広告

2015年4月15日水曜日

若いうちの借金は苦労をしてでもするな!

日経電子版の昨日の記事に、前回の資産形成の一歩を始めよう的な記事に続く第二弾の記事がUPされていました。
新社会人のひとりぐらし 20代の借金だけはNG :日本経済新聞

巷間、「若いうちの苦労は借金をしてでもしろ!」という格言がありますよね。
今回の記事は、タイトルにしましたが
「若いうちの借金は苦労をしてでもするな!」
ということです。
とにかくお金がなくてもその中で、やり繰りしてみる。
カードローンなどは論外で、高金利で返すのが大変。
まるで借金を返すために働いているような自転車操業に陥ってしまいます。
<参考ブログ記事>
金利の目安

一方、無金利かも知れませんが、親や親戚筋からの借金も感心しません。

借金が必要なのは、稼ぐ力よりも、支出が上回ってしまっています。
どんなに必要な出費(仕事用のバッグやスーツの買い足しなど)であれ出費は出費。
支出することを覚えてしまうと、その感覚を締め直すのは大変。

一旦、お金を使う規律が緩んでしまうと引き締め直すのはほぼ不可能です。
<参考ブログ記事>
貯まらん人は堪らん

緩んだものを締め直すのがそんなに大変なのなら、はじめから緩まずにいたいものです。

【結論】
金遣いの悪さは、一旦染み付くと治らない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。