広告

2015年3月26日木曜日

バランスファンドを最安運用コストのインデックスファンドで組成した

Kenzさんのブログで各社インデックスファンドシリーズの信託報酬と実質コストの一覧表が更新されましたので、情報を拝借し、
「世界経済インデックスファンドのポートフォリオを最安運用コストのインデックスファンドで組成したらどうなるか?」
という意地悪な試算をしてみました。

世界経済インデックスファンド 信託報酬:0.5%(税抜き)
  • 国内株式5% ⇒ SMT TOPIXインデックス 実質コスト:0.37%
  • 先進国株式27.5% ⇒ ニッセイ先進国株式インデックス 実質コスト:0.49%
  • 新興国株式17.5% ⇒ 野村Funds-i新興国株式インデックス 実質コスト:0.81%
  • 国内債券5% ⇒ SMT 国内債券インデックス 実質コスト:0.37%
  • 先進国債券27.5% ⇒ ニッセイ先進国債券インデックス 実質コスト:0.47%
  • 新興国債券17.5% ⇒ eMAXIS新興国債券インデックス 実質コスト:0.69%
最安インデックス群の実質コスト加重平均:0.5635%
世界経済インデックスファンドの実質コスト:0.65%=0.5%÷103×134 運用報告書より
0.087%の差で、最安運用コストのインデックス軍団に軍配が上がりました。

ただし、実質コストは、最安インデックスはあくまでバラの寄せ集めの加重平均であり、世界経済インデックスファンドの実質コストはリバランスコスト込みです。

この差を安いと見て、バラ売りでポートフォリオを組成して自分でリバランスするか、リバランスもおまかせで世界経済インデックスファンドを利用するか。

運用コストは毎年変化しますし、また、リバランスも頻度やその年の資産区分毎の値動きによっては、自分でリバランスの場合の方が割高になる可能性もあります。

ワタシは世界経済インデックスファンドのようなバランスファンドに全面的におまかせ派
ですが、あなたはいかがですか?

【結論】

  • バラで最安を組み合わせても、意外にバランスファンドも安い。
  • 信託報酬が安くても、新発売であれば一年経ってから、年度の運用報告書で実質コストを計算してみてから判断しましょう。

つづき

世界経済インデックスファンド vs SMTインデックスファンド

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。