広告

2014年10月13日月曜日

ファンドラップ(投資一任口座)は利用してはダメ!

(やってることのレベルはこれと同じ)
大手証券会社によるファンドラップ(投資一任口座)なるサービスが、2兆円ビジネスに膨らんできておるようです。

広告:「投資一任という発想で選ぶ野村ファンドラップ」
http://ps.nikkei.co.jp/nomurafw/index.html
広告:「投資コンシェルジュ宣言」
http://www.smbc-friend.co.jp/lp/yuyutoshi_introduce/cmgallery.html
広告:番頭さん
http://www.tr.mufg.jp/tameru/bantousan.html
広告:ダイワファンドラップ
http://www.daiwa.jp/products/fund_wrap/
広告:みずほ証券ラップ口座
http://www.mizuho-sc.com/product/wrap/index.html

これは、手数料をわざわざ払って、カモにしてください、というものです。
IMFによる世界全体でのGDPの年間成長率は、3%台で4%弱です。
資産運用で、リスクを抑えてシンプルで信託報酬の安い良質な投資信託を使って得られる運用益も、年率に換算すると3%台で4%弱というのが健全なレベルだというのがわかると思います。
そして、ファンドラップ(投資一任口座)についての手数料は、年間1%以上。そして、ファンドラップ(投資一任口座)で運用を任せた結果、運用に使われる投資信託の信託報酬も年間1%以上。これらを合わせて、最低でも2%取られてしまうところで、健全な資産運用で得られるであろう3%台で4%弱という運用益は、あっという間にほとんどを奪われてしまうことになります。

カン・チュンドさんのブログを参考に載せておきます。
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-2154.html

<結論>
ファンドラップ(投資一任口座)は利用してはダメ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。