広告

2014年10月17日金曜日

リスクとリターンの見方入門

今回は、リスクとリターンの見方の、ごくごく入門です。
ごくごく入門で充分役に立つと思います。
ワタシがメインに据えて毎日積立している世界経済インデックスファンドから見てみます。
このファンドは、伝統2資産である株式と債券に50%ずつ。そしてGDP比率で、日本を除く先進国・日本・新興国の3区分で合計6資産の国際分散投資が可能になるバランスファンドです。
(出典:モーニングスター 世界経済インデックスファンド)
「トータルリターン」5年で年率で9.23%
でも、「標準偏差」(これが「リスク」に該当)で13.79%。
1標準偏差で68%の確からしさで、9.23%に対して±13.79%幅が生じます。
2標準偏差で95%の確からしさで、9.23%に対して±27.58%(13.79を2倍しただけです)幅が生じます。
ということで、最悪ー18.35%の覚悟は必要かもしれません。
一年で二割減の可能性に甘んじて、9%くらいのリターンを得た実績があるということです。

一方でワタシが個人型確定拠出年金で利用している(今はリスクオフで全額売却し相場が下がるのを待ってる状態ですが。。)日本を除く先進国インデックスのファンドを見てみます。
(出典:モーニングスター 野村DC外国株式インデックスファンド MSCI-KOKUSAI)
「トータルリターン」5年で年率で15.85%
でも、「標準偏差」(これが「リスク」に該当)で19.24%。
1標準偏差で68%の確からしさで、15.85%に対して±19.24%幅が生じます。
2標準偏差で95%の確からしさで、15.85%に対して±38.48%幅が生じます。
ということで、最悪ー22.63%の覚悟は必要かもしれません。
2割3分のマイナスを受け入れて15%のリターンを得た実績があるということですね。

このように、ワタシの場合、過去五年間実績を年率に換算したところの最悪ー18.35%になる覚悟と引き換えにトータルリターンは9.23%を得たという実績を持つ世界経済インデックスファンドを軸に据えている。
一方で、最悪ー22.63%の覚悟と引き換えにトータルリターンは15.85%を得たという実績を持つ野村DC外国株式インデックスファンドを確定拠出年金で運用している。

60歳まで引き出すことのできない確定拠出年金は目一杯リスクを取って、大きなリターンを狙っています。最悪のマイナスの可能性はありますが、期間が長いことに賭けるという意図です。

一方で、運用の主軸に据えている世界経済インデックスファンドは、大人しめのリターンに甘んじてリスクを抑えていこうというのが意図だということになります。

ちなみに「シャープレシオ」は、「トータルリターン」÷「標準偏差」の値で、ブレの割にリターンはどうだったのか、という参考値です。
これも参考にはなるのですが、「トータルリターン」も「標準偏差」も大きかった場合、割りと落ち着いた値に見えてしまう錯覚があるため、ワタシのおすすめは、「2標準偏差」で最悪のマイナスの値を思い知った冷ややかな眼で「トータルリターン」を見るのがいいのかな、と思っています。

たとえば、以前、このブログで、「売れ筋の毎月分配型投信の悲哀」という記事にして紹介した楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型の例です。
(出典:モーニングスター 楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型)
シャープレシオは1.19で、上記2つのインデックスファンドより良好に見えます。
まるで、このリスク(標準偏差)にしてこのリターンは美味しい、、そうに見えます。
しかし、注意。「標準偏差」(つまりリスク)が24.64もあります。
「トータルリターン」3年で実績値が短いですが、年率換算で29.26%
1標準偏差で68%の確からしさで、29.26%に対して±24.64%幅が生じます。
2標準偏差で95%の確からしさで、29.26%に対して±49.28%幅が生じます。
最悪値は、−20.02%ではありますが、それでいいと思いません。
問題は、2標準偏差が±49.28%も振れるということです。
同じような最悪二割減に甘んじてとはいえ、1年で上下に資産額全額分も動くということに心臓が持つのでしょうか。

上記2つのインデックスファンドと比べてどうでしょうか?

<結論>
たまには数字の話もいいでしょ?
そして思ったよりカンタンに見れるような気がしませんか?

注意:国際分散投資の投資信託の場合は、運用の中で多通貨に投資されていて為替の影響を受けるため、振れ幅は統計解析の予測限界を超えます。
リスク(標準偏差)は過小評価してはいけません。




0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。