広告

2015年4月2日木曜日

株主優待について

投資家の会合で、時折、株主優待の話が出ます。
  • 株は何がいいかよく分からないから、株主優待の内容で選んでる。
  • 株主優待が目的でその株を持っている。
と言ってはばからない人がおられて驚かされます。
実際、株主優待の内容について情報交換しに投資家の会合を渡り歩いている人もいます。

株主優待には大きく分けて2種類あって、
  • その会社のサービスなり商品なりを優待価格で提供してくれるもの。
  • その会社とは関係ないサービスなり商品なりを優待価格で提供シてくれるもの。
があります。

その株主優待欲しさに何十倍、何百倍の投資が必要なのでしょうか?
優待権利を手にしたところで、その株、その会社の行く先、どうなるのでしょうか?

あまり豪華の株主優待を用意している会社は、投資家から見て得だ!と考えるより、そんな杜撰なお金の使い方をして経営陣の倫理観や経営手腕って大丈夫なのかと素直に疑えるようになりたいものです。

金額の大小からいって、株式より優待の方が勝ることはありえません。よって優待の充実度で株式を選ぶというのがいかに無謀か。優待に目が奪われて、その株に投資してしまっていいのでしょうか?投資額がリスクに晒されるということですね。

金券ショップを覗く習慣をつけてください。
金券ショップで株主優待の商品券や乗車券など、格安で手に入ることが多いです。
それに金券ショップでの入手であれば、株主優待のために株を買って保有するというリスクを冒さずに済みます。

【結論】
  • 株主優待は、金券ショップを活用して利用しよう。
  • 株主優待のために株を買うのはリスクを負い過ぎ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。