広告

2014年11月12日水曜日

投資信託始める時は、みんなど素人だ!

Googleで、「投資信託始める」と検索して、9番目に表示されて目に止まったQ&Aです。
ベストアンサーに選ばれた回答は、とても正統派なんですが、ド素人に言われても困ってしまうのではないかと懸念します。
ということで、ワタシなりに、赤字で補足していきたいと思います。

<出典>
 教えて!goo!
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3000188.html

【質問】
近所の銀行(三井住友銀行)の休日相談会に行き、投資信託を勧められ購入を検討しております。
銀行の相談会は行ってはいけない。食い物にされるだけ。
普通預金の1000万円が狙われたんだなぁ。
銀行は、あなたの口座の残高も給料もボーナスも生活ぶりもすべて把握しています。
でも何の取っ掛かりもない人はそうする他に手が思いつかないんだよなぁ。
何を聞いたらいいかさえわからないほど、入門の入門ってゆう段階ってありますよね。
そういう人たちに力になれるブログをワタシは目指したい。

グローバルREITオープン、グローバル高配当株オープン、グローバルソブリンオープンを勧められました。
イカンなぁ。自分の資産を取り崩して戻ってくるだけの分配金が毎月出るやつで、販売手数料も信託報酬も高い。資産形成にはアカンやつ。

商品については丁寧に説明いただいたのですが…。
考えてみれば、他にもいっぱい商品があるし、一体何をどうやって勉強し、商品を選べばいいのかということすら分かりません。

上記いずれも売れ筋を勧められたと思うんですが、わからないものは買わない」という鉄則はおわかりいただいているようです。わかりませんという自覚が重要です。

商品を選ぶポイントを教えていただけると助かります。
・長期:信託期間が「無期限」のもの。期限付きはすべてNG扱いでOKです。
・分散:株式と債券、先進国・日本・新興国に広く分散したいです。
・低コスト:インデックスファンドで信託報酬0.5%前後。販売手数料は無料。

また三井住友銀行ではなく、他によい購入場所があるのでしょうか?
・インターネット証券(SBI証券、カブドットコム証券、楽天証券、マネックス証券)があなたの味方です。

約1,000万円の普通預金を所有しています。
家の購入などは当面(10年くらい)は考えておりません。
長期の運用を希望しております。
当方30代後半サラリーマン、20代後半主婦、6ヶ月の子供の3人家族です。
・えらい!家計をやりくりしてお金を貯める習慣は身についているのですね。
・資産形成は、収入・節約・資産運用の三位一体です。

ベテランの方の質問が多い中、無知でとてもはずかしいのですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
買わずに帰ってきたのはとても良いです。


【ベストアンサー】
同じく30代後半のサラリーマンです。投資を始める際に、ありとあらゆる本を読み漁り、セミナーにも参加する等、かなり勉強しました。

これは頼りになりそうだ。読んだ本と参加したセミナーにもよるが。

仕事と同じく、PDCA(PLAN-DO-CHECK-ACTION)のサイクルを回すことが大切だと思います。
わ〜。PDCA。いきなり難しいこと言うなあ。。

<私の投資の考え方>
1.余裕資金で行う
貯金1000万円全体を運用しようとしないでいいですね。
かといって、余裕資金ってわからないですから、まず、投資自体に慣れてみましょう。
<参考ブログ記事>
投資信託、どう始めるか!
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/11/blog-post_9.html
その中で、いくらくらいなら、元本保証でない運用に投じていいかの加減を試行錯誤で考えていきましょう。

2.投資する商品は自分で決める
 ・投資に関する良書をたくさん読む
たくさん読まなくていいです。そんな時間もないでしょうから。
<参考ブログ記事>
将来を心配するワタシを資産形成へと導いてくれた本たち
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2013/11/blog-post_9308.html
この中から一冊でOKです。
ただ、「個人投資家のバイブルも読んでみたい!」という方には、
・ウォール街のランダム・ウォーカー
・敗者のゲーム
の2冊ですが、この2人の著者が一冊書いてます。両方読んだカンジになれるスグレモノ。
<参考ブログ記事>
バイブル:(ウォール街のランダム・ウォーカー+敗者のゲーム)÷2の本
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2013/12/blog-post_1764.html
の1冊読めば、上記の2冊読んだのと同じ知識がつきます。

 ・目標リターン率を決め、それに合う商品を選ぶ
  EXCELでライフプランシートを作成し、 
必要な資金・時期を明確にした上で目標リターン率を算出
 ・なぜ買ったのか理由をメモしておき、年に2回程度成績をチェック
  当初の方向性とのズレを検証し、必要に応じ、
投資対象・投資金額を修正
目標リターンはね。何冊読んでもわからないと思います。
そして、リターンは過去の実績とこれから先の期待リターンとがあって、目標リターンを決めてそれに見合う実績・期待リターンの商品を選ぶことは初心者にはムリです。
年運用利回り3%〜4%くらいが目安だと覚えてください。
上記で触れた、株式と債券、先進国・日本・新興国に広く分散したインデックスファンドでだいたい、目安の年運用利回り3%〜4%くらいだと覚えてください。
目標金額と所要年数の算定は、モーニングスターの金融電卓で目安が算定できます。
<参考ブログ記事>
老後までにいくら貯めるか、老後にどう使うか
年数や金額が足りない場合は、運用利回りはあくまで3%から4%。4%を超えてはいけません。取るべき手段は、積立金額を増すか年数を延長するか。運用利回りでムリするということは、ハイリスクな商品を選ぶことになり、破綻リスクが大きくなります。
あくまで期待値で、元本保証の世界ではないですから、リーマン・ショックとかそれモンの経済危機があるとマイナスになりますよ。

3.分散投資する
 ・2~3の性格の異なるファンド(株式・債券、国内・海外)を
組み合わせる 例:国内株式30%、海外債券40%、海外株式30%

うん。その通り。
<参考ブログ記事>
入門者のポートフォリオ、こんな感じでいいかも
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/10/blog-post_25.html
インデックスの国際分散バランスファンドを8割。そして残りの2割でアクティブファンドやREITファンドを補助的に。というのでいいと思います。

4.その他
 ・手数料(販売手数料+信託報酬=運用手数料)の低いファンドを
  選択する 例:販売手数料ゼロ、信託報酬1%以下
 ・価格の変動に一喜一憂しない
 ・勝ち続けるファンドはない(過去の実績は参考にならない)

うん。その通り。
手数料は、上記3で紹介したファンドはいずれも販売手数料ゼロ。低信託報酬です。
価格の変動に一喜一憂しない胆力の鍛錬は、上記1で紹介した5000円の訓練で身につける。
勝ち続けるファンドはないです。ですからインデックスファンドで常に市場平均を維持する。平均以上にはなりませんが平均以下になることもありません。アクティブファンドは平均以下になる可能性があります。

最初から余裕資金を全額投資するのではなく、
定期積立で徐々に増やしつつ、投資に対する知識・理解を深めていくのが良いのではないでしょうか。
そう。積立の前に、上記1で紹介した5000円の訓練で、いくらくらいなら投資に回せそうか感じ取ってください。

【回答へのお礼】
ご回答ありがとうございました。

kb11111様のような勉強、綿密な計画を全くしていませんでした。
回答内容は大変分かりやすく、「何から取り組んでいいのか」という私にはとてもありがたいです。
まずは本を読みます。
投資信託を甘く見すぎていました。
PDCAですね。

どうもありがとうございました。

う〜ん。上記ベストアンサーだけじゃあ理解できませんよね。
このブログに辿り着きますように(無責任)。
でも、ファンドラップは絶対利用しないでくださいね。
<参考ブログ記事>
ファンドラップ(投資一任口座)は利用してはダメ!
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/10/blog-post_11.html

====
<結論>
こういう入門で困ってる人を一人でも多く導いてあげたい!

【過去ブログ記事】

投資信託始める時は、みんなど素人だ!


将来を心配するワタシを資産形成へと導いてくれた本たち




読後感想:老後貧乏は避けられる


読後感想:定年に備えるお金の教科書


入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版

4 件のコメント:

  1. 初めましてこんにちは。
    投資信託の事を色々と調べているうちに
    こちらのブログにたどり着きました。
    いっさんのブログで更に知識を深めていきたいと思います。
    これからも更新楽しみにしております。

    返信削除
    返信
    1. たいちかさん、こんにちは。
      コメント書き込みありがとうございます!!
      大変うれしいです。
      よくぞワタシのブログに辿り着いてくれました。
      老後の不安には資産形成。
      資産形成のためには、収入アップか維持、節約、資産運用の3つが柱です。
      資産運用の心強い味方となってくれるのが投資信託。
      でも投資信託も玉石混交。
      長期・分散・低コストの3つがポイントだと言われています。
      長期は、20年、30年、40年といった老後までの長い長い期間。
      分散は、買付けを毎月積み立てにすることによるタイミングの分散と、投資対象の分散。国や通貨や株と債券。
      低コストで運用できるのは、市場全体を丸ごと買い込んでしまうインデックスファンド。
      市場平均にしかなりませんが、市場平均はヘッジファンドも毎年勝ち続けることはできません。
      そして、世界全体の人口増加や技術革新、昨日より今日今日より明日とだんだんいい生活をしたいと絶え間なく考え努力する人間の性。そういう世界全体の継続的な成長を信じられるのであれば、世界全体に分散投資できるインデックスファンドですね。
      複数のインデックスファンドを組み合わせて自分の好みの割合に組み合わせても良し。ワタシが推奨するバランスファンドで楽ちんにやるのも良し。
      とにかく難しい知識は要らず、シンプルに、成長の理屈を信じて単に続けるだけ。
      そんなカンジがこのブログの趣旨です。
      ワタシのブログはもちろん、いろんなブログを参考にしてみてください。
      何か疑問点があれば、ワタシでよければいつでもまたこうしてコメント書き込みしてください。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
    2. たいちかさん、間違って削除しちゃいましたので、代理投稿しますね。

      >>>>
      たいちかです。
      返信ありがとうございました。
      こちらこそ、よくぞこのブログにたどり着いた!自分!
      という心境です。笑
      こんなにも自分の知りたい情報が詰め込まれているブログが他になかった為、どんどん記事を読み進める内に、気づけば半日が過ぎておりました。とても勉強になります。
      過去の記事にもどんどん質問するかと思いますので何卒よろしくお願いいたします。

      削除
    3. たいちかさん、こんにちは。
      読み込んでいただいてありがとうございます。
      いろいろ学びながらやっていきましょう。
      ワタシもつぃ最近、これだ!という投資内容、積立内容にこぎ着けることができた次第で、何事も長期でのんびり構えていきましょう!!
      こちらこそ今後ともよろしくお願いします!!

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。