広告

2015年3月28日土曜日

分配金を出して再投資が複利なのか?

弊ブログの熱心な読者の津路まりあさんから良い質問コメントをいただきましたので、回答差し上げましたが、ブログ記事にしたいと思います。

===ご質問抜粋(ここから)===
分配金再投資の投資信託(ひふみ等)の分配金が0円の表記が多いのですが
これは分配金がまだ出てなく
再投資もされていたいということなのでしょうか?
その場合福利の効用もないということなのでしょうか?^^;

===ここまで===

これ、とてもいい質問です。

分配金の分の資金については、きっちり管理して、毎期の運用報告書に明記するように義務付けられています。
世界経済インデックスファンドの直近の運用報告書で見てみましょう。
「運用報告書(全体版)」7ページより
http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_39/
このように、世界経済インデックスファンドは、2015年1月20日に、1万口当たり20円の分配金を出しました。
基準価額は、上記表の通り、0.097%下落し、また分配金は20%の課税分を差し引かれて、再投資されて各自の資産の口数に加わりました。

ということで、分配金は、
  1. 分配金金額の分、基準価額が下がる。
  2. 分配金に20%も課税されてしまう。
  3. 課税後の分配金が再投資されて口数に加算される
ということになり、3.の部分だけを捉えて「複利」と理解し、「分配金の出ない投信は複利効果が無い」という基準で分配金が毎月たくさん出る投信に殺到する投資家が多いのですが、分配金の悪影響は、下記の<関連過去ブログ記事>をご参照ください。

上記の世界経済インデックスファンドでいえば、分配金を出さなければ、10549円が通常の運用と同じく運用されていたところが、20円分配されたことにより、翌期への繰越は10529円に減ってしまっています。これ1万口当たりでですからね。大きいです。

この表のように分配金の分はきちんと管理されていますが、お金は通常の運用がなされています。

ということは、20円吐き出さずにそのまま運用に回してもらっていた方が複利の効果がMAXに効いてたはず。

ということですね。分配金出す出さないは、運用会社に任されており、この世界経済インデックスファンドのように真正直に分配金を出して課税される投信もあれば、これらの説明のように運用効率が悪くなり資産形成上不利だとして一切分配金を出さないでいてくれる良心的な投信もありますし、分配金さえ出せばそれに飛びつく投資家が多く売れ筋になるという売れればいい的な悪質な投信もあります。

津路まりあさん。
良い質問ありがとうございます。
またこのような聞くに聞けないけど重要なことがあると思うんで、遠慮無くコメント欄を活用してください。
今後とも弊ブログをよろしくお願いします。

【結論】
分配金は出ないまま運用してくれた方が複利の効果がMAXに活かされる。

<関連過去ブログ記事>
分配金の基準価額への影響

続・分配金の基準価額への影響

売れ筋の毎月分配型の投資信託の悲哀

雑感 投資信託の販売手数料と分配金について

2 件のコメント:

  1. いっさん

    私の質問がブログ記事になりとても光栄です!!!!
    また色々とご教授おねがいします^^*

    返信削除
    返信
    1. 津路まりあさん
      コメントありがとうございます。
      ブログ記事にさせていただきました。
      日々ネタに困ってますので大変助かります。
      今後とも弊ブログをよろしくお願い致します。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。