広告

2015年4月22日水曜日

セゾン投信は郵便局で売ればいい

日本郵便がセゾン投信に出資しました。
業務提携が始まっています。
https://www.post.japanpost.jp/cgi-seminar/

提携内容は以下の通り。
(出典:日本郵便サイト)
これだけ?何だかもったいないですね。

簡易郵便局合わせて全国で24000局。

ひふみ投信は、ひふみプラスで営業チャネルを増やしたことで確実に規模拡大につなげていきました。

セゾンも、申し込みと買付けを全郵便局でできるようになれば、かなりのインパクトになると思うんですが。

ワタシは直販でありつづけることにこだわることはないと思います。それよりも、ノーロード(販売手数料無料)で信託報酬も据え置きであるのならば、郵便局でもセゾンの口座を開くことができるようになり、売買ができるようになることは、資産形成の健全化に大きく貢献してくれるものだと思います。

<過去の参考ブログ記事>
セゾン投信と日本郵政の業務・資本提携に直販投信の課題を見た

【結論】
セゾン投信のみなさん、是非検討ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。