広告

2014年9月22日月曜日

リスクオフ!NISA資産を全売却しました。

先日のブログ記事「そろそろ天井?リスク資産を一部売却しました。にて、資産の一部利益確定の売却および換金について書きました。

今回は、その際に保留しておいたNISA口座についてです。

カブドットコム証券で、世界経済インデックスファンドを、毎月1日、8日、18日、26日の4回2万円ずつ積立を行い、10000口の買い付けでのお釣りを、通常の特定口座で世界経済インデックスファンドを買い付ける、という運用でやってまいりました。

これも、天井を迎えているのではないかと判断し、これ以上積み立てても高値で買うばかりで、買付単価を上げてしまうばかりで評価益が頭打ちになるだけではないかと思いました。

やがて下がる前に、ここで積立を停止し、全解約して利益確定することにしました。

  • 100万円枠中、648,802円利用
  • 評価益: 44,065円 評価益(投下元本に対して+6.8%)※今日約定時点で+7.1%
  • 免税額: 8,813円

NISA制度設計の基となったイギリスのケースは、ISA制度は恒久化され、年金の補完的役割を担えるべく、制度が位置づけられています。

日本はそれを真似たはずなのですが、NISAは、

  • 財務省方面にとっての時限的な免税措置で税金取りたいから恒久化に前向きでない
  • 金融庁方面にとっての市場を活況にすることで金額上限上げとけばいいか程度。貯蓄から投資にマジで移行されちゃうと国債売れなくなる。
  • 厚生労働省方面にとっては、年金大丈夫と言ってしまってるためか、NISAを恒久化して年金の補完に役立ててもらおうという発想は無いようです。ここがイギリスと大きく異なる。
よって、恒久化されないとワタシにとっては、イマイチ、メリットがないNISAなので、NISAが口座はそのまま維持したまま、制度が恒久化されるまで、もう利用するのを止めることにしました。
(参考 野村證券NISAチーム:池田香奈江さん)

相場が総じて天井に近いと思われるため、今回のNISA売却で出た評価額は全額、待機資金として預金口座にプールしておきます。

市場がガーンと下がった時に下落から防ぐとともに、激安になったところを一気に買い向かいにいける資金を手元に置いておくということです。

<結論>
さぁ、免税額の8,813円で横山美雪のDVDでも買うか。

リスクオフの売却はまだ続きます。

池田さんの動画
https://www.youtube.com/watch?v=nWmX1yXcolM&feature=youtu.be

<過去の関連記事>
そろそろ天井?!リスク資産を一部売却しました。
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/09/blog-post_12.html

6 件のコメント:

  1. 慎重ですね、僕も一部のリスク資産の売却を検討しています。
    今の所は、401k内でリスク資産を売却しようかどうかを考え中です。
    401k内ならば税金を気にしなくても良いからです。
    ただ、401k外ではどうするのかはまだ決めていませんが、新規投資は見合わせています。

    返信削除
    返信
    1. タカちゃん、コメントありがとうございます。
      そうですね。免税は、確定拠出年金とNISAなので、まずそこから手をつけるのは賛成です。
      各資産売却しても、データだけはそのまま保持していますので、相場が下がってデータ上で含み損が出てきた時が、積立再開の目安だと思っています。
      利益確定して、納税した分、低い基準価額から積立再開にすれば取り返せるかと思っています。
      今は、まだ天井は先かもしれませんが、市場が一斉に売りに走る時に売るのは得策ではないため、早めに行動することにしました。
      米国ETFと国内株式はそのまま。投信もコア資産はそのまま積立を続けますが、投信部分は、次のリスクオフ売りを経て、5分の1に圧縮する計画です。
      臥薪嘗胆も資産運用だと思って信念貫きます。
      コメントありがとうございました。
      今後とも弊ブログをご愛顧ください。

      削除
  2. 投資未経験でNISAでもどうかなと思い2014年9月にゆうちょで開設してDIAM世界リート(毎月分配型)に100万一括投入。次の年は何もせず3年目に入ろうかというところです。最近投資信託をいろいろ勉強し始めてNISAをネット証券に移して残り3年バランスファンドに投資したほうがいいかなと思い始めました。こちらのブログたいへん参考にさせてもらっています。

    返信削除
    返信
    1. 周三さん、こんばんは。
      なるほどNISAで投資を始めたのですね。
      個人的には、リートは不動産投資信託ですので、バブルも先頭で上がりますし、バブルが弾ける時も真っ先に弾ける。
      またリートはリスク資産の中で、5%程度の市場規模しかありませんので、値動きも激しく、また分散という意味では市場が小さいなという気もしています。
      せっかく非課税のNISAで運用されていますから、評価益が出て頃合いを見計らって売却というカンジでしょうかね。
      NISAは、期間限定である限り、NISAを軸にすべきではないと考えます。ネット証券に資金を移してバランスファンドでいく場合は、NISAでない特定口座に移すのが宜しいのではないかと思います。
      NISAの期間に確実に売却益が出るという保証がないからです。
      そんなところが感想ですね。
      コメント書き込みありがとうございます。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除
    2. アドバイスありがとうございます。
      ゆうちょから送られてく取引残高報告書をはじめて真剣に目を通しました。100万が22ヶ月で運用益88,307円でした(少な!)。時価評価額が891,029円ってことは今売ると100万+88,307-891,029=197,278の損ってことですよね(-_-メ)

      削除
    3. 周三さん、こんにちは。
      運用益は88,307円ということは、そのまま100万円に足した額が時価評価額なはずですが、時価評価額が891,029円なのですか。88,307円は運用損だったとしても計算が合わないですね。
      取引残高報告書の見方をよく聞いた方がよろしいかと。せっかく運用益への免税のNISAですが、売買の時に手数料取られるのかなぁ。
      そこんとこは、よく確認した方がいいと思います。
      NISA3年目とのことですが、5年目になっても、ロールオーバーでもう5年期間継ぎ足しでいけるので、慌てて売却しないようにご注意ください。
      REITは今、悪くないはずなんですけど、不思議ですねぇ。為替のせいなのかな。
      コメント書き込みありがとうございます。
      今後とも弊ブログをご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。