広告

2014年11月29日土曜日

新発売!SMTインデックスバランス・オープンは買いかっ?!

(NHK杯フィギュアスケート出場のエレーネ・ゲデバニシビリ選手<グルジア>)

三井住友アセットマネジメントから、SMTインデックスバランス・オープンが発売になりました。
<公式ファンドレポート>
http://www.smtam.jp/shared/pdf/report_column/SMTSMTREIT.pdf
債券・株式50%ずつで日本・先進国・新興国の6資産のバランスファンドである世界経済インデックスファンドに対して、REITインデックス(日本、グローバル、新興国)の3本が追加で組み込まれた9資産区分のバランスファンドです。
<世界経済インデックスファンド 目論見書より>

  • 先進国株式と債券27.5%ずつ
  • 新興国株式と債券17.5%ずつ
  • 国内株式と債券5%ずつ
という各地域のGDPの規模を反映した構成。他のバランスファンドに対して新興国の株式と債券が多めという攻撃的なポートフォリオになっています。
<SMTインデックスバランス・オープン>
株株式:債券:REIT=40:40:20

  • 先進国株式と債券22%ずつ
  • 新興国株式と債券14%ずつ
  • 国内株式と債券4%ずつ
  • 先進国REITと新興国REITと国内REITが11%、7%、2%
となっています。

<結論>
REITの比率がとても大きく取ってあるのが特徴で、20%は取り過ぎな気がしますので、世界経済インデックスファンドに取って代わるようなことはないです。ワタシとしては。

ワタシとしては、世界経済インデックスファンドに、SMT J-REITインデックスとSMTグローバルREITインデックスをサテライトで、さらに今回同時発売のSMT新興国REITインデックスを加えるということにします。

ワタシの大体のポートフォリオは以下のイメージです。
  1. 世界経済インデックスファンド リスク資産の8割
  2. その他 リスク資産の2割
 <サテライト投信>
  • ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)
  • 結い2101(鎌倉投信)
  • SMTアジア新興国株式インデックス
 <オルタナティブ(代替投資)>
  • SMTJ-REITインデックス
  • SMTグローバルREITインデックス
  • SMT新興国REITインデックス ※今回の新発売
 <コモディティ(商品投資)>
  • 純金積立
  • 農産物ETF(ティッカーDBA)
なので、REITは、リスク資産全体の1割もない状態です。「オルタナティブ(代替投資)」と「コモディティ(商品投資)」は、ハイパーインフレが発生した際の当座をしのげればいい、くらいの程度でしか考えていません。
これら全体の投資方針については、いずれ投資方針書というエントリで考え方をまとめたいと思います。

<注意>
今回、新発売のSMTインデックスバランス・オープンとSMT新興国REITインデックスは、SBI証券とマネックス証券のみでの発売開始です。
ワタシがメインで利用するカブドットコム証券での取り扱いをゆっくり待ちたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。