広告

2015年3月21日土曜日

相場が上がってる時は強気になりますが。

日米欧で、最高値とかアゲアゲ相場になっていますね。

相場が上昇すると、「ワタシはリスクを取らなさすぎてるのではないか」「もうちょっと投資に回してみようか」と、強気になりがちです。

投資額は同じでも、ポートフォリオをいじって、特に今上がってる資産区分にシフトしたくなる誘惑にかられたり(笑)

気分通りに行動してしまい投資額をUP(もしくは攻撃的なポートフォリオに組み替えて)してしまった矢先に暴落、、、ということにならないように。

相場の変動を覚悟の上でコツコツ積立している金額を超えて投資額を増額してしまって必要以上に痛い目にあうということがよくあるもの。

プロも素人も、みんなが強気になってるから、相場も上がり続けているのですが、上げている時ほど慎重に。

逆に相場がガーンッと下がった時は、みんな弱気になって積立も中止したくなってしまいますが、そんな安い時こそ買い場です。
というかそうなってみるとわかるんですが、到底買う気になれないものですから。

2 件のコメント:

  1. 最近はSEKが下落気味で実質実効為替レートが安い状態になっています。
    これで株価下落が来たら高配当ゲット作戦始動ですね。
    スウェーデン株に限らないですが、ドル高で米国グローバル企業の配当利回りが高い状態にもなっています。

    なにを買うのかは迷いますが、一応、株価が下落した時の為の準備ぐらいはしておいた方が良さそうです。

    返信削除
    返信
    1. タカちゃん、いつもお世話になっております。
      なるほど。
      釣り糸を垂れて食いつくのをじっとまつ太公望のようですね。
      とにかく、弊ブログの読者の皆さんには、大暴落が来ても悲観して退場しないように今から警鐘を鳴らし続けようと思っています。
      とにかく上がっても下がっても、何があっても淡々とコツコツ積立を続けられますようにということですね。
      まぁ来る時は来ますからね。
      また是非コメントくださいね。
      今後ともよろしくお願いします。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。