)ファンドと世界経済インデックスファンドの信託報酬の低い方を選びますね。
      でも世界経済インデックスファンドでいいと思います。いいなぁ。選べて。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
    2. こんばんは、いっさん。ご回答ありがとうございました。
      投信を勉強し始めて少しわかるようになったかと思うとまたよくわからなくなったりの繰り返しです。
      質問があるのですが・・・。

      モーニングスターのレーティングを見ると、
      世界経済 ★ で、いっさんお勧めなのになぜ?と混乱。
      野村外株インデックス ★★★★(確定拠出の中にあり)
      なのでこれもいれた方がいいのかなと思案中。
      信託報酬は世界0.54、野村0.237なので、「0.2%台を選びたいですね」とのことなので、世界経済の信託報酬は確定拠出としては高い方ということなのでしょうか?でも「いいなぁ。選べて」といっさからコメントもらってるし???と混乱中です。

      また確定拠出年金ではないけれど、積立思案中の投信の★は
      ひふみ投信 ★★★★
      セゾンVG ★★★
      セゾン資産形成 ★★★★★
      で、そうなると世界経済インデックスファンドの★1つが
      余計気になってきます。なぜ★1つなのでしょう?
      すみません、混乱している私にご指南お願いします。
      もちろん自己責任で選びます^^!



      投信 ★★★★
      セゾンVG ★★★
      セゾン達人

      削除
    3. megumeguさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      熱心に読んでいただいて嬉しいです。
      投信の勉強もよくなさってる様子が伺えてそれも嬉しいです。
      モーニングスターのレーティングは、定期的に変動します。国際分散投資の世界経済インデックスファンドでも★になるんですね。評価する期間の世界経済インデックスファンドの評価額が低調だったのでしょうね。比較対象としてはセゾンVGになるかと思いますが、恐らくセゾンに比べて世界経済インデックスファンドは新興国の比率が大きいので低調な時は低調になるのだと思います。
      モーニングスターをはじめ、五段階評価とかで評価できないことは覚えておいてください。あくまでこういう時期もあるということだと思います。
      逆に、アクティブファンドは最高評価をもらってて欲しいですけどね。
      インデックスファンドで国際分散が効いていれば宜しいかと思います。
      確定拠出年金で信託報酬が倍も違うのであれば、ワタシなら全額野村外株インデックスですね。上記ブログ記事のシミュレーションで、MSCI-KOKUSAI連動の方がリスクはありますがリターンも大きく狙えます。確定拠出年金は、限られた額ですし、せっかく激安な信託報酬で買える利点は利用したいと考えます。
      世界経済インデックスファンドは通常の口座の積立で利用すればいいと思います。
      そんなカンジです。ますます混乱しますか?(笑)
      じっくり吟味する時間も投資の醍醐味なので、年末年始にゆっくり悩んでください。結局、自分の納得が最優先です!
      また是非コメントくださいね。楽しみにしています。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。