広告

2014年2月27日木曜日

確定申告、終えました(米国ETF・個人型確定拠出年金関連)

毎年来るこの面倒。

そう。確定申告。

【1 米国ETF】

ワタシは米国ETFを6本保有しています。
(過去のエントリ 公開 ワタシが持ってる米国ETFたち)

そうですね。

一年でおよそ10回くらい配当明細が出るでしょうか。

配当明細は、SBI証券の電子交付を利用していて、確定申告の時にまとめてダウンロードしてプリントアウトしています。

この米国ETF。信託報酬が安いのはいいんですが、配当にかかる所得税が、日本と米国で二重課税になっていて、確定申告を行うことによって、所得税を取り返すことができます。

(逆に言えば、二重課税なんて面倒な仕組みになってるがゆえに、確定申告しないと二重課税のまま泣き寝入りになってしまうということです。)

すごくわかりづらい説明と申告様式が国税庁のサイト(http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1240.htm)にあります。

ザックリと手順を説明すると。。

① 確定申告書の本体で、メインとなる給与所得とか、社会保険料などの控除を計算して控除後の所得を計算しとく。

② 米国ETFの配当明細で、日米それぞれの円建ての納税額を合計しておく。
  円建てでの配当金も合計する。

③ 確定申告書の本体の給与収入と同じ欄に、円建ての配当金収入と円建ての日本の納税額を記載する。

④ 外国税額控除の申告書で、①と②によって、「外国税額控除額」を算定する

⑤ 確定申告書の本体で、④で計算した「外国税額控除額」を①の所得額から控除して真の所得税を計算する。

⑥ 確定申告書の本体で、真の所得税と源泉徴収ですでに納税した額の比較で後者が多ければ還付。。

ということになります。

米国ETFは、これさえなければねぇ。。。。


【2 個人型確定拠出年金】

ワタシは、個人型確定拠出年金を利用しています。

毎月の掛け金が、全額、所得税免除になります。

これについては、個人型確定拠出年金で届く控除証明の総額を、確定申告書の本体の「個人年金」欄に入れるだけ。

確定申告書の計算手順に沿えば、納付する所得税計算する前に、所得額から差し引く手順になりますので。

==

ということで、質問や照会は、管轄の税務署へどうぞ。

<追伸>

ワタシは、医療控除もありましたので、領収書がすごい量になり、大型封筒では心もとなく、また簡易書留では600円超になるところでした。

しかし、レターパックライトなるものを使うと、書留と同じく追跡可能で、ほぼ半額の380円でOK。

書留のように、補償はありませんが、別に補償してもらうものでなし。確定申告の提出にグッドです。

利用すべし!

2014年2月17日月曜日

NISA口座の使い勝手比較

NISA口座の使い勝手比較。

【カブドットコム証券】の場合
 ○ 銀行口座から自動引き落とし可能
   (ワタシはメインバンクが東京三菱UFJなので問題なしという意味です)
 ○ 通常の積立ファンドと同じファンドをNISAでも積立可能
 × 1万口ずつしか積立できない

【SBI証券】の場合
 ○ 少額から積立可能
 △ 銀行口座から自動引き落としは、SBIハイブリッド預金からだけ
 × 通常の積立ファンドと同じファンドは、NISA口座では積立できない

【マネックス証券】の場合
 ○ 少額から積立可能
 × 銀行口座から自動引き落としは、不可。
   マネックス用口座に入金して、さらにNISA用口座に移管するという信じられない面倒臭さ

NISAの制度以前の問題があるようです。

やっぱし、カブドットコム証券の一万口ずつしか積立できない、のは致命的だ。

頼む!改善して!カブドットコム証券!!

追伸
しかし、せっかくの免税制度であるNISA。

くれぐれも利用しながら文句を言いましょうね。

かのイギリスのISA制度も、利用率が上がってこそ、恒久化されたということですから。

NISAで毎日積立を可能にしてくださいーカブドットコム証券

NISAは、カブドットコム証券を利用しています。

普段、利用しているワンコイン積立で、一回当たり500円から買付け可能なだけでなく、カブドットコム証券では、毎日買い付ける設定が可能です。

しかし、NISAでの積立機能は、一回当たり一万口から一万口単位の買付けになるため、1ヶ月でせいぜい4回くらいしか買付け設定できません。

一ヶ月で複数回の買付け設定ができるのはカブドットコム証券だけですが、毎日積立できるようにしてもらいたいものです。

ワタシがNISA口座で利用しているのは、三井住友トラストアセット社が運用会社である世界経済インデックスファンドです。

株式、債券が半々で、先進国・国内・新興国と、満遍なく分散投資できる優れもののバランスファンドです。
基準価額が落ちても総資産額はUP。
きっとNISA効果ではないでしょうか?
そして、この十分に分散されたバランスファンドをもってしても、毎日の値動きは、平気で2〜3%くらいの動きがあります。
ですから、カブドットコム証券の平素の強みである、毎日の自動積立ができる点を活かしてドルコスト平均法の効力を最大限発揮できるよう、NISA口座でも、ワンコイン積立&毎日積立が可能なようになることを強く要望していきたいと思います。

2014年2月14日金曜日

ワタシのNISA口座の運用状況(実際の画面キャプチャ付き)

1月アタマから、月四回に分けて毎回1万口ずつ積み立てているNISA口座。

運用状況はこんな感じです。
画面左上の「非課税投資枠」が、現時点で100万円の今年の枠があといくら残ってるかですが、こんなハンパな金額が、今年、あといくらNISAを利用できるかという残額です。

カブドットコム証券のNISAの投信買い付けの仕様で、一万口ずつっきゃ買えないんで、こんなことになってます。
大ブーイング。

毎回、買い付けるたびに、1200円前後余るので、その分は、平素利用している特定口座の同じファンドをスポット買いして処理しています。

カブドットコム証券よ。

お願いだから、NISA口座も、通常の特定口座と同じように、累投型で金額指定で買えるようにして。!

そして、ワンコイン積立で、毎日買い付けできるようにしてください。