広告

2014年10月17日金曜日

荒れてる相場・市況に対する態度

NYダウが下がった、とか、日経平均が釣らて下がったとか、連日大賑わいです。

まず、ここでいいたいこと。

不安になって売るな!

ということ。
下がったところで売ってしまうというのは、損失を確定させてしまうことです。
挽回の機会を失うだけなので、狂おしい気持ちになるのはわかりますが、下がったところで売ってはいけない。

ワタシが軸にしている世界経済インデックスファンドを覚えていますか?
(出典:世界経済インデックスファンドの目論見書)
伝統2資産である株式と債権が半々。そしてそれらの内訳が、先進国・日本・新興国。
という全部で6区分のインデックスのバランスファンドです。
これを見るのが世界の縮図を見ることにつながります。これのごく最近の値動きを見てみます。
(出典:カブドットコム証券の世界経済インデックスファンドの紹介)
一番右の「前日比」の欄を下から上に見ると、結構、毎日凸凹しています。
一昨日、昨日、今日が急に市況がバタバタしてるように見えますが、この世界の縮図の構成になっている世界経済インデックスファンドの値動きも、ここ最近、毎日のように凸凹していたことになります。
今さら、驚く理由がありません。
このように、相場に関する報道は、今日いきなり?!みたいに煽った報道の仕方をしていますが、このように、世界全体に分散されているファンドの動きを見ると、別に突然そうなったのではなく、ここ最近がそうなのです。
ですから、まず落ち着く。

次に、真ん中の「基準価額」の欄を下から上に見てください。
一番下の9月25日に19836円だったのが、一番上の昨日時点で18664円になっています。

つまり、毎日凸凹動きながら、全体としては右肩下がりでゆっくりと下降している、ことがわかります。

<結論>

  • 売ろうとしたところで自分から安売りしちゃうだけ。売るな。
  • 毎日乱高下するから、スポット買いするな。今日安くても、明日高くなる可能せがある。(国際分散投資の投資信託は注文を出した翌日の基準価額なので今日安くても、明日高くなる可能性がある。)
  • 全体としてはゆっくり右肩下がりで下がっているので、安く買える。積立は続けるべし。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。