広告

2015年4月5日日曜日

ラップ口座急増の記事に思うこと

日経電子版に載ってた記事。
ラップ口座急増 駆け込む前に中身とコスト確認
 :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1NHIoiy

ここ2年で5倍に膨らんだらしいです。
出典:当該記事より

金融機関も必死のようで、下記のように富裕層向けから、庶民向けまでハードルを下ろしてきている。
出典:当該記事より

でもね。記事によると、「ラップによる一任契約の手数料は、1.3〜1.6%が一般的で勧められる投資信託の信託報酬と合わせると、年間3%近いコストがかかると言われている」ということです。

これでは、弊ブログで再三言ってきた「IMFによると、世界全体のGDPの年間成長率は、3%台から4%弱です。」ということで、長期投資で得られる期待リターンもそんなレベルと考えるのが自然。

つまり、ラップで「年間3%近いコストがかかる」ということは、運用で得られるリターンはコストで殆ど全て食われてしまうということになります。

「とはいえ、ラップはプロが投信を選んでくれるんだろう?」という方もおられるかと思いますが、下記の通り、プロが選ぶとはいえ、肝心の投資信託は、そんな都合よくハイリターンを叩きだしてくれるようなものが存在するはずもなく、結局、地味なインデックス投資信託を中心に自分でネット証券会社で買ってしまった方がコストを取られない分、有利だということになります。
出典:当該記事より
ということで、テレビコマーシャルにあるように、「まずは専門家に相談」とか「専門家のアドバイスで安心」などということはまやかしです。

<参考過去ブログ記事>
入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版
ラップ口座CM集

【結論】
ラップは「ラップ」と名乗ってるとは限らず、例えば「投資コンシェルジュ」とか言ってるものとかある。食い物にされないように注意。

2 件のコメント:

  1. 04/04の草食投資隊の質疑応答でも同じテーマの話が出ていました
    大手の銀行や証券会社の新たな手数料稼ぎの商品で勧められても手を出してはいけないとバッサリと切られておりました
    いっさんが仰る通り、「利益まるごと(時にはそれ以上)を持って行かれるので、それならセゾン・バンガードグローバルバランスファンドか、他のネット証券でバランスファンドを1本買う方がいい」と中野社長も言ってました笑

    返信削除
    返信
    1. くは72さん、いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      草食投資隊、いらしたのですね。お疲れ様でした。
      弊ブログでも、「入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版」http://mr2-tigers.blogspot.jp/2015/01/2015.htmlで述べた通り、低コストのバランスファンド主軸にプラスアルファという商品選定を推奨しておるところです。
      また、どうしても専門家の意見を聞いてからとか、精密に順を追ってポートフォリオを作り上げたいという方におかれましては、カン・チュンドさんのような中立なファイナンシャルプランナーの方のカウンセリングを受ければいいと思います。そうすればカウンセリング料で済みます。
      ラップ口座は最初に商品選定するところから始まって毎月手数料を撮り続けるところに問題があり、それが回転売買の温床になっています。
      我々のブログをご覧いただいたり、草食投資隊のようなセミナーで警鐘が届いている方々はいいのですが、テレビコマーシャル程度しか情報源のない方々が心配です。
      コメントありがとうございました。
      引き続き弊ブログをご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。