広告

2014年10月8日水曜日

株式や投資信託の口座移管の方法

証券会社から別の証券会社に口座移管する方法を紹介します。

ワタシの場合は、野村證券が、インサイダー情報漏洩事件をやらかして、少しでも制裁を加えてやろうと憤激のあまり、カブドットコム証券への移管を踏み切りました。

手順は以下の通り。

1.移管先(今回の場合はカブドットコム証券)の

  • 「加入者口座コード」
  • 「機構加入者コード」
を調べておきます。
2.出庫元(今回の場合は野村證券)に移管用の書類「口座振替依頼書」を請求します。
 (移管手続きは書類で行います)

3.書類を記入し、捺印後、出庫元(今回の場合は野村證券)に返送します。

以上で移管は完了します。

ワタシは株式で5銘柄、全てを移しました。

大抵の場合、移管先の証券会社では手数料無料で受け入れてくれますが、出庫する証券会社では手数料がかかります。
<野村證券の場合>
インサイダー情報漏えい事件がなければ無かった出費なので、移管手数料を出せと詰め寄り、支店長レベルまで話が上がりましたが、規則は規則だということで、却下。

担当者に、「ならばお前が自腹切れ!」と詰め寄りましたが、電話口で鳴き出したので、折れました。

なお、今、カブドットコム証券では、
  • 株式入庫については、抽選で2000円プレゼント。
  • 投資信託入庫については、年内は出庫元でかかった手数料を全額負担くれるそうです。

<結論>
気に入らないことがあったら、そんな証券会社とは、さっさと別れましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。