広告

2015年3月1日日曜日

読後感想:老後貧乏は避けられる

<書籍>
老後貧乏は避けられる 単行本(ソフトカバー) – 2015/2/27
シニア・ライフ コンサルタント
大江英樹(著)
文化出版局
当書籍に関する大江英樹さんの日経電子版への寄稿
http://www.nikkei.com/money/features/31.aspx?g=DGXMZO8403525006032015000000

<著者について>
1952年大阪府生まれ
個人資産運用業務、企業年金制度のコンサルティング、運営管理業務を手がける。
株式会社オフィス・リベルタス設立
経済コラムニストとして、資産運用、シシアライフプラン、行動経済学に関する執筆や講演を実施。
日経新聞などにもよく寄稿されており、わかりやすさはとても評判があります。

<感想>
〜2つの問題提起〜
① 病気、孤独、貧困が老後の三大不安
 いや〜。どれもいやだ。孤独はまぁ耐えられるかな。でも寂しがり屋だから。
 平均寿命は男性80歳、女性86歳とはよく報道されるところです。先日読んだ野尻哲史さんの(↓下記に紹介:定年に備えるお金の教科書)とかでは90歳まで生きるかも知れないと備えようと脅かされたばかり。今回の大江さんの警鐘は健康でいられる寿命。男性70歳。女性73歳だと。健康の脅威に晒される期間が長いぞーという警鐘です。野尻さんの長生きするぞ〜という警鐘と大江さんの健康損なうぞ〜という警鐘のダブルパンチ。あ〜長生きしたくない。55歳から60歳くらいまで生きれればいいですから。ワタシは。

② 一体いくらあればいいんだ?というのがわからないね
過去のブログ記事「老後までにいくら貯めるか。老後にどう使うか。」http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/09/blog-post_38.htmlで検証しましたが、各人まちまちなだけに、一体いくらあればいいんだ?と明確にズバッと見えないところが不安を呼ぶところではないかと。見えないものは幽霊でも怖い怖い。
  1. 公的年金
  2. 退職金・企業年金
  3. 自分の蓄え
を見える化しようというもの。
ねんきん定期便を確認しましょう。
過去のブログ記事「公的年金はいくらもらえるのか?自力でいくら用意すべきか?」http://mr2-tigers.blogspot.jp/2015/02/blog-post_78.htmlにて触れました。
ねんきんは、三階建ての構造について過去のブログ記事でカンタンに述べてみました。
「カンタンな年金制度の話」http://mr2-tigers.blogspot.jp/2013/06/blog-post_7591.html
企業年金も、ある人とない人がいるので、会社の総務とかに確認しておきましょう。
例)
・退職金類(一度にまとめて受け取る)
・年金類(何年かにわけて受け取る)
※ワタシの場合は、年金類の中の確定拠出年金です。

〜本論〜
・入金出金を可視化しよう!入金は上記の1.2.3.
出金は、日常生活費、自己実現日、一時出費と書いてあります。
たぶん、家計簿を恒常的に記録しておれば、見積もりは可能かと思います。つけましょうね。家計簿。

<入金の話>
・ねんきん定期便は必ず見よう!

・公的年金、60歳からもらうか、65歳からもらうか

・自営業の年金 個人型確定拠出年金と小規模企業共済 ※ワタシはここは必読

<出金の話>
・生活費見積もろう 現役時代の6、7割になる?! ヒマな分、ワタシは使いそうな気がする。


・年金・退職金にも税はかかります(T_T)

・国保になり介護保険とかも給料天引きでなく自分で納める分、精神的負担も大きいかもね。

・出費の考え方。必要な出費。削らない方がいい出費。保険やローンの注意。

※ワタシは相当質素に暮らしてるつもりですが、家計簿を見ながら今一度、いろいろ考え直したいと思います。

<働く>
・再雇用で働く。生きがいにも通じそう。。
・お金に働いてもらう。資産運用!

<介護・相続>
ワタシにとって、介護は、現在進行形の話です。
いろいろ心的、経済的負担が大きいですが、公的補助も含めて利用できるものは利用してという考え方で。
大江さんの推薦書があります。
社会保険労務士 井戸美枝著
「知らないと損をする、国からもらえるお金の本」角川SSC新書

相続に関しては、介護の中で母と良く話し合って、遺言書を公正証書として作成してもらいました。

【結論】
結局、自由・自立・自己責任ということで。
経済的な自立と精神的な自立。
何とか健康的で、充実した人生を送るために何が必要なのか、ワタシは48歳ですが、真剣に向き合っていこうと思います。

<過去ブログ>

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。