広告

2015年1月14日水曜日

投資信託の月報や運用報告で知りたいこと:インデックスファンド編

投資信託の月報や運用報告、読んでますか?
他のブロガーさんたちも、リスク・リターンを分析したり、実質コストを計算したり、いろいろされていますね。
どんな情報が欲しいかな?という話です。

要するに、インデックスファンドは、
  • ベンチマークに忠実に追随して基準価額が推移してくれること(運用精度)
  • ベンチマークが配当金込み指数であること
  • 信託報酬と実質コストが安ければ安いほどいい
  • 分配金を出さない
  • 信託期間が無期限であること
  • 総資産額が大きく償還の危険性が少ないこと


であれば(って結構条件ありますが)、最高です。

【ベンチマークとの乖離】
ベンチマークと基準価額の乖離(トラックングエラー)は知りたいですね。月報だったら毎日の。
ガンッと離れたら、なにがあったのか知りたいところです。

【実質コスト】
実質コストが例年に比して跳ね上がっても、その原因は知りたいところです。
これについては、ベンチマークと基準価額との乖離でも影響があることなんで。
実質コストも金額と率で出して欲しいですね。率でないと毎期を比較できないから。

【資金流出入】
大きな資金の流出入も解説が欲しいですね。これもトラッキングエラーに影響があるはず。

【あまり要らない説明】
MSCIなどのベンチマークの値があれば、「プラザ合意が云々」だの「ギリシャ危機が何だの」と別に相場が上下した要因などは不要だと思います。そのことが何か運用の言い訳になるならまだしも、運用は、ベンチマークにいかに近づけたかなので、ベンチマークの動きの要因をいくら説明されても。。。。とワタシは思います。

【結論】
運用報告、月次報告の仕方にまだ不満があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。